2017年11月15日 (水)Road to Tokyo from Fukushima vol.4  "非常識"を"常識"に @山田賢治


人間、走るときや泳ぐとき、「左右対称でバランスよく、同じように動かすこと」が理想だと考えます。

その方が、ゴールまで、直線的に力のベクトルを持っていくことができ、

自分の力を、より効率的に使うことができると思うからです。

 

しかし、それは本当でしょうか?

私は、パラスポーツの選手と会っていると、

「左右対称の動きを目指すことが、はたして正しいのか?」言い切れないと感じるようになりました。

それは、片方の手や足にまひがあったり、切断していたりする選手は、

そもそも、左右同じく動かすことが難しいからです。

独自の走り方が一人一人あり、そこを認識して極めていくことが、強さに変わるのではないでしょうか。

 

「世間にとっての“非常識”を、その人にとっての“常識”に変える」

 9月、福島で行われたジャパンパラ陸上でも登場した、

リオパラリンピックの銀メダリスト2人を例に見ていきます。

 01yamamoto.jpg

ジャパンパラ陸上競技大会にて(9月 福島市)

 

陸上の山本篤選手は、左足の膝より上、太ももの部分を、高校の頃の事故で切断。

ブレードのついた、競技用の義足を使いこなしています。

かつては、走るとき「左右同じような動きで走ろう」と、練習していました。

しかし、進化を続ける競技用の義足は、地面を蹴ったときの反発力が強くなっています。

そこで、左足を踏み込んだ際、より前に進むような走りができないか?

「歩幅が左右異なる走り」を、追求し始めました。

 

でも、簡単な話ではありません。

左足の義足を踏み込んだときの衝撃に耐えられる肉体が必要になります。

左足の太ももで残っている部分と、軸がぶれないように、体幹を徹底的に鍛え続けました。

左右非対称の走りが、山本選手の生きる道。

そのための努力と工夫のプロセスが、たくさんの気づきを私たちに与えてくれるのです。

 

もう一人、陸上、車いすの佐藤友祈選手。

脊髄の病で、胸から下がまひしています。

佐藤選手と左手で握手をすると、ほとんど力を感じません。

左手の握力は2キロほど。左右対称の握力を目指そうと思っても、障害ゆえできません。

車いす陸上は、車輪を下に押し込むことによって進みますが、

左右の力のバランスが悪いと、車体がぶれて、推進力が分散してスピードを出すのが難しくなります。

 02sato.jpg

ジャパンパラ陸上競技大会にて(9月 福島市)

 

この時点で、競技を続けることが厳しいと考えてしまうのではないでしょうか。

しかし、佐藤選手は違いました。“非常識”を“常識”にとらえようと試みたのです。

 

佐藤選手がたどりついた技術。

それは、「右手は、全力で下に押し込みますが、左手は、一緒に動かしてかじを取るような感じ。

リズムを体の中でとって、左右の車輪をたたくタイミングやバランスを整えている」のだと。

アンバランスな身体の状態を、脳が察知して、

電気信号のやりとりを変えて対応できるようになったのではないでしょうか。

人間の能力ならぬ、“脳力”も感じます。

 

個性を追求する選手の姿は、一般のスポーツでも同じです。

しかし、パラスポーツでは、それが際立って感じられます。

 

パラリンピックの精神、「失われたものを数えるな。残された機能を最大限に活かせ」。

今ある状態であきらめるのではなく、何ができるのか、どうしたらできるのか、

試行錯誤し、自分のスタイルを見つけていく。

その過程に、パラスポーツの醍醐味を感じます。

その“味”を知ることは、私たちの人生、どんなことにもあてはまる、新たな気づきにつながるのです。

000001.JPG 

佐藤友祈選手と。7月のパラ陸上世界選手権金メダルを見せてくれました。

ずっしり重かった!

投稿者:山田 賢治 | 投稿時間:23:03 | 固定リンク


ページの一番上へ▲