2019年2月

福島が誇る メロディー 朝ドラへ @平川沙英


こんばんは。

福島に来てから、コツコツ教習所に通い、眠たい目をこすりながら試験勉強をして、

やっと!おととい、車の免許を取ったキャスター平川です。

 

これまで「車じゃないと行けない・・・」と行くのを諦めていた場所もたくさんあるので

これから春に向けて、福島をもっと楽しみたいと思います!

 

きょうは、うれしい話題が飛び込んできましたね。

2020年前期の「朝の連続テレビ小説」が、

福島市出身の古関裕而をモデルにした「エール」に決定しました~!うれしいですねー!!

 

野球好きの私は、面接で初めて福島に来たとき、

新幹線のホームで「栄冠は君に輝く」を聞いて、「ここに縁があるのでは」と思ったのを覚えています。

本当に、縁がありましたね。

 

きょうは、喜びの声を聞きに、古関裕而の母校・福島商業に行ってきました。

20190228-1.jpg

あすが卒業式ということで、吹奏楽部が練習しているのは「校歌」。

もちろん、古関裕而作曲です!

20190228-2.jpg

「小・中・高と、校歌がすべて古関裕而作曲だった」という男子生徒もいて、

改めて「古関裕而メロディーが、福島に根付いているなぁ」と感じました。

来年春が楽しみですね~^^


そして、こちらの話題も。

22日(金)は「ココに福ありfMAP」で、会津美里町を紹介しました。

訪ねたのは、こちら。

20190228-3.jpg

会津本郷焼の窯元「宗像窯」です。

のれんの「おあいなはんしょ」は、会津弁で「いらっしゃいませ」という意味。

温かみがありますね。

20190228-4.jpg

迎えてくださったのは、宗像窯8代目の宗像利浩さん。

20190228-5.jpg

ご自身の名前をとって命名した、利浩さんの代表作の一つ「利鉢(としばち)」です。

1997年の日本陶芸展で「日本陶芸展賞」を受賞し、

2003年には「文部科学大臣賞」を受賞しました。

20190228-6.jpg

江戸時代から使われてきた「登り窯」。

全長およそ20メートル、幅およそ6メートルあります。

 

会津美里町の本郷地区は、江戸時代から焼きものづくりが続いていますが、

現在も登り窯を使っているのは、ここだけ。とても貴重なものです。

 

震災により崩れた部分もありましたが、愛好家を中心としたボランティアにより、2年後に修復。

今も、特別な作品を焼く際には「登り窯」を使うそうです。

20190228-7.jpg

現在は、息子さんも9代目として活躍していて、

利浩さんは「駅伝じゃないけど、次の世代にタスキをつないでいくことが大事」と話します。

私たちも、会津本郷焼のすばらしさを、次の世代に伝えていきたいと感じました。


さて、きょうで2月も終わりですか。体感は、2週間ほどです(笑)

3月は、1日1日を濃い内容にしていきたい・・・。

 

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:18:33 | 固定リンク


春めいて くしゃみが出るも 走り出す @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

 

先週から、気温の高い日が続いていますね。

日差しもあたたかくて、もう春が来たようですが…私は、朝からくしゃみが止まりません!!!

 

ことしは、花粉が飛ぶのが早いような気がしませんか…?

うっかり薬を飲み始めるのを忘れていたので、いいかげん、対策しなければなりませんね…。


さて、あたたかくなってきて、さらに力を入れたいのが…これ!!

190225-01.jpeg

ランニングです!!

 

他のキャスターがブログで書いているように、

「はまなかあいづマラソン部・HNA42」の目標である

フルマラソンのレースには出場することができませんでした。

190225-02.jpeg

今月10日(日)に行われる予定だった「いわきサンシャインマラソン」、雪で中止だったのです。

私たちを含めた参加者のみなさんも、

そして、地元のみなさんも、この日のためにたくさん準備をしてきたので、とっても悔しかった…。

 

でも、少しだけ興奮したこともありました!

ウェルカムパーティにおじゃましたら、

福島県のキャラクター・キビタンと、いわき市のキャラクター・フラおじさんに会えたのです!

 

キビタンとの写真は何枚かありましたが、今回は、フラバージョンに!フラおじさんもすてき!!

190225-03.jpeg

 

190225-04.jpeg

我ながら、かなりはしゃいでます…(笑)

キビタンもフラおじさんも、走れなかったランナーたちを一生懸命「おもてなし」していましたよ♪)


ということで、せっかくここまでトレーニングしてきたんですから

(花粉症対策をしながら)趣味として、ランニングは継続させようと思っています。

 

運動経験もなく、とてつもなく運動が苦手な私ですが、

コツコツ続けて、またフルマラソン出場を目指したいです!

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:15:16 | 固定リンク


動き出す 春の訪れ 野も人も @五七GO!


2月もあとわずかとなり、春めいてきました。外出の機会も増えたのではありませんか?

花が咲き、動物たちも動き出します。「冬眠」から覚めて、そろそろ投稿を再開しましょうよ。

年度内に紹介できる句は、あと48句しかないんですから!

 

18日(月)「公園の風景2句」

s-190218575-1.jpg

白河市の城山公園は、小峰城。

おととし7月、修復中の石垣に、サインした石を混ぜて、埋め戻すイベントがあったと幸子さん。

小峰城の石垣修復プロジェクトに、こんな行事があったとは・・・!

多くの人の思いと願いがこもった石垣、早く見たいですね。(平川)

s-190218575-2.jpg

いわき市の若葉マークのデコポンさんは、いわき公園のモグラの穴を。

広大な公園のあちらこちらに、モグラが穴をあけていると。モグラの顔ってかわいいですよね。

害が無いなら、見守ってあげたいです。(吾妻)

 

19日(火)「雨水ですが、まだまだ雪!の2句」

s-190219575-1.jpg

檜枝岐村の星さんは、雪の結晶の句です。

檜枝岐ならではの冬の美。たくさん咲いた六の花、とてもきれいです。(平川)

s-190219575-2.jpg

会津若松市の満田さんは、会津美里町の出戸田沢での1枚。

春の雪が、コハクチョウやカモを隠す様子が良く映し出されていますね!

句もばっちりです!(吾妻)

 

20日(水)「スーパームーンにちなんだ2句」

s-190220575-1.jpg

福島市の高橋さんは、スーパームーン前夜に、月明りだけで吾妻山を撮影しました。

月明かりに照らされた雪うさぎ、幻想的ですね~。

ここ数日は、私も帰り道に、月と雪うさぎを眺めています。(平川)

s-190220575-2.jpg

福島市の87歳、高山さん。

夜は雨で見えなかったスーパームーンを、朝になって300ミリの望遠レンズで撮影。

一切経山に吾妻小富士、雪うさぎまで、しっかり写っていますね。

ご自宅の2階からこんな風景が見えるなんて、うらやましい!(吾妻)

 

21日(木)「鳥にまつわる2句」

s-190221575-1.jpg

福島市の高橋さんは、あぶくま親水公園でのカモの行進を。

きれいに縦に並んで歩くカモ、かわいい!動いているところも、ぜひ見てみたいです。(平川)

s-190221575-2.jpg

福島市のマ~チャンさんは、スキー場で見つけた、キツツキの巣穴3つ。

この穴を、三世代同居の高層マンションに見立てたところがナイスです!(吾妻)

 

22日(金)「ネコの日の2句」

s-190222575-1.jpg

2月22日は「ニャンニャンニャン」でネコの日。

そこで、タイミングよく、愛猫を写した写真と句が寄せられました。

二本松市の野里さんは、庭先のハクサイと10歳のこなつ君。

ネコの立場で、句を詠んでいるところがいいですね。私も、ネコになりたいな~(平川)

s-190222575-2.jpg

いわき市の富蔵さんは、ぬいぐるみと同じ形の9歳のルー君。

ホント同じ形!ネコアレルギーですが、花粉症の薬を飲めば、なでなでもOKよ!(吾妻)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:11:00 | 固定リンク


ニッチでも 自分が欲しけりゃ あたるでしょ @吾妻謙


伊達市の両面刺し子の布を使った、会津伝統の「山袴」。

会津若松市のセレクトショップが、新たに商品化しました。

s-190222-1.jpg

東京の展示会で、バイヤーの評判を聞きます。

s-190222-2.jpg

出展したのは、関昌邦さん・千尋さんご夫妻。

s-190222-3.jpg

会津若松市のセレクトショップには、会津漆器や会津木綿といった会津の伝統工芸品が並びますが、

s-190222-4.jpg

ちょっと普通と違います。

s-190222-5.jpg

s-190222-6.jpg

カラフルな漆器のカップや皿には穴があけられ、革ひもがつけられています。

「会津漆器を、もっとカジュアルに使ってほしい」と、アウトドア用品として売り出しました。

その評判が口コミで広がり、人気商品となっています。

 

漆器店の3代目の関さんは、

「伝統に裏打ちされた優れた品に、新しい価値を加えて売り出そう」というビジョンがあります。

s-190222-7.jpg

その中で、風呂敷やランチョンマット、ハンカチとして店先に並んでいた

「両面刺し子の布」で、会津伝統の作業着「山袴」を作りたいと、関さんはひらめきました。

 

この布は、伊達市の織物職人、大峡健市さんが機械で織っている「両面刺し子」です。

s-190222-8.jpg

その高い技術は、いま、海外からも注目されています。

去年10月、関さんたちは、大峡さんの布でパンツを作りたいと、伊達市の工場を訪ねました。

s-190222-9.jpg

その時の大峡さんの指摘が「刺し子を、アウトドアパンツに使ったら引っかかる」という点でした。

s-190222-10.jpg

複雑な柄を、糸で描く刺し子は、

「アウトドアでは、枝などに引っかかって糸がほつれてしまい、不向きだ」というのです。

 

しかし、関さんたちは「刺し子は、元々破れたり、端切れをつなげたりして生まれた技術。

そんなストーリーも織り交ぜて展開すれば、うまくいくはずだ」と考えます。

s-190222-11.jpg

s-190222-12.jpg

そこで、布はシンプルな刺し子にして、

おしゃれ、かつ着心地の良いデザインになるよう、試作を繰り返しました。

これは、取材の際に履かせてもらった、試作品の1つ。

s-190222-13.jpg

「ジャケットでも合うんじゃない」なんて言われながら履きましたが、動きやすさは抜群です。

コーディネート次第では、かなりおしゃれに着こなせるのではないでしょうか。

 

漆器店が展開するアパレルですが、

そこには「服」ではなく「道具」として長く使ってほしいという思いが込められています。

太さの違う木綿の糸を織って作られた丈夫な布は、修理をしながら長く着られます。

関さんたちは、それを「自分用に育ててほしい」と言います。

s-190222-14.jpg

「漆器も修理を繰り返せば、何年でも使い続けられる」

「良い品は、道具として価値が下がらない。それが分かれば、山袴も気に入るはず」

「自分が欲しいのに、売っていない、ならば作ってしまえばいい」

「たとえ少数でも、自分と同じ感性の人がいるなら、きっと売れますよ」

ニヤリと笑う関さんに、かなり共感する吾妻でした。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:16:45 | 固定リンク


にぎやかな 学校生活 思い出す @平川沙英


こんばんは。

きのう、おとといと、学校に行ってきた、キャスター平川です。

 

まずは、19日(火)南相馬市の原町第三小学校へ!

「ふくしま朗読ひろば」という、朗読の楽しさを子どもたちに伝えるイベントです。

 

4年生と5年生、合わせて100人ほどの前で、私は3冊を朗読。

心温まる絵本や、関西弁の絵本など、ジャンルはさまざま。

 

小学生の前で恥をかかないよう、私なりに必死に練習し、

おかげで、本の文章をほとんど暗記しました(笑)

みんな、楽しそうに聞いてくれてなにより!

20190221-1.JPG

イベントの模様は、3月2日(土)午前8時5分~ ラジオ第一で放送する予定です。

ぜひ、お聞きください(^^)/


そして、きのうは、

20190221-2.jpg

「まるごと、郡山の食材を使った給食が提供される」と聞いて、取材してきました!

それが、こちら。

20190221-3.jpg

郡山のブランド野菜・御前人参のゼリーや、芋がら(里芋の茎を干したもの)のみそ汁、

そして、特産の養殖ごいのレモンしょうゆがけです(^^♪

郡山市は、養殖ごいの生産量が日本一なんですよ~!

 

若い世代にもっと、こい文化を広めようと、このような企画が行われています。

20190221-4.jpg

子どもたちが、おいしいそうに給食を頬張っている姿を見て

なんだか昔を思い出して、ほっこりした気分になりました。

私は、余った給食を取り合う「給食じゃんけん」に必ず参加し、ごはんはいつも特盛でした(笑)

 

そして、2日間学校に行き「面白いなぁ」と、つい耳をかたむけたのが、「校内放送」です。

みなさんの学校にもあったんじゃないでしょうか?

 

原町第三小学校では、卒業を前に6年生にインタビューをしていて、

緊張している様子がかわいらしくて、その場にいたスタッフみんなが聞き入っていました(*^^*)

 

私も小学校の時は、放送委員会に入っていたので、校内放送を担当していたんですよ~!

リクエストをもらって「だんごむしたいそう」という曲を給食中に流したら、

苦情がきたこともあったなぁ(笑)

 

あとは、組体操で使用した曲を流すと、教室で急に組体操が始まったり(笑)

にぎやかな小学校ですね。

 

さて、そろそろ花粉症で鼻がムズムズしてきたので、耳鼻科に行こうと思います・・・

みなさんも、対策はお早めに!

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:17:11 | 固定リンク


生活に ハリを与える 五七GO! @五七GO!


毎週、たくさんの投稿ありがとうございます。

なかなかご紹介できない方、申し訳ありません。めげずに送り続けてください!

 

選んだ句の作者には、「はまなかあいづTODAY」のキャスターが

直接、電話をおかけして、追加取材をさせていただきます。

 

その中で、しばらく投稿がなかったり、久しぶりに紹介したりする方がいます。

聞くと、体調を崩していたとか、身内に不幸があったとか、それぞれ大変な日常もあります。

それでも、「投稿が、生活のハリになっています」との言葉が。ありがたいかぎりです。

 

12日(火)「タイミングばっちりの2句」

s-190212575-1.jpg

郡山市のこの方は、いつも狙って送ってくださいます。最多投稿、紹介数を誇る義勝さん!

「会場のUAEに隣接するサウジアラビアに、

仕事で行ったことがあったから、風景も懐かしい」と話す義勝さんに、また違った一面を見ました!(吾妻)

s-190212575-2.jpg

いわき市の蜂吾郎さんは、中止になった「いわきサンシャインマラソン」の後日談を句に。

ランナーのみなさんが走ってくれて、地元の方もうれしいですね!私たちも走ればよかったー(岩間)

 

13日(水)「歴史と伝統を感じさせる2句」

s-190213575-1.jpg

こちらもおなじみ、花水木さん。大きなわらじを写真に収めようと、早くから陣取りましたが・・・の句。

狙って狙って・・・人の肩が写りこんでしまう残念さ、分かります!(笑)

それでも、いい写真ですよ!(岩間)

s-190213575-2.jpg

いわき市のかーるにいちゃんさんは、雪の白水阿弥陀堂です。

いわきで、この風景はなかなか撮れませんよね!きれいですね~。(吾妻)

 

14日(木)「これもプレゼント?の2句」

s-190214575-1.jpg

バレンタインデーのプレゼントは「高カカオ」!しかも「認知症予防にいい」と、夫に送った白河なん子さん。

旦那さんと一緒にチョコを食べている様子が、目に浮かびます♪(岩間)

s-190214575-2.jpg

「朝夕の斜光は、写真家にとって最高のプレゼント」と話す、大玉村の林さん。

たとえ、仕事の時でも「光の具合がいいときは、いい写真が撮れるかもしれない」と、

カメラを持っていく熱心さが、この美しい写真を生むんですね!(吾妻)

 

15日(金)「季節の移ろいを花で知るという2句」

s-190215575-1.jpg

矢祭町の菊池さんは、紅梅にのった雪を。

梅の紅、篠竹の緑、空の青に雪の白、コントラストがすばらしい!(吾妻)

s-190215575-2.jpg

福島市の古山さんは、花びらに映るおしべ、めしべの影を、巧みに表現してくれました。

もう春がそこまで!イヌフグリ、とってもかわいらしいですね!(岩間)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


この無念 いつか 晴らしてみせようや @吾妻謙


エアレース室屋義秀選手、UAEのアブダビで行われた今シーズン開幕戦で見事優勝!

その優勝報告会が、本拠地「ふくしまスカイパーク」で開かれました。

s-190215-1.jpg

おととし、8戦のうち4戦で優勝し、年間総合優勝に輝いた室屋選手。

その勢いで臨んだ去年は1度も優勝できず、総合5位に終わりました。

それが、今シーズンいきなりの優勝!かなりの覚悟で飛んでいました。

s-190215-2.jpg

「去年はファイナル4(上位4機)に残って、ポイントが取れれば良しとしていたが、

この開幕戦は、絶対に優勝すると!その中で、1000分の3秒差で競り勝ったのは大きい」

 

去年、開幕戦・2位、第2戦・4位と好調を維持していましたが、

第3戦・千葉戦で、まさかの失格。そこから、調子を落としました。

 

これについて、室屋選手は「3、4戦のミスが大きかった。

それを反省し、入念に対策を立ててきた。それが今回は生きた」と。

 

去年の千葉での敗戦の悔しさが、今に生きているんですね。

報告会が開かれたのは、去年秋に、新しく建てられた航空機展示場。

s-190215-3.jpg

入り口には、室屋選手のパイロットスーツや

s-190215-4.jpg

これまでに獲得した、5つの優勝トロフィー。

s-190215-5.jpg

それに、浪江町大堀地区に300年以上前から伝わる焼き物、大堀相馬焼に

室屋さんのレース機が描かれた大皿などが展示されています。

s-190215-6.jpg

今後、飛行機に親しむイベントが、ここで予定されていますので、開催時に見てくださいね。

 

開幕戦の優勝は、9日(土)の晩、「いわきサンシャインマラソン」の中止が決まったあとに

「はまなかあいづマラソン部・HNA42」のメンバーで「残念会」と称し、

店で肉をつつきながら見届けたんでした。

 

そう、人生初のフルマラソンは、なんと「雪で中止」という、思いもよらぬ結末だったのです。

“なりゆき”で走ることに・・・なんて言ってはいたものの、

それなりに準備もしてきたので、少なからずショックもあります。

s-190215-7.jpg

Twitterで紹介した「1キロ6分なるか!」を、こんな形で表現してみました。

チームのユニフォームは、番組ポスターと同じデザイン。

s-190215-8.jpg

s-190215-9.jpg

以前、マラソン大会で、私を追い抜きながら「すてきなTシャツですね」と声をかけてくれる人もいました。

今回の「いわきサンシャインマラソン」は、これを「黄色」にチェンジ!

そのわけは!

s-190215-10.jpg

大会参加賞のTシャツと、色がかぶったから・・・。

事前に送られてきたこのTシャツを参加者が着て走ると、カメラマンが私たちを見つけられません!

そこで、中テレとのコラボもあったので、中テレカラーでもある黄色に。

 

これを着て、走ることはかないませんでしたが、

「次回のために」と、ゲストランナーの柏原竜二さんにアドバイスをいただきました。

s-190215-11.jpg

「強くなるランナーは、体調不良やケガの時に、きっちり休める人。

食事は、大会前だけでなく、日ごろからバランスよく、栄養素を摂ること。

そして、走っていてきつくなっても、常にポジティブ思考で!

目標を作って1つ1つクリアしていくこと」だそうです!

 

いつになるかはわかりませんが、フルマラソン、1度は走らないと気が済まないかもです。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:38 | 固定リンク


どう楽しむ? 平成最後の バレンタイン @平川沙英


こんにちは。

せっかくトレーニングをしたのに、「いわきサンシャインマラソン」が中止に・・・。

いろいろな場所でゴール気分だけを味わった、キャスター平川です。

20190214-1.jpg

20190214-2.JPG

「どこかの大会でリベンジできれば」と思います!!

 

さて、おとといは「はまなかあいづTODAY」で、

20190214-3.jpg

きのうは「こでらんに5」で、

20190214-4.jpg

「ことしのバレンタインのトレンド」についてお伝えしました(^^♪

 

まずは、最近生まれた新しいチョコレート「ルビーチョコレート」について。

20190214-5.jpg

こちらは、ルビーチョコレートをコーティングしたクッキー。

「ルビーカカオ」と呼ばれる、カカオの鮮やかなピンク色をそのまま生かしていて、

着色料などは使われていません!

味は、甘酸っぱくフルーティー!これから、福島でもどんどん流行してきそうですね。

 

次に「SNS映えする」メニューがあると聞いて向かったのが、

20190214-6.jpg

まさかのラーメン屋です!

こちら、「チョコレートラーメン」。

20190214-7.jpg

カカオオイルが入ったスープに「板チョコ」をトッピング。

味は、意外にもしょうゆラーメンなんですよね~!

トッピングのしょうがも効いていて、おいしいです。

 

しかし、こちらのメニューは、きょう(14日)まで!

お急ぎの方は、きょうのうちに!

 

最後は、手作りの人向けに。「アイシングクッキー教室」に参加してきました。

20190214-8.jpg

「アイシング」とは、粉砂糖と卵白を混ぜたもの。

ここに、食紅などを足して色をつけ、絵を描いていきます。

最近は、水だけで作れるパウダーも売っていますよ(*^^*)

20190214-9.jpg

固め(水分少なめ)のアイシングで縁取りをしたあと、

やわらかめ(水分多め)のアイシングで埋めると、きれいに!

クッキーから、コルネを思い切って離して描くと、きれいに縁取れます。

クッキーに近づけすぎると、線が曲がってしまうんです・・・

 

完成品がこちら~!

20190214-10.jpg

うさぎに「はまなかあいづ」の文字を!我ながら、かわいくできて満足です☆

 

みなさんは、どんなバレンタインを過ごしましたか?

いろんなトレンドがありますが、結局は、相手のことを考えて選ぶのが一番ですね!(笑)

まだ渡していない!という方、ご参考までに♪

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:14:38 | 固定リンク


雪積もり ほのかに浮かぶ 絵ろうそく @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です。

 

8日(金)の「はまなかあいづTODAY」で、

会津若松市の鶴ヶ城から「会津絵ろうそくまつり」の様子を中継しました!

1.190213.jpg

「絵ろうそく」は、500年以上の歴史を誇る、会津地方の伝統工芸品。

ことしで20回目を迎えた「会津絵ろうそくまつり」は、

この絵ろうそくを知ってもらおうと始まったものです。

 

ろうそくの明かりが白い雪に反射して、ふわ~っとした幻想的な雰囲気に包まれるわけですが…

「ことしは雪が少ない!!」と、前日まで雪の量が心配されていました。

 

しかし!当日は、朝から降り積もった雪で、例年通りの「雪の絵ろうそくまつり」となりました♪

2.190213.jpg

会場には、恒例の「あんどん」や「地上絵」が!
3.190213.jpg

4.190213.jpg

 

そして、ことし初めての取り組み!

栃木県日光市の鬼怒川温泉で毎年秋に行われている「月あかり花回廊」というイベントと連携し、

そのイベントで展示されていた「和がさ」のモニュメントです。

5.190213.jpg

ろうそくとはまた異なる趣があり、きれいですよね。

 

当日は午後2時30分過ぎに鶴ヶ城に着き、機材の後片付けなどが終わったのは午後7時30分ごろ。

5時間も外にいたので、とても寒かったです…。

カイロを2つ持っていましたが、ほとんど温かさを感じられないほどの冷え込みでした。

 

寒さのためか、スマートフォンの電源が落ちて再起動しなくなり、

記者やカメラマンと合流できないハプニングもありました。


また、今回の中継は、私にとって初めて、

「当日取材したことを、その場でコメントにまとめ、中継内容を組み立てる」経験となりました。

短い時間で取材をして、的確なコメントにまとめるのは、私にはまだまだ難しいですが、

その場の臨場感をお伝えできるような中継を目指していきたいです!

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:13:06 | 固定リンク


3連休の喜びと悲しみ.........@後藤万里子


こんにちは!キャスターの後藤万里子です。

 

この週末、うれしいニュースがありましたね(^^♪

きょうの「はまなかあいづTODAY」でお伝えしましたように、

エアレース世界選手権の第1戦で、室屋選手が見事優勝!!9戦ぶりの優勝となりました。

2019-02121.png

実は、今シーズンからルール改正が行われました。

それは、予選の1位・2位・3位には、ポイントが加算されること。

 

「予選が得意」と話していた室屋選手は言葉通り、予選を1位で通過。

決勝でも1位となり、予選とあわせて「28ポイント」を獲得しました!

2019-02122.png

さすが、室屋選手!完璧なレース展開に、私たちも大興奮しました!

 

室屋選手を取材して、3シーズン目。

最初は、エアレースのルールを覚えるところからスタートしましたが、

今、1000分の1秒を競い合い、チームで戦うエアレースの奥深さと面白さを感じています。

 

今シーズンは、9月7日(土)・8日(日)に、千葉大会が決まりましたね!

ことしも、室屋選手の活躍を皆さんに詳しくお伝えできるよう、取材していきます!

 

一方で、悲しかったことは…「いわきサンシャインマラソン」の中止。

私たち「はまなかあいづマラソン部・HNA42」は、

初めてのフルマラソンということで、トレーニングを重ねてきました。が、「雪」でまさかの結末に。

 

私たちも残念でしたが、地元の方々もいろいろなおもてなしを準備していたので、

「残念です。」という言葉が、たくさん聞かれました。

 

そのため、福島中央テレビ(中テレ)とのコラボ企画・第2弾もなくなってしまいました(T_T)

「中テレの直川アナ×はまなかあいづマラソン部」

ゴールで「悲しみ」を表現した一枚…。

2019-02123.jpg 

私たちが着ているTシャツ。前回は水色だったのですが、今回は黄色を準備していました。

というのも、「中テレカラー」を意識して!!このTシャツで走りたかったなと……。

 

ゲストランナーであるいわき市出身の「山の神」柏原竜二さんは

2019-02124.png 

ことし1月に、Jヴィレッジで行われる予定だったハーフマラソンも、

ゲストランナーとして呼ばれていましたが、雪で中止に(T_T)

「今回も」ということで、「ことし雪男です…」と(苦笑)。

 

柏原さんに「マラソンで大切なことなど」質問をしてきたので、

いつか、それを発揮できる場が来ればいいなと思います(^^♪

2019-02125.jpg

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:20:16 | 固定リンク


春来たか?! 空を見上げて 五感研ぐ @五七GO!


少しずつ暖かくなってきたからでしょうか?空を見上げて詠んだ句が多くなってきました。

空の青や、花の色、光の射し方、星の並びや風の音、五感を研ぎ澄ませて生まれた句たち。

春、新しいことを始めるなら「ふくしま五七GO!」ですよ!

 

4日(月)「春の喜びを感じさせる2句」

s-190204575-1.jpg

福島市のグランマ・ミーさんは、節分の句とイラスト。

誰もが感じることをスッと表現し、サッとイラストで表現!余裕を感じますね。(吾妻)

s-190204575-2.jpg

福島市の86歳、高山さんは、立春のこの日にかかった虹を。

雪と虹って、なかなか見られない景色ですね。

窓を開けて、この景色が広がっていたら良いことがありそう(笑)(平川)

 

5日(火)「空を見上げた2句」

s-190205575-1.jpg

田村市の87歳、安藤さんは、日没時刻が元日から30分遅くなったことを句にしました。

「半時」。本来1時間を指しますが、ここでは「1時間の半分」の意味で使ったと。

毎日、夕陽に一日の無事を感謝するという安藤さん。まだ寒いので、お身体大切に。(吾妻)

s-190205575-2.jpg

郡山市の光げんきさんは、月と木星、金星が並んだことで一句。

スマートフォンで、ここまできれいに撮れるんですね!

次は、ご自慢のカメラで撮った写真も見たいです!(平川)

 

6日(水)「春の足音が聞こえてきそうな2句」

s-190206575-1.jpg

二本松市の久木さんは、得意の写真に句を付けました。

撮影した日は、真冬の寒さだったそうですが、氷柱の間から見える青空に、春を感じますね。(平川)

s-190206575-2.jpg

二本松市の城山霞さんは、霞ケ城公園をぐるりと散歩し、数句を投稿してくださいました。

春になったら、日射しの中、ベンチで談笑する人の姿が想像できますね。(吾妻)

 

7日(木)「やはり気になる星空の2句」

s-190207575-1.jpg

2日前に紹介した「星の並び」の句ですが、三春町の影山さんは、違った組み合わせです!

下から、土星、金星、木星。三春ダムの橋もシルエットでステキです!(吾妻)

s-190207575-2.jpg

福島市のはげじーさんも、星の並びを興味深く観察しました。

イラストはお孫さんとのこと。合作、ステキです。

この日の帰り道は、空を見上げて、星空を観察しました♪(平川)

 

8日(金)「春は近いの?遠いの?の2句」

s-190208575-1.jpg

福島市の呑み鉄詩人さんは、きのう、花見山を散歩しました。

季節外れの暖かさとなりましたね~。この写真と句で、私も花見山に行きたくなりました!

早く桜も咲かないかなぁ。(平川)

s-190208575-2.jpg

国見町の菅井さんは、地元の「半田山おろし」という風を詠みます。

寒くても、この風が吹けば春近しというの、わかります!春はもうすぐ!!(吾妻)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


気になるは 天気 体力 精神力 @吾妻謙


いよいよ、あさって10日(日)午前9時「いわきサンシャインマラソン」スタートです!

 

人生初のフルマラソン。

走るのが得意なわけでも、ましてや好きなわけでもない私が、

“なりゆき”で走ることになりました・・・。

 

おととし春、後藤万里子キャスターとの雑談から生まれた「HNA42~はまなかあいづマラソン部」。

この企画が、これまた“なりゆき”で、福島中央テレビとNHK福島放送局のコラボ企画、第2弾になってしまい、

ともすると、とんだ醜態を民放にさらす危険性まで出てきました!

 

未知の42.195キロ。自分なりに準備は進めてきました。

都道府県対抗の全国男子駅伝や、お気に入りのドラマを見ながら

スポーツジムのランニングマシンで走ったり、近くの河川敷でトレーニングしたり。

 

河川敷を走っていると、気持ちの良い風景を見られます。

s-190208-1.jpg

点々と白く見えるのは・・・

s-190208-2.jpg

ハクチョウです!!

s-190208-3.jpg

羽根を休めるハクチョウの姿を、ふつうにこんなに近くで見られるなんて!!

そして、住宅の屋根の間から見えるのが!

s-190208-4.jpg

吾妻連峰です。晴れた日の青い空と白い雪の景色は、本当に美しい!!

毎年の見慣れた光景ではありますが、いつも「いいな~、きれいだな~」って思いながら弾んで走っています。

 

雪が少ない今シーズン。

もう、吾妻小富士の斜面に現れる雪形「雪うさぎ」の短い耳が、なんとなく見えています。

s-190208-5.jpg

 

今週は1日ずつ、福島放送局のTwitterで、

「HNA42」のメンバーの意気込みを、動画でご紹介しています!

s-190208-6.jpg

「鶴ヶ城ハーフ」では、途中の制限時間に間に合わず、ゴールできなかった岩間さん。

給水所で提供されるイチゴを目指しますが、それも22.3キロ!大丈夫か?!

s-190208-7.jpg

「声援を力に!」と北村さん。皆さん、応援よろしくお願いします!

s-190208-8.jpg

「“いだてん”とはいきません、完走目指します」なんて謙遜している後藤さん。

おととし12月の「あづま荒川クロカン」では、2周目に、私を置き去りにして行きました。

s-190208-9.jpg

これまでに出場した大会のグッズをつけての平川さん。

「川内の郷かえるマラソン」では、みんなでカエルをかぶって走ったな~。

「あづま荒川クロカン」のウエストポーチは、その後、何かと重宝しています。

 

きょう、私の意気込みもアップされました。

ぜひ、Twitterをチェックしてみてくださいね。

 

この3連休、天気が気になります。浜通り、いわきも雪?

これまでの準備で、フルマラソン完走の体力はついたのか?そして何より、精神力は?

毎回、息が上がってきた時点で、後悔が始まります。(笑)

沿道の声に励まされ、7000人のランナーと、行くぜ完走!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:17:02 | 固定リンク


合格し 球春到来 熱くなる! @平川沙英


こんばんは。

ショートケーキが猛烈に食べたい、キャスター平川です。

スポンジケーキ片手に「いちご狩り」・・・なんてしてみたい(*^^*)

 

さて、いよいよ、フルマラソンがあさってに迫りましたが、

きょうは、暖かい一日となりましたね~。春のような陽気でした。

 

私としては、春は春でも“球春到来”!!

ヒマさえあれば、プロ野球のキャンプ映像を見て、

今シーズンの順位予想や戦力分析をしています(笑)

 

そして、ご報告が!

2019-02-07.jpg

「受験した」と、去年のブログで報告した「野球知識検定」。

5級の合格通知が届きました(^^)/

 

5・6級は同じ問題で、9割以上正解だと5級合格なんです。うれしい~~!

4級から難しくなるとのことなので、引き続き頑張ります!

今シーズンのプロ野球がますます楽しみになり、燃えてきました(^^♪


しかし!!!!

あすは、再び気温が下がって寒くなるので、

風邪などひかぬよう、気をつけてください。私も気をつけます!

 

フルマラソン完走するぞーー!!

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:19:39 | 固定リンク


朝搾り 年に1度の 春の酒 @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

4日(月)は「立春」!少しずつ、春が近づいてきている気がしますね♪

ここ数日、比較的暖かい日が続いていますし、なんだか鼻がムズムズします…!(花粉症です…)

 

しかし、みなさん!

週末にかけて、また寒さが戻ってきますから、油断なさらないでくださいね!!

(自分にも言い聞かせてます…)


さて、そんな(どんな?)立春にしか飲めない日本酒があることをご存じでしょうか?!

当日に、郡山市の飲食店から中継で紹介したのですが…

190206-01.jpg

全国の酒造会社が作る団体が21年前から始めた「立春朝搾り」という酒です。

春の訪れを「新酒」で祝ってほしいと、ことしは、全国45の蔵元が参加しています!

福島からは唯一、15年前から磐梯町の蔵元が参加!!

190206-02.jpg

なんといっても、このお酒の一番の魅力は…「朝搾った酒が、その日のうちに飲めること!」


これって、すごいことなんですよ!?

「しぼりたて」という酒はよく目にしますが、

それでも搾って、瓶詰めして、ラベルを貼って、出荷して…数日はかかってしまいます。

 

では、なぜ「立春朝搾り」は、その日のうちに消費者に届くのか??

秘密は2つ!

1つは、「杜氏が、その日に合わせて仕込む」から。

190206-03.JPG

杜氏の冨田眞理さんに、話を聞きました!

「一般の酒は、杜氏が酒の状態を見極めて搾る日を決めるのに、

『立春朝搾り』は、立春の朝に搾ることが決まっている。

2月4日の朝に、ちょうど飲み頃にしなければならないので、

 仕込みは、1日のズレも許されないんだよ」と言うんです。

「出産と同じ。2月4日に、赤ちゃんを産んでくれと言われるということだからね」とのこと!(笑)

 

全国新酒鑑評会に出す酒よりも緊張するとおっしゃっていました。

いや~すごい…。


2つ目は、「酒販店が“直接”取りに行く」から。

立春の当日、磐梯町の酒蔵まで私も取材に行きましたが

朝6時にもかかわらず、福島市やいわき市からも、多くの酒販店の人たちが集まっていました!

190206-04.jpg

ラベル貼りなど、出荷作業の手伝いもするんですよ!

酒販店の人たちにとっても、出荷を手伝う機会はなかなかないそうで

貴重な経験になったと話していました!


そんな貴重な酒をみんなで味わおうと、郡山市の飲食店で「立春朝搾りを楽しむ会」が開かれたんです。

10年以上前から参加している根強いファンの方もいらっしゃいました。

 

私も味見させていただきましたが、

新鮮な酒ならではの、香りの高さとフルーツのようなみずみずしい味わいと

すっきりとした飲み口が絶品でした…♪

190206-05.jpg

みなさんお世話になりました!

日本酒が大好きな私ですが、

作り手や売り手のみなさんの苦労を知って、より日本酒が大好きになりました。

 

店舗によっては、立春を過ぎても売っているらしいので、見かけたら、ぜひ手にとってみてください♪

時間がたつと、少しずつまろやかになって、また味わいが変わってきますよ!

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:18:16 | 固定リンク


ランドセル 年齢問わずに 背負える時代!? @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です。

もう2月ですね、早いですね~。


1月31日(木)の「はまなかあいづTODAY」では、

会津若松市にあるランドセル工場のショールームからお伝えしました。

 

この春入学する新1年生のランドセルの製造は、2月がピークだそうです。

この企業では、およそ50人の従業員の方々が、500に及ぶ工程を担当しています。

1.190206.jpg

2.190206.jpg

みなさん、会津の出身だそう!

若い女性が多く働いていて、笑顔で1つ1つ丁寧に作っている様子が印象的♪

穏やかでとても明るく、楽しそうな雰囲気でした!


さて、この春の新1年生に人気のランドセルの色は…?

女の子は、

①うすむらさき色(人気アニメの主人公のドレスの色と同じ)

②チョコレート色(親に人気の色、高学年になっても使える落ち着いた色)

③水色(注文のピークが夏なので、涼しい色が人気)

 

5~6年前は「10月」が注文のピークで、その頃は茶色など「秋色」が人気だったそうです。

3.190206.jpg

一方の男の子は、7~8割が黒を選ぶそうです。今も昔も変わりませんね!

ただし、今は「ヘリ」の色も選べるため、

「本体が黒で、ヘリが青」の組み合わせが人気だそうです。

4.190206.jpg

こちらのメーカーでは、

この春からのランドセルに「新たな工夫」を取り入れました。

5.190206.jpg

 

6.190206.jpg

学習指導要領の改訂を機に厚くなった、教科書や教材を入れるため「大容量化」。

ただ、教材で重くなったランドセルで、腰や肩を痛める子どもが増えており、

より体にフィットした「肩ベルト」を開発したそうです。


最後に、こんな商品も!

50~60代の女性を中心に人気のランドセルです!

7.190206.jpg

私も背負っちゃいました♪

一般的なランドセルより一回り小さく、薄くて軽かったです!

8.190206.jpg

斜めがけもできるんですよ、かわいいですよね~♪

9.190206.jpg

放送ではご紹介できませんでしたが、内側もこんなにかわいいんです!

一般的なランドセルと、同じパーツで作られているそうですよ!

10.190206.jpg

愛情込めて作られているランドセル。

ぜひ、ショールームへも足を運んでみてくださいね。

11.190206.jpg

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:12:01 | 固定リンク


冬と春 行ったり来たりが 句でわかる @五七GO!


初春といえども、寒い毎日。日々の暮らしの中にも、極寒と春めいた暖かさが見られます。

そんな「気付き」を詠んだ句が寄せられています。

依然として常連さんの安定感が目立ちますが、投稿が少ないので、初投稿大歓迎です!

 

28日(月)「この日こその2句」

s-190128575-1.jpg

おなじみ、郡山市の渡部義勝さん、タイミングばっちりでこの話題。

大相撲初場所、若元春が幕下優勝!来場所、十両昇進です!

兄弟関取の誕生、うれしいですね!イラストも迫力あります!(岩間)

s-190128575-2.jpg

いわき市の高橋さんは、いわきで見た、数年ぶりの雪景色をメルヘンチックに詠みました。

この景色を「民話」にたとえるのがモダンです。87歳とは思えません!(吾妻)

 

29日(火)「冬の厳しさを詠んだ2句」

s-190129575-1.jpg

檜枝岐村の星さんは2メートル超の積雪を。粉雪が積もって2メートルとは!

じんわりとすごさが伝わってきます。雪かき、お気を付けて!(吾妻)

s-190129575-2.jpg

いわき市の真鍋さん、昔を懐かしんで、しもやけのイラストと句。

登校後、冷えた手を、先生が温めてくれたそうです。

先生の優しさが絵から伝わってきます♪いや~しもやけはつらい!(岩間)

 

30日(水)「心躍る風景の2句」

s-190130575-1.jpg

郡山市のようこさんは、磐梯山を望む田で、エサをついばむハクチョウを。

後ろを向いている白鳥もキュートです!(岩間)

s-190130575-2.jpg

「ふくしま57GO!」のコーナーで紹介した1300句目は、いわき市の蜂吾郎さん。

地元の中学生が海岸に植樹した「クロマツ」です。

大きく育つ20年後、30歳を過ぎ、大人になって帰ってきて欲しいその気持ち、グッときます!(吾妻)

 

31日(木)「老いも若きも寒さをしのぐという2句」

s-190131575-1.jpg

南会津町の地吹雪太郎さん。寒いときは氷点下15度。部屋の暖かさで、屋根の雪が解けて「氷柱」に。

春を待つ老夫婦の姿が、氷柱の向こうに見えてきます。その姿は、穏やかにも感じます(吾妻)

s-190131575-2.jpg

須賀川市のたにさんは、子どもの通学の風景です。

低学年の子を、風雪からかばうお兄さん、お姉さん。情景が浮かんできますね~。

高学年の子、がんばれー!(岩間)

 

2月1日(金)「立春を前に 春の訪れを感じさせる2句」

s-190201575-1.jpg

郡山市のコイサンさんは、メジロのつがいとご自身夫妻を重ねます。

コイサンさんのご夫婦の仲の良さも、目に浮かびますね♪(岩間)

s-190201575-2.jpg

二本松市の官野さんは、節分の「オニは外」を「城主・丹羽公に失礼」という、地元ならではの句。

節分前の投稿で、写真に苦労したと言いますが、霞ケ城とフリー画像を使った工夫は見事です!(吾妻)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


号砲が 楽しみ?不安? 未知の世界 @吾妻謙


NHK福島放送局と福島中央テレビ(中テレ)のコラボ企画、第2弾決定!

それは、「いわきサンシャインマラソン」!!

 

きのうの「はまなかあいづTODAY」で発表いたしました。

どうコラボするのか?現在、両局で企画を進めております。

私が、郡山市の中テレに打ち合わせに行くことも!

 

はまなかあいづマラソン部(HNA42)と一緒に走る中テレアナは!

直川貴博アナウンサー。

s-190201-1.jpg

“サンシャイン”マラソンとかけたのか、

いただいたPR写真は、サンシャイン池崎ならぬ、サンシャイン直川。

ご本人と共演した際の1枚だとか。

 

中テレホームページの直川アナの趣味欄には、

「美容とファッション(自己流で追求中です)・舞台鑑賞・マラソン」と。

マラソンが趣味とは!HNA42は、かないません・・・。

 

「美容」の記入に、妙に納得する私。前回、中テレとコラボした時に撮ったこれ。

s-190201-2.jpg

だからキラキラしていたんですね~。直川アナ、どんな走りを見せるのか、注目です!

 

初挑戦は、おととし7月、二本松市の「東和ロードレース」の10キロ。

s-190201-3.jpg

猛暑の「地獄坂」で、沿道の声援がうれしかった!

s-190201-4.jpg

ゴール後の、ランナーのすがすがしい笑顔も良かったです!

その年の12月「あづま荒川クロスカントリー大会」の13キロ。

s-190201-5.jpg

周回コースで、2周目はバテバテでした~。

s-190201-6.jpg

こんなにたくさんの人が「帰ってきた」川内村。

「川内の郷かえるマラソン」の10キロを走ったのは、去年4月。

s-190201-7.jpg

ボストンマラソン優勝直後の川内優輝選手はハーフマラソンに出場。

抜き去られたとき、そのスピードに驚かされました!

 s-190201-8.jpg

ゴール後、気さくにサインに応える川内選手を背景に。

そして、前回は去年10月。距離を延ばして「鶴ヶ城ハーフマラソン」に。

s-190201-10.jpg

城下町を走るコースの沿道では、さまざまなおもてなしが。

s-190201-9.jpg

21キロ、楽しみながら頑張れました。

 

そして、今月10日の「いわきサンシャインマラソン」で、初のフルマラソンです。

これまでのレース、平均すると、1キロ6分。そのペースで行けるならば、ゴール予想は4時間12分!

「そんなにうまくはいかないよ!30キロ以降はきついぞ!!」と経験者。

 

そうなんですよね~。不安でいっぱいですよ。

マラソンは「はまる人は、はまる」と言いますが、私は、いつも走りながら後悔です。

「なんで出場しちゃったんだろう・・・きついわ~」と。

 

でも、「ゴール後に、何を感じることができるんだろう?」と楽しみでもあるんです。

未知を知る。これはやめられません!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:15:15 | 固定リンク


ページの一番上へ▲