2019年03月13日 (水)私には 何ができるか 自問自答... @淺川理沙


こんにちは。キャスターの淺川理沙です。

 

2011年3月11日から、8年が過ぎました。震災当日、私は愛知県にいました。

だからこそ、震災を直接、経験していない私に何ができるのか?

被災した方々の気持ちに寄り添うことができているのか?自問自答しながら、この日を迎えました。

 

震災後、シンガポールで働いていた時に、現地の方から「福島は大丈夫?」と聞かれました。

シンガポールでは、震災に関する情報が少なかったうえ、自然災害がほぼ起こらない国なので、

私が日本人と分かると、福島や日本のことを心配して、声をかけてもらうことが多かったのです。

 

福島局で働き始めてから、

新地町や相馬市、帰還困難区域だった自治体や福島第一原発など、浜通りへ行く機会がありました。

 

震災から8年たった福島を、日本だけでなく、海外の方々にどれほど知ってもらえているのか?

私自身、もっと現地に足を運び、福島の今を伝えていきたいと思いました。

 

先週、須賀川市の藤沼湖へ取材に行きました。

1.190313.jpg

2.190313.jpg

震災では、堤防が決壊して7人が亡くなり、今も1人が行方不明のままです。

全壊した家も多くありました。

藤沼湖の決壊によって被災した方や、その歴史を次の世代に伝えようと活動する方を取材中です。

 

私にとって、初めての東日本大震災関連の取材となります。

22日(金)の「はまなかあいづTODAY」で放送予定です。

ぜひご覧ください。

 

さて、ほぼ毎週水曜日に更新しているブログですが、4月以降も「週1回」書きます!

 「はまなかあいづTODAY」の取材を通して、見て・聞いて・感じた「福島のいま」を

放送とブログで発信していきます。読みごたえのあるものにしますので、ご期待ください!!

 

 

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:14:06 | 固定リンク


ページの一番上へ▲