淺川 理沙

2018年06月20日 (水)お天気の カメラを通して 会話する♪ @淺川理沙


こんにちは。

キャスターの淺川理沙です。


けさの「おはよう福島」で、初めて「天カメリレー」を担当しました。

「天カメリレー」は、

番組半ばの気象情報の中で、東北の2つの放送局から、

今の天候を、お天気カメラ=「天カメ」の映像とともにお伝えするもので、

東北6県全域に放送されます。

 

けさは、福島駅前の様子とともにお伝えしました!

ぱらぱらと雨の舞う梅雨空の福島市です。
1.180620.jpg2.180620.jpg

このコーナー、顔は出ないので、

ダンディーな男性の美声や、女性のさわやかな声が聞こえてきたりと

「どんな方がお伝えしているのかな~」と想像しながら、毎朝楽しみにしています!

 

さらに楽しみなのは、25秒に込められた表現の豊かさ。

同じ晴れでも、同じ雨でも、表現によって、こんなに情景が豊かになるんですね。

 

ベテランの方々がすばらしい表現をしている中で、

私が、今の福島の天候を、どう伝えられるのか。

数日前からあれこれと考えていたら、けさ、ついに夢に出てきました(笑)


その「天カメ」。

福島局では、福島市、郡山市、いわき小名浜港、会津若松市などに置かれています。

先日、会津若松市に取材に行ったとき、私が、鶴ヶ城の天守閣から撮った写真。

5.180620.jpg
ここはまさに、「天カメ」で正面に映っている回廊(廻縁)です!
6.180620.jpg

福島から東北6県へ、天カメを通じて、各地と会話をしているかのような天カメリレー。

とても貴重でステキな機会だと感じました。

 

天気や空気、体感や情景に敏感になって、

より色鮮やかにお天気を伝えられるようになりたいです。

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:13:04 | 固定リンク


2018年06月13日 (水)ニュース読み 夏の海に 思い馳せ @淺川理沙


こんにちは。

キャスターの淺川理沙です。


最近「ニュース見てるよ!」と、声をかけていただくことが増えました。

テレビでは、水曜の朝と土曜の夕方の週2回しか出ていませんが、

声をかけていただくたび、県内のニュースに関心を持っている方が多いことを実感します。

うれしいのと同時に、身の引き締まる思いです。ありがとうございます。


先週の日曜日は、福島県で全国植樹祭が開かれましたね。

私は、福島の自宅でNHKの中継を観ていました。

 

11日(月)に天皇皇后両陛下が訪問された、相馬市の原釜地区。

私も先週、同じ場所を訪れました。

1.180613.jpg

2.180613.jpg

震災前は、県内屈指の海水浴場として多くの人でにぎわった「原釜尾浜海水浴場」。

ことし、8年ぶりに、7月21日から再開されます。

海の色がとても澄んでいて、青かったのが印象的でした。

3.180613.jpg
「相馬市伝承鎮魂祈念館」では、

原釜地区や周辺地域の、震災前と後の状況を、多くの写真とともに知ることができます。

いまだに持ち主の判明していないスナップ写真も並んでいて、

この地に、多くの生活が存在していたのだと実感し、とても心が痛みました。

 

この祈念館では、原釜尾浜海水浴場の昔の写真も展示されています。

カラフルなパラソルが並び、海水浴客で埋め尽くされた夏の光景が

ことし以降、戻ってくることを願っています。


テレビやラジオで、原釜尾浜海水浴場のニュースを何度か読ませていただきました。

今回、訪れたときに感じた気持ちや景色を忘れずに、

これからも、大切にニュースを伝えていきたいと思っています。

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:15:04 | 固定リンク


2018年06月06日 (水)子どもだけで 神楽を継承 150年♪ @淺川理沙


こんにちは。

キャスターの淺川理沙です。


1日(金)の「はまなかあいづToday」で、「ここに福あり~fMAP~」のコーナーを担当しました!

 取材したのは、新地町にある福田諏訪神社の「福田十二神楽」です。

1.180606.jpg2.180606.jpg

この神楽は150年の歴史があり、全国でも珍しいんですよ!

【①子どもだけで継承】

大人が関わらず「子どもだけ」で継承の全てを行っているのは、全国でも数少ないとのこと。

【②神楽師は7年で代替わり】

さらに、その後は、先生として7年間、神楽の継承に携わります。

(つまり、合計14年関わります)

【③神楽師になるには条件あり】

・新地町の福田地区に住んでいること
・小学2年生~6年生
・男子のみ

そのため、神楽師になりたくても、代替わり時の年齢しだいでは、神楽師になれないんです。

そんな「福田十二神楽」を、曽祖父の代から4世代に渡って継承している佐藤さん一家を訪ねました!
3.180606.jpg

4世代で継承しているのは、佐藤さんご一家だけです!

4.180606.jpg5.180606.jpg

そして、福田諏訪神社の18代目宮司の目黒さんにも、たくさんの話を伺いました。

6.180606.jpg

放送では、ほんの一部しかお伝えできませんでしたが、

皆さんに共通していたのは「神楽が好き」という気持ちと、「後世へ受け継ぎたい」という思いでした。

7.180606.jpg

ことし12月から、新しい神楽師に代替わりします。そのお披露目も楽しみですね。

8.180606.jpg

取材を快く引き受けてくださった皆様のお気持ちを、どこまでお伝えできたのか不安ですが、

少しでも多くの方に、新地町や福田十二神楽に興味を持ってもらえたらうれしいです。

 

私も、新地町に親近感を持ちました。

また何かの取材で行けたらいいなぁ。

 

ロケがあわただしく、佐藤さんご一家や神社の皆様と写真を撮れなかったのが残念です。

ご協力いただいた皆様、観てくださった皆様、本当にありがとうございました!

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:12:06 | 固定リンク


2018年05月30日 (水)福島と 地元を結んでくれて ありがとう♪ @淺川理沙


こんにちは。

キャスターの淺川理沙です。


週末は、エアレース世界選手権・千葉大会でしたね。

ことしこそ見に行きたかったのですが…土曜日に、ロケがあったので断念。

日曜日の決勝戦は、福島の自宅でテレビ観戦しました。
1.180530.jpg

映像提供:RED BULL AIR RACE GmbH

 

会場の海浜幕張は、私のほぼ地元なんです!

実家にいると、エアレースの「ボォ~ン」という音がはっきり聞こえます。

テレビで、見慣れた地元の景色が。
2.180530.jpg

映像提供:RED BULL AIR RACE GmbH

 

そのため、エアレースは私にとって身近だったのですが、

福島で働き始めたことしは、より親しみを持ちました。

もちろん、室屋選手のおかげです!

 

室屋選手。ことしは残念でした。

でも、室屋選手が、千葉と福島を結んでくれたと感じています!

福島で千葉の話題が出ることも、千葉で福島の話題が出ることも、とてもうれしい。


あの海浜幕張の浜辺は、20年以上前から整備されていたものの、

ふだんは、あまり人が訪れない、寂しい雰囲気でした。

それが、エアレースのおかげで、福島からも、海外からも多くの人が集まる場所となり、

とても活気ある浜辺になったと感じます。

それも、室屋選手のおかげだと感じています。
3.180530.jpg4.180530.jpg

映像提供:RED BULL AIR RACE GmbH

 

さて、土曜は何のロケだったかというと…「ここに福あり~fmap~」です!

新地町です!

少年たちだけで受け継いでいる「福田十二神楽」を紹介します。

あす・6月1日(金)放送です!

 

天気に恵まれたロケ。

昼に食べた十割そば、コシがあっておいしかった!
5.180530.jpg
(あわただしくて、ロケ中の写真は撮れませんでした…)

放送ぜひ観てくださいね♪

そして、来年こそは、エアレースを現地に見に行きたいです!!

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:20:19 | 固定リンク


2018年05月23日 (水)福島で アジアの味覚を 食べ比べ♪ @淺川理沙


こんにちは。

キャスターの淺川理沙です。


先週のブログの続きです。

次に向かったのは「フィリピンフェスタ」です!北村有紗キャスターが一緒に行ってくれました♪

1.180523.jpg

会場には、フィリピン、ベトナム、インドネシア、カンボジアなどの留学生や在住者の出店が!

2.180523.jpg

これは、ベトナムの揚げ春巻。ちょっと酸っぱいソースにつけて食べます。

3.180523.jpg

(右の黄色いプリン)フィリピンの「マハブランカ」

(手前の紙コップ)インドネシアの「揚げバナナ」

(奥)インドネシアの納豆のような揚げ物「テンペゴレン」

(左)カンボジアのお粥「ボーボー」です。

4.180523.jpg

どれもおいしかったですよ♪

5.180523.jpg

中でも、私は以前から「揚げバナナ」が大好きなんです!

あまりのおいしさに、本場・インドネシアへ食べに行ったこともあります。
6.180523.jpg

会場のステージでは、踊りなどのショーが行われていて、各国の食を味わいながら楽しめました。

7.180523.jpg

じゃんけん大会では、北村さんが見事勝ち抜き、オリジナルTシャツをもらっていました!!
8.180523.jpg9.180523.jpg
(とても喜んでいますね…笑)

皆さん、明るく気さくで、一生懸命、日本語で話しかけてくれたのが印象的でした。

福島にも、多くの海外の方が暮らしているんですね。

福島の多国籍な様子を、いつか取材したいです!

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:14:38 | 固定リンク


ページの一番上へ▲