2019年2月 6日

朝搾り 年に1度の 春の酒 @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

4日(月)は「立春」!少しずつ、春が近づいてきている気がしますね♪

ここ数日、比較的暖かい日が続いていますし、なんだか鼻がムズムズします…!(花粉症です…)

 

しかし、みなさん!

週末にかけて、また寒さが戻ってきますから、油断なさらないでくださいね!!

(自分にも言い聞かせてます…)


さて、そんな(どんな?)立春にしか飲めない日本酒があることをご存じでしょうか?!

当日に、郡山市の飲食店から中継で紹介したのですが…

190206-01.jpg

全国の酒造会社が作る団体が21年前から始めた「立春朝搾り」という酒です。

春の訪れを「新酒」で祝ってほしいと、ことしは、全国45の蔵元が参加しています!

福島からは唯一、15年前から磐梯町の蔵元が参加!!

190206-02.jpg

なんといっても、このお酒の一番の魅力は…「朝搾った酒が、その日のうちに飲めること!」


これって、すごいことなんですよ!?

「しぼりたて」という酒はよく目にしますが、

それでも搾って、瓶詰めして、ラベルを貼って、出荷して…数日はかかってしまいます。

 

では、なぜ「立春朝搾り」は、その日のうちに消費者に届くのか??

秘密は2つ!

1つは、「杜氏が、その日に合わせて仕込む」から。

190206-03.JPG

杜氏の冨田眞理さんに、話を聞きました!

「一般の酒は、杜氏が酒の状態を見極めて搾る日を決めるのに、

『立春朝搾り』は、立春の朝に搾ることが決まっている。

2月4日の朝に、ちょうど飲み頃にしなければならないので、

 仕込みは、1日のズレも許されないんだよ」と言うんです。

「出産と同じ。2月4日に、赤ちゃんを産んでくれと言われるということだからね」とのこと!(笑)

 

全国新酒鑑評会に出す酒よりも緊張するとおっしゃっていました。

いや~すごい…。


2つ目は、「酒販店が“直接”取りに行く」から。

立春の当日、磐梯町の酒蔵まで私も取材に行きましたが

朝6時にもかかわらず、福島市やいわき市からも、多くの酒販店の人たちが集まっていました!

190206-04.jpg

ラベル貼りなど、出荷作業の手伝いもするんですよ!

酒販店の人たちにとっても、出荷を手伝う機会はなかなかないそうで

貴重な経験になったと話していました!


そんな貴重な酒をみんなで味わおうと、郡山市の飲食店で「立春朝搾りを楽しむ会」が開かれたんです。

10年以上前から参加している根強いファンの方もいらっしゃいました。

 

私も味見させていただきましたが、

新鮮な酒ならではの、香りの高さとフルーツのようなみずみずしい味わいと

すっきりとした飲み口が絶品でした…♪

190206-05.jpg

みなさんお世話になりました!

日本酒が大好きな私ですが、

作り手や売り手のみなさんの苦労を知って、より日本酒が大好きになりました。

 

店舗によっては、立春を過ぎても売っているらしいので、見かけたら、ぜひ手にとってみてください♪

時間がたつと、少しずつまろやかになって、また味わいが変わってきますよ!

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:18:16 | 固定リンク


ランドセル 年齢問わずに 背負える時代!? @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です。

もう2月ですね、早いですね~。


1月31日(木)の「はまなかあいづTODAY」では、

会津若松市にあるランドセル工場のショールームからお伝えしました。

 

この春入学する新1年生のランドセルの製造は、2月がピークだそうです。

この企業では、およそ50人の従業員の方々が、500に及ぶ工程を担当しています。

1.190206.jpg

2.190206.jpg

みなさん、会津の出身だそう!

若い女性が多く働いていて、笑顔で1つ1つ丁寧に作っている様子が印象的♪

穏やかでとても明るく、楽しそうな雰囲気でした!


さて、この春の新1年生に人気のランドセルの色は…?

女の子は、

①うすむらさき色(人気アニメの主人公のドレスの色と同じ)

②チョコレート色(親に人気の色、高学年になっても使える落ち着いた色)

③水色(注文のピークが夏なので、涼しい色が人気)

 

5~6年前は「10月」が注文のピークで、その頃は茶色など「秋色」が人気だったそうです。

3.190206.jpg

一方の男の子は、7~8割が黒を選ぶそうです。今も昔も変わりませんね!

ただし、今は「ヘリ」の色も選べるため、

「本体が黒で、ヘリが青」の組み合わせが人気だそうです。

4.190206.jpg

こちらのメーカーでは、

この春からのランドセルに「新たな工夫」を取り入れました。

5.190206.jpg

 

6.190206.jpg

学習指導要領の改訂を機に厚くなった、教科書や教材を入れるため「大容量化」。

ただ、教材で重くなったランドセルで、腰や肩を痛める子どもが増えており、

より体にフィットした「肩ベルト」を開発したそうです。


最後に、こんな商品も!

50~60代の女性を中心に人気のランドセルです!

7.190206.jpg

私も背負っちゃいました♪

一般的なランドセルより一回り小さく、薄くて軽かったです!

8.190206.jpg

斜めがけもできるんですよ、かわいいですよね~♪

9.190206.jpg

放送ではご紹介できませんでしたが、内側もこんなにかわいいんです!

一般的なランドセルと、同じパーツで作られているそうですよ!

10.190206.jpg

愛情込めて作られているランドセル。

ぜひ、ショールームへも足を運んでみてくださいね。

11.190206.jpg

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:12:01 | 固定リンク


ページの一番上へ▲