2018年12月14日

山に雪 ハクチョウ 星空 やきつけて @吾妻謙


福島にも、本格的な冬到来!

大好きな風景の一つが、こちら。

s-181214-1.jpg

吾妻小富士の雪化粧です。

毎朝見上げる小富士は、1年を通して、美しい姿を見せてくれますが、

じょじょに白くなっていく今と、春、残雪がウサギの形に見える頃が最高です。

 

そして、福島ならではの、こんな景色もお気に入り。

s-181214-2.jpg

会津若松市の背炙山(せあぶりやま)を背にした田んぼ。そこの白い点々は…。

拡大すると。

s-181214-3.jpg

s-181214-4.jpg

ハクチョウが、エサをついばんでいます。

例年、この時期の刈田は、雪をかぶっていますが、

今シーズン、もうしばらくは、ハクチョウたちもエサにありつけそうです。

 

もう一つ、大好きなのが星空。特に、吾妻山の浄土平で見上げる星はたまりません!

s-181214-5.jpg

この写真は、2006年8月31日。

現在は、田村市の星の村天文台長の大野裕明さんに撮影してもらいました。

夏の大三角形もくっきり。露出を開放した一眼レフカメラと、

 

コンパクトカメラのフラッシュを使って撮っていたような...。

抱っこしているのは、うちの双子。

s-181214-6.jpg

そういえば、12月13日は「双子の日」。

明治7年、双子のうち、先に生まれた方を「兄・姉」にするという法令が出された日だそうです。

わが家は、姉弟になりますが、そんな感覚は、家族には一切ありません。

 

役所や職場に、家族の届けを出しますが、生年月日を記入すると、

ほとんどの場合、息子の方が上段に記載されます。

生年月日以外では何で並べるのでしょう?

「男女」なのか、「名前のあいうえお順」なのか?

 

ちなみに、わが家には双子の2年下に息子がいますが、彼も含めて、兄弟関係は三つ子のよう。

s-181214-7.jpg

お姉ちゃん、お兄ちゃんという呼称を使うことは一切なく、

名前で呼び合っております。

 

話はそれましたが、今夜は「ふたご座流星群」がピークを迎えます。

昨夜の福島市は雲が出ていて、星を見ることができませんでした。

今夜はどうでしょうか?福島市は、雲の切れ間から見えればラッキーってな感じです。

浜通りのいわき市や、中通りでも南部の白河市では晴れるそうですから、チャンスです。

 

昨夜のソーシャルメディアなどでは「双子の日に双子座流星群が観られるって、

めっちゃロマン感じる」と盛り上がっていたそうなので、

今夜は私も双子(と末っ子)を思いながら流星群を見たいなぁ。

 

さらに流星が見たい理由があるんです。それがこちら!

s-181214-8.jpg

スマホのアプリで、星空をきれいに写せるものを見つけたんです。

これで流れ星が撮れるのか?使ってみたいんです~。

この写真は、先月のしし座流星群の夜。撮れていません・・・。

ま、美しい風景は写真に残したいですが、まずは瞼に、脳裏に、心にやきつけたい!!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:19:35 | 固定リンク


ページの一番上へ▲