2019年2月

雪積もり ほのかに浮かぶ 絵ろうそく @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です。

 

8日(金)の「はまなかあいづTODAY」で、

会津若松市の鶴ヶ城から「会津絵ろうそくまつり」の様子を中継しました!

1.190213.jpg

「絵ろうそく」は、500年以上の歴史を誇る、会津地方の伝統工芸品。

ことしで20回目を迎えた「会津絵ろうそくまつり」は、

この絵ろうそくを知ってもらおうと始まったものです。

 

ろうそくの明かりが白い雪に反射して、ふわ~っとした幻想的な雰囲気に包まれるわけですが…

「ことしは雪が少ない!!」と、前日まで雪の量が心配されていました。

 

しかし!当日は、朝から降り積もった雪で、例年通りの「雪の絵ろうそくまつり」となりました♪

2.190213.jpg

会場には、恒例の「あんどん」や「地上絵」が!
3.190213.jpg

4.190213.jpg

 

そして、ことし初めての取り組み!

栃木県日光市の鬼怒川温泉で毎年秋に行われている「月あかり花回廊」というイベントと連携し、

そのイベントで展示されていた「和がさ」のモニュメントです。

5.190213.jpg

ろうそくとはまた異なる趣があり、きれいですよね。

 

当日は午後2時30分過ぎに鶴ヶ城に着き、機材の後片付けなどが終わったのは午後7時30分ごろ。

5時間も外にいたので、とても寒かったです…。

カイロを2つ持っていましたが、ほとんど温かさを感じられないほどの冷え込みでした。

 

寒さのためか、スマートフォンの電源が落ちて再起動しなくなり、

記者やカメラマンと合流できないハプニングもありました。


また、今回の中継は、私にとって初めて、

「当日取材したことを、その場でコメントにまとめ、中継内容を組み立てる」経験となりました。

短い時間で取材をして、的確なコメントにまとめるのは、私にはまだまだ難しいですが、

その場の臨場感をお伝えできるような中継を目指していきたいです!

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:13:06 | 固定リンク


3連休の喜びと悲しみ.........@後藤万里子


こんにちは!キャスターの後藤万里子です。

 

この週末、うれしいニュースがありましたね(^^♪

きょうの「はまなかあいづTODAY」でお伝えしましたように、

エアレース世界選手権の第1戦で、室屋選手が見事優勝!!9戦ぶりの優勝となりました。

2019-02121.png

実は、今シーズンからルール改正が行われました。

それは、予選の1位・2位・3位には、ポイントが加算されること。

 

「予選が得意」と話していた室屋選手は言葉通り、予選を1位で通過。

決勝でも1位となり、予選とあわせて「28ポイント」を獲得しました!

2019-02122.png

さすが、室屋選手!完璧なレース展開に、私たちも大興奮しました!

 

室屋選手を取材して、3シーズン目。

最初は、エアレースのルールを覚えるところからスタートしましたが、

今、1000分の1秒を競い合い、チームで戦うエアレースの奥深さと面白さを感じています。

 

今シーズンは、9月7日(土)・8日(日)に、千葉大会が決まりましたね!

ことしも、室屋選手の活躍を皆さんに詳しくお伝えできるよう、取材していきます!

 

一方で、悲しかったことは…「いわきサンシャインマラソン」の中止。

私たち「はまなかあいづマラソン部・HNA42」は、

初めてのフルマラソンということで、トレーニングを重ねてきました。が、「雪」でまさかの結末に。

 

私たちも残念でしたが、地元の方々もいろいろなおもてなしを準備していたので、

「残念です。」という言葉が、たくさん聞かれました。

 

そのため、福島中央テレビ(中テレ)とのコラボ企画・第2弾もなくなってしまいました(T_T)

「中テレの直川アナ×はまなかあいづマラソン部」

ゴールで「悲しみ」を表現した一枚…。

2019-02123.jpg 

私たちが着ているTシャツ。前回は水色だったのですが、今回は黄色を準備していました。

というのも、「中テレカラー」を意識して!!このTシャツで走りたかったなと……。

 

ゲストランナーであるいわき市出身の「山の神」柏原竜二さんは

2019-02124.png 

ことし1月に、Jヴィレッジで行われる予定だったハーフマラソンも、

ゲストランナーとして呼ばれていましたが、雪で中止に(T_T)

「今回も」ということで、「ことし雪男です…」と(苦笑)。

 

柏原さんに「マラソンで大切なことなど」質問をしてきたので、

いつか、それを発揮できる場が来ればいいなと思います(^^♪

2019-02125.jpg

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:20:16 | 固定リンク


ランドセル 年齢問わずに 背負える時代!? @淺川理沙


こんにちは、キャスターの淺川理沙です。

もう2月ですね、早いですね~。


1月31日(木)の「はまなかあいづTODAY」では、

会津若松市にあるランドセル工場のショールームからお伝えしました。

 

この春入学する新1年生のランドセルの製造は、2月がピークだそうです。

この企業では、およそ50人の従業員の方々が、500に及ぶ工程を担当しています。

1.190206.jpg

2.190206.jpg

みなさん、会津の出身だそう!

若い女性が多く働いていて、笑顔で1つ1つ丁寧に作っている様子が印象的♪

穏やかでとても明るく、楽しそうな雰囲気でした!


さて、この春の新1年生に人気のランドセルの色は…?

女の子は、

①うすむらさき色(人気アニメの主人公のドレスの色と同じ)

②チョコレート色(親に人気の色、高学年になっても使える落ち着いた色)

③水色(注文のピークが夏なので、涼しい色が人気)

 

5~6年前は「10月」が注文のピークで、その頃は茶色など「秋色」が人気だったそうです。

3.190206.jpg

一方の男の子は、7~8割が黒を選ぶそうです。今も昔も変わりませんね!

ただし、今は「ヘリ」の色も選べるため、

「本体が黒で、ヘリが青」の組み合わせが人気だそうです。

4.190206.jpg

こちらのメーカーでは、

この春からのランドセルに「新たな工夫」を取り入れました。

5.190206.jpg

 

6.190206.jpg

学習指導要領の改訂を機に厚くなった、教科書や教材を入れるため「大容量化」。

ただ、教材で重くなったランドセルで、腰や肩を痛める子どもが増えており、

より体にフィットした「肩ベルト」を開発したそうです。


最後に、こんな商品も!

50~60代の女性を中心に人気のランドセルです!

7.190206.jpg

私も背負っちゃいました♪

一般的なランドセルより一回り小さく、薄くて軽かったです!

8.190206.jpg

斜めがけもできるんですよ、かわいいですよね~♪

9.190206.jpg

放送ではご紹介できませんでしたが、内側もこんなにかわいいんです!

一般的なランドセルと、同じパーツで作られているそうですよ!

10.190206.jpg

愛情込めて作られているランドセル。

ぜひ、ショールームへも足を運んでみてくださいね。

11.190206.jpg

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:12:01 | 固定リンク


ページの一番上へ▲