2019年10月11日 (金)ニュースの法則!?  @淺川理沙


こんにちは。キャスターの淺川理沙です。

 

週末は、台風19号が接近していて心配ですね…。

しっかりと備えをして、安全を確保してお過ごしください。


天気が心配な3連休ですが、私は14日(月・祝)の「ニュース645」やラジオのニュースを担当する予定です。

ことしは、日々のニュースを追うリポーター業務が中心で、昨年度よりもニュースを読む機会が減りましたが、

さまざまな業務を経験したことで、ニュースをお伝えする責務を、より強く実感できるようになりました。

 

「ニュース645」のように、テレビでニュースをお伝えするのは今も緊張しますが、一番やりがいを感じられる業務でもあります。

14日もしっかりお伝えできるよう頑張ります。


ところで、私自身、テレビでニュースを読む中で、

アナウンサーやキャスターの動作に、ちょっとした法則(!?)があることに気がつきました。


①「こんばんは。福島からお伝えします」と挨拶した後に、一度原稿に目を落としてから、またカメラを見る。

2019-1011-001.jpg

②VTRが終わった後に、モニターを見ている顔が映り、うなずいてから、カメラを見て、次のニュースを読み始める。

2019-1011-002.jpg

③全国の気象情報や企画リポートの前は、切り替わるまでモニターを見つめる。

2019-1011-003.jpg

④横のカメラから撮られているのを知っているけれど、あえて、正面のカメラを見て「福島からお伝えしました」と挨拶。

2019-1011-004.jpg

⑤原稿を読んでいる時、原稿を持つ手が上下や左右に動く。


…と、私だけでなく全国ニュースなど、

NHKの定時ニュースで割りと見かけるこういったシーン、思わず注目してしまいます(笑)。

 

②は、ニュースの内容によってはほほえんでる表情が見られ、ほっこりしたり。

④は、たまに横のカメラを向いて挨拶する方を見かけますよね。

⑤は、人によって、動きに癖があるように思います。

私も原稿を持つ手が動いてしまいますが、動かそうと思って動かしているわけではありません。もちろん無意識です。


…と、こんなブログを書いてしまうと、変に意識してニュースを読んでしまいそうですが(苦笑)。

大事なニュースを責任感を持ってお伝えできるよう、いろいろ方のニュースを日々たくさん見て、伝え方を学ぶようにしています。


さて、来週の「はまなかあいづTODAY」ですが、15日(火)と16日(水)の2日間、スタジオキャスターを担当します。

スタジオキャスターは、初めての経験です。

 

「ニュース645」のように1人でお伝えするニュースとは違う面も多く、

ふだんから見てくださっている方々には、お見苦しい部分もあるかもしれませんが、温かい目で見守っていただけたら幸いです。


10月になり、今年度も半分が過ぎました。まだまだ経験したことのない業務がたくさんあります。

今後も、キャスターとして日々学び、頑張っていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします!

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:16:41 | 固定リンク


ページの一番上へ▲