2018年08月07日 (火)Road to Tokyo from Fukushima vol.8 子どもたちに"遺す"ということ @山田賢治


今月2日(木)、福島市の国体記念体育館で、

東京2020オリンピックパラリンピック競技大会 2年前イベント

「オリンピアン・パラリンピアンと語る夢×未来」が行われ、

イベントのコーディネーターなどを務めさせていただきました。

 

会場は、200人ほどの子どもたちと保護者で、熱気にあふれました。

 10-20-56.jpg

まずは、オリンピアンやパラリンピアンとのパネルディスカッション。

福島市出身で、アトランタオリンピックに出場した、女子バスケットボールの萩原美樹子さん。

シドニーオリンピック野球日本代表の元・千葉ロッテマリーンズ投手、黒木知宏さん。

 

さらに、車いすバスケットボールで、パラリンピックに出場した増子恵美さんと佐藤聡さん。

福島市の木幡浩市長も登壇。

クロストークもあり、さまざまな話を伺うことができました。

10-16-59.jpg

日の丸を背負って大舞台に立つ思い、さらには、夢を叶えるためのアプローチ・・・。

すべてをここに書きたいのですが、印象に残ったメッセージを。

 

萩原さんは、競技を始めた小学4年生のときから、

「オリンピックに出る」という夢を持っていたそうです。

 

バスケットボールが好きだから、どんな練習でも取り組むことができた、とも。

“好きこそ、ものの上手なれ”という言葉があります。

それをまさに体現されたのではないでしょうか。

“好き”という中での成功体験の積み重ねが、萩原さんを成長させたのだと思います。

 

黒木さんは、負けない!という気持ちの面を強調されていました。

さすが「魂のエース」!打てるものなら打ってみろ!という気持ち。

でも、それは、練習に裏付けられた自信から培われるものだと話します。

 

黒木さんは、練習一つ一つに、“目的意識“を持ったそうです。

なぜ、その練習をするのか?

それは“こういうプレーをしたいからだ”と。

 

この先の自分を具体的に思い描くことを、若いころから染み込ませていった結果が、

夢をつかみ取ることにつながるのではないか。

 

真剣に話を聞いた子どもたちからは、質問が相次ぎ、

この子たちの将来が、非常に楽しみになりました。

10-51-44.jpg

増子さんと佐藤さんは、10代後半で交通事故に遭い、

その後、車いすバスケットボールに出会ったことが、人生の大きな転機となりました。

 

子どもたちにとって、車いすで生活している人、

さらには、パラリンピックの選手に会うことは、ほとんどなかったと思います。

 

麻痺している足は「触っても感じない」という言葉に、

子どもたちからは「えっ」という言葉が。

なかなか想像できないですよね。

 

だからこそ上半身を鍛え上げた、という考え方も、あわせて聞きました。

“失われたものは数えるな、残された能力を最大限に生かせ”、

というパラリンピックの精神を感じた瞬間だったと思います。

 

さらに、パラリンピックに出場したことが

「親孝行だったと思う」という佐藤さんの言葉もありました。

 

子どもたちにどう響いたのか。

短い時間ながらも、子どもたちは、多くのことを感じたと確信しています。

 11-17-28.jpg

他にも、パラリンピック競技のボッチャの体験。

みんなが初めてのプレーなのに、盛り上がったこと盛り上がったこと!

自分も楽しみ、友だちも応援!

 

障害のある人だけではない、

誰でもが楽しめるユニバーサルスポーツであることを実感したでしょう。

ことし12月1日、2日は、同じ場所でボッチャの日本選手権が行われます。

ぜひ、みんなで観戦を!!

11-40-39.jpg

私も1投!緊張しました!

 

さらに、1972年札幌オリンピックの聖火リレーで使われたトーチを、全員でリレー。

そのトーチを福島市に寄贈され、

実際にランナーとして走った片倉義則さんに、“かっこいい”走り方を聞き、

子どもたちも“自分が聖火ランナー”とイメージして体育館を走りました。

 11-52-23.jpg

片倉義則さんによる説明

12-24-37.jpg

ゆっくり!かっこよく!短い時間を味わいながらのリレー

 

記憶というのは、感動と結びついて残ることが多くあります。

この日、話を聞いて、体を動かし、きっと心も動いたことでしょう。

笑顔で、時には真剣に取り組む子どもたちの姿を見て、私も大いに心が動きました。

忘れられない一日となりました。

 

子どもたちに、2年後でも、大人になったときでもいい、この日を思い出してくれたら。。。

この上なくうれしく思います。

投稿者:山田 賢治 | 投稿時間:16:56 | 固定リンク


ページの一番上へ▲