2019年2月 6日

ランドセル 年齢問わずに 背負える時代!? @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です。

もう2月ですね、早いですね~。


1月31日(木)の「はまなかあいづTODAY」では、

会津若松市にあるランドセル工場のショールームからお伝えしました。

 

この春入学する新1年生のランドセルの製造は、2月がピークだそうです。

この企業では、およそ50人の従業員の方々が、500に及ぶ工程を担当しています。

1.190206.jpg

2.190206.jpg

みなさん、会津の出身だそう!

若い女性が多く働いていて、笑顔で1つ1つ丁寧に作っている様子が印象的♪

穏やかでとても明るく、楽しそうな雰囲気でした!


さて、この春の新1年生に人気のランドセルの色は…?

女の子は、

①うすむらさき色(人気アニメの主人公のドレスの色と同じ)

②チョコレート色(親に人気の色、高学年になっても使える落ち着いた色)

③水色(注文のピークが夏なので、涼しい色が人気)

 

5~6年前は「10月」が注文のピークで、その頃は茶色など「秋色」が人気だったそうです。

3.190206.jpg

一方の男の子は、7~8割が黒を選ぶそうです。今も昔も変わりませんね!

ただし、今は「ヘリ」の色も選べるため、

「本体が黒で、ヘリが青」の組み合わせが人気だそうです。

4.190206.jpg

こちらのメーカーでは、

この春からのランドセルに「新たな工夫」を取り入れました。

5.190206.jpg

 

6.190206.jpg

学習指導要領の改訂を機に厚くなった、教科書や教材を入れるため「大容量化」。

ただ、教材で重くなったランドセルで、腰や肩を痛める子どもが増えており、

より体にフィットした「肩ベルト」を開発したそうです。


最後に、こんな商品も!

50~60代の女性を中心に人気のランドセルです!

7.190206.jpg

私も背負っちゃいました♪

一般的なランドセルより一回り小さく、薄くて軽かったです!

8.190206.jpg

斜めがけもできるんですよ、かわいいですよね~♪

9.190206.jpg

放送ではご紹介できませんでしたが、内側もこんなにかわいいんです!

一般的なランドセルと、同じパーツで作られているそうですよ!

10.190206.jpg

愛情込めて作られているランドセル。

ぜひ、ショールームへも足を運んでみてくださいね。

11.190206.jpg

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:12:01 | 固定リンク


ページの一番上へ▲