フロアバレーボール、知っていますか?  @淺川理沙

こんにちは、キャスターの淺川理沙です♪


先月21日(金)の「はまなかあいづTODAY」の「LIVEふくしま」では、

福島県立視覚支援学校が取り組む“フロアバレーボール”をお伝えしました!

2020-0304-01.JPG

 

フロアバレーボールって聞いたことありますか?

もともと、目の不自由な方々が楽しめるスポーツとして考案されました。

全国の視覚支援学校を中心に、昭和30年代から行われている、歴史ある競技なんです。

 

今では、視覚障害のある人もない人も、一緒になって楽しめるスポーツとして親しまれています。

パラリンピック競技の「シッティングバレーボール」とは別の競技ですよ!


県立視覚支援学校の球技部のメンバーは、全員で8人。放課後に週2日、2時間ほど練習しています。

2017年度から、3年連続で全国大会に出場している強豪チームなんです!!

2020-0304-02.JPG

 

では、“フロアバレーボール”とは、どんな競技なのか!?

 

【一般的なバレーボールと同じ点】

・選手の人数(前衛専門3人、後衛専門3人の6人制)

・コートの広さ

・3打以内で相手に打ち返すなどの基本的なルール

・ボールの大きさ(色は、弱視の人も見やすい白色)

視覚に障害のある人たちもプレーする競技ではありますが、ボールの中に鈴が入っているなど、音がするわけではないんです。

2020-0304-03.JPG

 

【一般的なバレーボールと違う点】

違う点は、大まかに3つあります。

 

①「ネットの下」からボールを打つ!

ネットと床との間は、およそ30センチ。このわずかなすき間をボールを通過させて、相手コートにアタックします。

相手が打ち返せなかったり、コートの後ろ側をボールが通過すると、得点となります。

2020-0304-04.JPG

2020-0304-05.JPG

 

②試合中、選手以外は言葉を発してはいけない!

そうすることで、選手たちはボールの転がる音を感じ取ったり、

後衛選手の声やアドバイスを参考にしながら、ボールを追うことができるんです。

 

③前衛の選手は「アイマスク」もしくは「アイシェード」を着用する!

私も、プラスチックでできた「アイシェード」を着けてみました。一切何も見えず、光すら感じることができません。

選手によって視覚障害の程度に違いがあっても、平等にプレーするために着けるものなんです。

2020-0304-06.JPG

 

フロアバレーボールの全国大会は、ことしは8月に兵庫県で開かれる予定です。

球技部のみなさんは、4年連続の全国大会出場を目指しているとのこと!!

全国大会出場だけでなく、全国制覇してほしいなぁと、私も楽しみにしています~☆

 

さらに、3年連続で全国大会に出場した前衛担当の常松桜さんは、福島県の実行委員会から聖火ランナーに選ばれたんです!!

今月28日(土)に、中通りを走ります。私も応援しています~☆

2020-0304-07.jpg

(みんな、とってもいい笑顔♪)


実は、今回の「LIVEふくしま」の取材時に、球技部のみなさんに交じって、私も“フロアバレーボール”を体験させてもらいました♪

私が体験したのは前衛です。アイシェードを着用して、何も見えない中でのプレー。

 

しかし、前衛の2人の選手が、私の手を握って「こっちだよ」と導いてくれたり、後衛選手の声を頼りにアタックしたりと、

メンバーとは初めて会ったのに、フロアバレーボールのおかげで打ち解けることができ、

「チームの一員」という一体感をものすごく感じられて、うれしかったし、楽しかったです♪

 

球技部のみなさんは、とても優しくて、そしてかわいくて、もっともっといろいろとお話ししたかったな~と思いました。

また、みなさんに会える日を楽しみにしています♪

そして、みなさんの活躍を期待しています♪♪



淺川 理沙

投稿時間:08:40