2018年11月

体験に 勝るものなし 何事も @吾妻謙


27日(火)、東京オリンピック・パラリンピックを記念する硬貨の交換が始まりました。

それがこちら。

s-181130-1.jpg

100円硬貨。記念ものが好きな私、銀行に走りました。

オリンピックはフェンシングが、そして、パラリンピックはボッチャが描かれています。

s-181130-2.jpg

s-181130-3.jpg

ボッチャといえば!

あす(12/1)とあさって、福島市国体記念体育館で、日本ボッチャ選手権大会が開かれます!

国内最高峰の大会で、2020年のパラリンピック出場に向けての大事な一戦です。

 

それを前に、メディア向けの体験会がきょう行われ、参加してきました。

s-181130-4.jpg

指導してくださったのは、福島市出身の村上光輝さん。

s-181130-5.jpg

リオデジャネイロ・パラリンピックで、日本チームを銀メダルに導いたヘッドコーチで、

現在は、日本ボッチャ協会・強化指導部長です。こんな機会、なかなかありません。

 

東京パラリンピックに向け、

NHKの番組で、さまざまな情報を発信しているリポーターの千葉絵里菜さんも、車いすで参加。

s-181130-6.jpg

一緒に体験しました。「これまでも、ボッチャは何回かやったことがある」という千葉さん。

豪快に、上からボールを投じましたが、まっすぐ飛びませんでした。

村上さんによると、ポイントはここ。車いすの前輪の向きだそうです。

s-181130-7.jpg

投げる反動で、車輪の方向に身体がぶれるため、思った方向に行かないんだとか。

まったく気づきもしませんでした。千葉さんは「いまは投げ方を研究中」だそうで、

次回、機会があれば、その研究の成果を見せてもらえればと思います。

 

ボッチャのルールは、極めて簡単。

s-181130-8.jpg

赤と青に別れて、ボールを白いボールに向かって投げ、近い方が勝ちです。この写真では、青の勝ち。

私は、というと・・・

s-181130-9.jpg

真剣に取り組みますが、らしいのは見た目だけでした・・・。

上級者になると、硬さや表面の素材が違うボールを使い分けるほどの繊細な戦いになるんです。

s-181130-10.jpg

滑りやすかったり、転がりやすかったりと、作戦や床との相性を考えて選びます。

いや~、体験してみて、ボッチャの見方がガラリと変わりました。これは、面白いです。

大会会場では、体験コーナーもあります。ぜひ、やってみてください!!

 

やってみるなり、見るなり、自分で体感して、さらに感動が大きくなったものを、もう1つ。

磐梯町の慧日寺跡に行きました。

s-181130-11.jpg

会津の仏教文化発祥の地と伝わります。

この金堂は、10年前に復元されました。その時に訪ねた写真がこれ。

s-181130-12.jpg

2008年10月13日。末っ子が1歳になったばかりの時でした。今は小学5年生。

この10年間に、中門も復元され

s-181130-13.jpg

金堂の中には、ことし、薬師如来坐像が展示されました。

s-181130-14.jpg

それまでは等身大の写真が飾られていましたが、やはり、立体は違います。

東京藝大・大学院の方たちによって、精巧につくられたその像は、

金箔を貼ったあと、経年劣化したように見える加工が施されました。

s-181130-15.jpg

時の流れを感じながら、しみじみ眺めました。

磐梯山慧日寺資料館は、きょうで冬の閉館期間に。再開は4月です。

行きたい!と思った方は、暖かくなるころ、お出かけください!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:22:11 | 固定リンク


手づくりで もっと身近な 病院に @平川沙英


こんにちは。

しょうゆを買わなきゃ・・・と思いつつ、2日連続で忘れてしまい、

とうとう、家のしょうゆが切れてしまいました。

「きょうこそは、買って帰ろう!」と、デスクにでかでかとメモを貼り付けている

キャスター平川です。

 

24日(土)、いわき市に来月開院する、「いわき市医療センター」に取材に行ってきました。

1129-1.jpg

この日は、内覧会が行われていたんです!

1129-2.jpg

中でも注目すべきは、この、木のパネル。

実はこれ、地元の親子と職員が手作りしたものなんです!

1129-3.jpg

こちらは、ことし3月に行われたワークショップの様子。

1129-4.jpg

「いのち」「そら」「あお」「みどり」をテーマに

思い思いの色を塗っていきます。

1129-5.jpg

完成したパネルは・・・

1129-6.jpg

このように、エレベーターホールや。

1129-7.jpg

デザインを読み取り、病室番号の上などにも活用されています。

想像以上にあらゆる場所に使用されていて、びっくり!

内覧会では、自分の作品を探す親子もたくさんいました(*^^*)

 

病院って、子どもの頃は行くのがイヤでイヤで。

そんな子どもたちも、自分で作ったものが飾ってあると、

少しは身近に感じてもらえるのかなと思いました。

病院は、来月25日(火)に開院する予定です!


さて、先日、埼玉西武ライオンズの優勝パレードを見に行ってきました。

1129-8.JPG

人!人!人!!いや~、優勝するってすごい!

松井稼頭央選手の引退セレモニーでは、涙涙。

浅村選手の背中を見ながらも、涙。

野球には、ドラマがありますね。それぞれの道での活躍、これからも応援したいです。

 

ちなみに、今週のBS1「球辞苑」のテーマは、「三盗」。

「盗塁」ではなく「三盗」ですからね。

これで50分持つのか・・・と思いますが、持ってしまうのが「球辞苑」。

楽しみにしたいと思います。

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:13:17 | 固定リンク


小名浜で 海のきらめきに 癒されて♪ @淺川理沙


こんにちは!キャスターの淺川理沙です。

福島市から、車で片道3時間。

先日、いわき市小名浜に初めて行ってきました♪


以前ニュースでお伝えした「蛇の目ビーチ」も、

1.181128.jpg

「大漁旗アート」も、やっと実際に見ることができました!

2.181128.jpg

「アクアマリンふくしま」は想像以上に大きく、3時間かけてゆっくり見ました。

館内は、光が差し込んでいて明るく、とても癒される時間でした♪

3.181128.jpg

4.181128.jpg

5.181128.jpg

45分間のバックヤードツアーにも参加!

ふだん見られない、水族館の裏側だけでなく、

東日本大震災で地盤沈下したブロック塀も見ました。

6.181128.jpg

(奥にある左側のブロック塀が右側より下がっています。)


昼ごはんは「いわき・ら・ら・ミュウ」で海鮮丼!

7.181128.jpg

8.181128.jpg

小名浜の海は、とてもキラキラしていて温暖で、

どことなく、地元の千葉県の海と雰囲気が似ていました♪

9.181128.jpg

先週は、奥会津の山々の深さに圧倒されましたが、

改めて福島県は広くて、さまざまな表情のある地域だと感じました。

いつか、取材でもいわき市を再訪できたらいいなと思っています。

10.181128.jpg

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:13:16 | 固定リンク


一番早い春「春の高校バレー」 @後藤万里子


こんにちは。キャスターの後藤万里子です。

きのう、「はまなかあいづTODAY」の「月曜スポーツの」コーナーで、

先週に引き続き、高校バレーの全国大会「春高」をかけた

福島県のバレーボールで“一番熱い”一日について、放送しました。

 

体育館に響くボールの音。

「高校生たちの声がいいな、なつかしいな」と思いました(^^♪

 

先週は、女子で優勝した郡山女子大付属高校のエース・目黒選手を

ブログで紹介しましたので、きょうは男子!!

 

男子で優勝した福島商業は、

レギュラーのうち、4人が1年生という、若く勢いのあるチームです。

 

実は彼ら、小学6年生の時、同じスポーツ少年団に所属していて、全国大会で準優勝!

そんな彼らは、とても仲良く、コンビネーションが抜群でした!

コートで見せるコンビバレー、すごくかっこいい!!

 

ですが、コートを出ると、あどけなさが残る高校1年生。

お互い「こいつは、昔から泣き虫だよ」と冗談を言い合うなど、本当に楽しそうでした(*^-^*)

 

福島商業おめでとう!!

「春高」で、福島県勢の男子はここ5年間、1回戦敗退です。

あこがれの「オレンジコート」で、楽しんでバレーボールをやってきてほしいと思います。

目指せベスト16!

112701.jpg

 

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:18:53 | 固定リンク


いい夫婦 感謝の気持ちを 花と詩に @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

11月は、語呂合わせで「いい○○の日」というのが多いんですよね。

 

きょうは、日本浴用剤工業会が定めた「いい風呂(26)の日」だそうです。

お気に入りの入浴剤を入れて、ゆっくり湯船につかろうかな~!


ということで、先週22日(木)は「いい夫婦(22)の日」!

まずは、感謝の気持ちを花に込めた男性から。

福島市公設地方卸売市場で行われた、

男性限定のフラワーアレンジメント教室を取材してきました。

1126-01.jpg

ふだん、早朝から市場で働く男性のみなさんが参加です。

「毎日朝早くから仕事なので、夫婦でゆっくりする時間をあまりとれず

 妻には、我慢ばかりさせているんです…」

と話してくださったのは、市場食堂で働く佐藤さん。

1126-02.jpg

「日ごろの感謝の気持ちを伝えるために、

帰ったらリビングに置いておいて驚かせます。サプライズ!」

とのことでしたが、奥さまはどんな反応だったのでしょうか?

 

男性からの贈り物もとてもステキですが、

この日をきっかけに、お互い、日ごろ言えない「感謝の気持ち」を伝え合えるのがいいですね♪

 

そして、妻への思いを詩に込めたのが…彫刻家で詩人の高村光太郎です。

週末、私にとっての「いい夫婦」である、高村光太郎の妻・智恵子の生家に行ってきました!

1126-03.jpeg

2年に1度の現代アートの祭典・福島ビエンナーレが開催中で、

切り絵アーティスト、福井利左さんの作品も展示されていました!

(詳しくは、先週の吾妻アナウンサーのブログをご覧ください!)


晩年、たくさんの紙絵作品を制作した智恵子の家で、

現代の切り絵アーティストや地元の子どもたちが作品を展示する…

智恵子の思いが受け継がれているような、あたたかい気持ちになりました。

1126-04.jpeg

1126-05.jpeg

智恵子記念館も見てまわりましたが、

光太郎が智恵子に送った詩の数々を見て…

智恵子が亡くなってもずっと愛し続けていたのだなと。

時代に流されず、お互いを必要としあって生きていた2人が、改めてすてきだなと。

 

いろいろな解釈の仕方がありますが、いま改めて智恵子抄を読み返したいです。

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:18:27 | 固定リンク


見て!見て!が 初投稿の モチベーション @五七GO!


今週は、初投稿の方の紹介が3人!

皆さん、珍しいシーンを写真に撮って、より多くの方に見て欲しいと一念発起、投稿してくださいました。

ありがとうございます!!

19日(月)「火と葉の赤!の2句」

s-181119575-1.jpg

須賀川市の花水木さんは、須賀川牡丹園の恒例行事、牡丹焚火で1句。

寒い夜で、ボタンの供養を忘れ、焚き火で暖をとり「あったか~い」と。

すかさず、係の人に「そういう行事ではございません」と。

「牡丹焚火」は、俳句の季語にもなっていて、隣では本格的な句会も開催中。

まさに「五七GO!」的発想で、採用です!!(吾妻)

s-181119575-2.jpg

葉の赤は、福島市の加藤さん。初投稿です!

モミジと夏井川の水面に反射する陽光の競演を送ってくれました!

紅葉の赤と波がキラキラ光る様子が、とてもきれいです♪(岩間)

 

20日(火)「不思議な空の青と赤の2句」

s-181120575-1.jpg

福島市の尾形さんは、青空に浮かぶ、珍しいドーナツ雲を写真に撮り、

多くの人に見て欲しいと、五七GO!に初投稿です。

10分くらいで風に流されたと。貴重な一瞬を共有できて、うれしいです!(吾妻)

s-181120575-2.jpg

真っ赤な夕焼けは郡山市の朽木さん。「雲がきれいに焼けた30秒のドラマ」と。

美しい景色を切り取るのは一瞬!まさにタイミングですね!(岩間)

 

21日(水)「花に寄せる思いの2句」

s-181121575-1.jpg

会津若松市の泉さんも初投稿!季節外れに咲くシバザクラです。

これを見て、シバザクラが「春なのね?」と困惑している風に詠んだのがいいですね!(吾妻)

この時期赤いのは、紅葉だけじゃない!?可憐に咲く芝桜が、かわいいです♪ (岩間)

s-181121575-2.jpg

皇帝ダリアは、いわき市の大和田さん。1年半ぶりのご紹介。

初めて、写真を付けての投稿です。

震災前に住んでいた楢葉町の自宅の庭から株分けした皇帝ダリアが3メートルにもなりました。

毎年咲くたびに、帰れないふるさとを思います。

もちろん、写真なしでも採用はあります。でも、ステキな写真も見たいです!(吾妻)

 

22日(木)「やっぱりタイミング!の2句」

s-181122575-1.jpg

「いい夫婦の日」にあわせての投稿は、郡山市のこまめちゃんさん、77歳。結婚52年。

手をつなぐそのイラストに、グッときました!いつまでも仲良く元気で!(吾妻)

s-181122575-2.jpg

「智恵子の生家」は近所だという野里さん。お孫さんと福井利佐さんの展覧会にでかけて1句。

この視線の先には、地元、油井小学校の児童が作った「福助」の切り絵がズラリと並んでいます。

この日にリポートしました。そのタイミングで採用。

「はまなかあいづTODAY」の番組全体の一体感も考えての採用です!!(吾妻)

みなさんは、何に冬の訪れを感じますか?その「気づき」を17文字でお寄せください!

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:11:00 | 固定リンク


紙に刃を 入れると 命 動き出す @吾妻謙


きょうの主役は、この方!

s-181122-1.jpg

 切り絵アーティストの福井利佐さん。「智恵子の生家」で現在、個展を開いています。

s-181122-2.jpg

これは「七人猩々」という作品。繊細にして、この迫力!

神棚に飾られているのも、福井さんの作品です。

s-181122-3.jpg

s-181122-4.jpg

おめでたい富士山に鯛、さらに、杉玉の中に安達太良山と阿武隈川、日本酒にチドリ、レモンと

智恵子にちなんだ図柄が並びます。

実はこれ、「オカザリ」と呼ばれる、山岳信仰の寺社に伝わるものなんだそう。

福井さんは、福島県に唯一伝承されているといわれる、二本松市の養泉院を見つけて訪ねました。

s-181122-5.jpg

600年以上続く山岳信仰の寺院で、オカザリの由来を聞きました。

s-181122-6.jpg

左が34代目の菅野芳信さん、94歳。

お正月に家々を回り、お札を渡して、その場でオカザリを切っていたそうです。

一度に何枚もできるように紙を重ね、二つ折りにして切ります。

その力は、かなりのもので 

s-181122-7.jpg

指が変形してしまいました。

35代、栄宣さんは車イスで、なかなか外には行けないので、自宅で切っています。

s-181122-8.jpg

s-181122-9.jpg

こうして、オカザリは守られてきたのです。

福井さんは、地元でもほとんど知る人がいなくなったと聞き、子どもたちに伝えようと、

切り絵の体験会を開きました。

s-181122-10.jpg

その中で、智恵子の後輩にあたる油井小の児童の作品が、生家に展示されています。 

s-181122-11.jpg

s-181122-12.jpg

養泉院に伝わる福助の図柄。表情や裃は、各自オリジナルのデザインで切りました。

これには、福井さんも舌を巻き「自分も、自由な発想で作っていいんだって思えた」と話します。

みな、夢中になって、黙々と刃を進めていました。と、気が付けば…

s-181122-13.jpg

「吾妻さんもいかがです?」の誘いに、何のためらいもなく参加。

アーティスト直々の指導に感動!こんなに切り絵が楽しいなんて、知りませんでした!

時間内に終わるはずもなく、持ち帰って、家で一人、仕上げてみました。

s-181122-14.jpg

家紋と、吾妻の「吾」、さらに大好きなサクラをデザインしました。

見て知って、やって深める、切り絵の美!

二本松市の「智恵子の生家」での福井利佐展は、今月27日(火)までです。

 

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:11:00 | 固定リンク


願い事 寒さで忘れて 後悔し @平川沙英


こんにちは。

最近「ピザ作り」にハマっている、キャスター平川です。

生地から作ってるんですけど、こうなると「ピザ釜」が欲しくなります(笑)


さて、先週土曜日。田村市に行ってきました!

まずは、こちら。

1122-1.jpeg

あぶくま洞です。

鍾乳洞って、夏に行って「涼しい~~」というイメージでしたが、

この時期の鍾乳洞は、暖かく感じられて、新鮮でした(^^♪

1122-2.jpg

ところどころ、ライトアップもされていて、とってもきれいでしたよ。

1122-3.jpg

こんな写真も撮りました!

食べている感じ・・・に見えますか?(笑)

 

そして、この日は「しし座流星群」がピークということで、星の村天文台へ(^^)/

1122-4.jpg

望遠鏡を必死にのぞいている私。視線の先には、、、

1122-5.jpg

月!!!

スマートフォンをあてて撮影しました。クレーターがくっきりと映っています!

 

これを白黒加工すると。

1122-6.jpg

これもこれで雰囲気が出て、気に入っています。

 

その後、流れ星が見たいという気持ちだけで、

1時間半ほど、寒空の下で、必死に耐え続けた結果・・・・

2つ、流れ星を見ることができました~~(*^^*)

寒さも吹き飛びます!!

 

家を出る前は「何をお願いしようかな~」なんて、必死に考えていたのですが、

実際は、寒すぎて「流れ星が見たい」というお願いをしました(笑)

 

天文台の方によると、12月の「ふたご座流星群」の方が、多く見られるとのこと!

寒いけど、頑張ろうかな~・・・。

ではでは、みなさん朝晩冷えますので、体調にはお気を付けくださいね。

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:15:35 | 固定リンク


はじめまして!@安藤結衣


はじめまして!

(遅い!と思われたみなさん、その通りです!申し訳ありません!)

今年NHKに入局して、6月から福島放送局で働いています、

新人アナウンサーの安藤結衣(あんどう・ゆい)です。

1118andou1.jpg

(4月2日 NHKホールでの入局式で。大好きなどーもくんと!) 

 

福島県民になって、もうすぐ半年が経とうとしています。

 

福島の桃がおいしくて岐阜の実家に何箱も送ったり、朝から行列に並んで喜多方ラーメンを食べたり、県外の友達を呼んで県内の観光スポットを案内したり。鶴ヶ城や猪苗代湖はもう5回くらい行きました(笑)。

福島のおいしい食べ物を食べ、休日には観光地に遊びに行き、福島での生活を思いっきり満喫しています!

photo112103.jpg

 (福島放送局に配属された同期と。鶴ヶ城で会津の歴史に触れました)

 

1118andou5.jpg

(ソースかつ丼。お肉はもちろん、ソースがからんだキャベツが美味でした!)

 

 

1118andou6.jpg

(毘沙門沼の紅葉。様々な色のコントラストにビックリ!)

 

仕事では、朝、昼、夜のニュースを担当したり、中継やリポート制作をしたりしています。

初めてニュース読みを担当した時は緊張しすぎて、原稿を読むことに一生懸命でしたが、最近は少しずつ、カメラの向こうに取材やプライベートで出会ったみなさんのことを思い浮かべながら読めるようになってきました。

 

これまでの中継やリポートの取材では、いろいろな方にお世話になりました。

いわきのアマチュアトップサーファー、北塩原村のじゅんさい農家のみなさん、ランバイクに励む幼稚園児の子供たち、南相馬の縫製業界のみなさん…(今までしてきた取材の話は、追って更新できればと思っています)。

1118andou7.png

(7月。全国で活躍する福島のサーファーを紹介。波に向き合う気持ちを聞きました)

 

1118andou8.jpg

(8月のランバイク中継。想像以上のスピード!子どもたちの懸命な姿を伝えました)

 

これからももっとたくさんの人に会って、いろんな話を聞かせていただきたいです。

 

そして先週の中継でご協力いただいたのは、こちらのみなさん!

1118andou9.jpg

福島高専ロボット技術研究会の皆さんです。

今月4日の高専ロボコンの東北大会で準優勝し、6年連続で全国大会出場を決めました!

中継では、ロボットのすご~い技を披露していただきました!

今度の日曜、25日の全国大会には、私もリポーターとして参加します。

大会の模様はBS1やインターネットで生放送されます。

 

放送予定は、

・生放送:BS1 11月25日(日) 午後4時00分~午後6時00分

・収録版:NHK総合12月24日(月・休) 午前10時05分~午前10時59分

・ライブストリーミング・11月25日(日)

第1部 正午~午後4時00分

第2部 午後6時00分~午後6時45分ごろ   です。

 

一緒に福島高専を応援しましょう!

 

あらためて福島の皆さん、これからよろしくお願いいたします!

投稿者:安藤 結衣 | 投稿時間:18:27 | 固定リンク


昭和村 奥会津の雰囲気 大好きです♪ @淺川理沙


こんにちは!

キャスターの淺川理沙です。


きのう、昭和村に取材に行ってきました♪

NHK福島放送局から、車で片道2時間半です。

奥会津は、8月に、南郷トマトの中継で南会津町に行って以来、2回目でした!

1.181121.jpg

まず、行ったのは「からむし工芸博物館」

昭和村と言えば「からむし織」ですよね~。

2.181121.jpg

興味深かったのは、産地の気候によって、からむしの繊維に違いが出る点。

実際に触ると、昭和村のものは、他の産地より乾いていて、さらさらしていました。

3.181121.jpg

機織り機も展示されていて、からむし織の歴史や詳細を分かりやすく学べましたよ。

4.181121.jpg

次に訪れたのは「喰丸小」です!

「はまなかあいづTODAY」でも、何度か放送されていましたね。

5.181121.jpg

昭和55年に廃校となった小学校の

築80年の木造校舎を改修し、地域の交流拠点として、ことしオープンした施設です。

小学校だった面影が、随所にありました。

6.181121.jpg

でも、残念ながら、休館日で中に入れませんでした…泣


昼ごはんは、昭和村の野菜を使った天ぷら定食と、昭和村の名物「凍み草餅」を食べました♪

特に凍み草餅は、表面がカリッとしていて、とてもおいしかったです♪

7.181121.jpg

8.181121.jpg

と、昭和村を巡りましたが、

今回、取材するのは、からむし織でも、喰丸小でも、凍み草餅でもありません!

 

昭和村の何をお伝えするのかは、来月14日(金)放送予定

「はまなかあいづTODAY」の「ココに福あり~fMAP~」を楽しみにしててくださいね♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:13:15 | 固定リンク


福島が 寒くなるほど うまみ増す @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

気がつくと、冬の足音がだんだんと近づいてきていますね…。

毎朝、布団から出るのが本当につらいです…。

 

ということで、福島の冬といえば、桧原湖のワカサギ釣り!!

解禁されて、すぐに行ってきました!

 

実は、私、初めてのワカサギ釣りだったんです。

桧原湖のワカサギ釣りは、ポイントに浮かぶドーム船に乗って、楽しめます!

1120-001.jpeg

しかも、ドーム船の中には「ストーブ」があって、暖をとりながら、釣りができる…!

1120-002.jpeg

雪の中、氷に穴をあけて釣るのも憧れますが

初心者の私、まずはドーム船で挑戦です!!

 

これまで、相馬の海でカレイや沼沢湖でヒメマスなどを釣ってきましたが…

ワカサギ、難しい!!

1120-003.jpeg

かすかなあたりを感じられるように集中しますが…まったく分からない!

もう、笑うしかありません…(笑)

1120-004.jpeg 

結局、この日は、2時間で1匹!

1120-005.jpeg

ワカサギ釣りを教えてくれた貸しボート屋さんによると

「きょうは、風も強くて波もあるし、水温が高いから

 ワカサギが、あまりいなかったのかもしれない」とのこと。

私の釣りの腕が、原因ではないようです…!(笑)


そのあとは、釣れた1匹と、

冷凍保存してあったワカサギたちを、から揚げにしていただきました。

1120-006.jpeg

桧原湖のワカサギ、おいしいー!

全然苦みがなく、むしろ甘さも感じるような…絶品でした!

釣りたては、さらにおいしかったー!

 

初めてのワカサギ釣り、とっても楽しかったのですが

さすがに1匹は悔しいので、結氷したころのリベンジを誓いました!!!

(コツがあれば、教えてください!)


そしてそして、本格的な冬になる前に味わいたいのは“りんご”!

フルーツライン沿いにある直売所に行ってきました!

1120-007.jpeg

去年、冷夏の影響の取材でお世話になった紺野淳さんです。

そのときは、梨がおいしい季節。

今回はりんご…と思ったのですが。

1120-008.jpeg

吾妻山の噴火警戒レベルが引き上げられ、

売り上げが激減するなどの影響が出ているというのです!

去年の同じ時期と比べて、10分の1ほどにまで落ち込んでいるとか…

 

しかし、ことしは、りんごの出来がよく、

夏の猛暑の影響で糖度が例年よりも4度~5度ほど高い、17度や18度のものもあるといいます。

みずみずしさと優しい甘さが口に広がり、とってもおいしかったです!!!

 

来月中ごろまで販売しているということなので、

ぜひ、みなさんも紺野さんのりんご、食べてみてください!!

 

そして、これからどんどん寒くなって、温泉にはいい季節ですから

高湯温泉、土湯温泉にも、どんどん遊びに行きたいなと思いました♪

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:19:23 | 固定リンク


あこがれの舞台へ。 @後藤万里子


こんにちは。キャスターの後藤万里子です。

毎年、この時期は、

高校の各部活動で、三年生にとって、最後の全国大会をかけた試合が行われます。

 

きのう、「はまなかあいづTODAY」の「月曜スポーツ」のコーナーでお伝えしたのが、

高校バレーボールの話題。

 

全日本バレーボール高等学校選手権大会、通称「春高」。

今週末、「春高」をかけた、福島県代表決定戦が行われます!!

 

私も、高校時代、この大会に出場した一人です(*^-^*)!

キャプテンで、ポジションはセッター。

準決勝で3セットの激闘の末敗れ、悔し涙を流したこと、今でも覚えています。

 

青春をバレーボールにかけてきた多くの高校生がいる中で、

私が今回注目した選手が、こちら。 

1120-01.png

郡山女子大学付属高校、通称「郡女」の攻撃の要、目黒愛梨選手です。

目黒選手は、三姉妹の末っ子。

姉二人が「春高」に出場しており、その背中を追いかけ、「春高」を目指しています。

 

私も、一番上のお姉さんとは中学、高校と試合をしたことがありますが、

すごくキレのあるスパイクを打つ選手だったことを覚えています。

 

目黒選手の武器が、片足で踏み切る「ワンレック」という技。

1120-02.png.

両足踏切だと、真上にしか踏み切れませんが、

片足で踏み切ることで、横に移動しながらスパイクを打つことができるので、

幅広い攻撃をすることができるんです。

 

「郡女」の、平日の練習時間は2時間ほど。

強豪校にしては、短い練習です。

 

ですが、練習中は、全員が声を出して盛り上げ、

一人一人が「勝つためには、どうしたらいいか」と考えながら

プレーしているように見えました。

1120-03.png

やっぱり、部活動は青春!

「胸が熱くなるものがあるな」と改めて感じました。

 

来週の「月曜スポーツ」のコーナーでは、

今週末に行われる、男女の高校バレーボールの試合結果をお伝えする予定です(^^♪

ぜひご覧ください!

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:17:19 | 固定リンク


句づくりの 秋の行楽 あとわずか @五七GO!


落ち葉が舞い、急に寒くなってきました。気持ちの良い秋の行楽シーズンもそろそろ終わりです。投稿句からも冬の気配が・・・。季節の移ろい、ご投稿ください!

 

12日(月)「秋を彩る植物の2句」

s-181112575-1.jpg

白河市の白河なん子さんは、自宅の軒先の吊るし柿を鮮やかな色で描きました。干し柿が大好きだというお孫さんに、はやく食べさせてあげたいと話していました!(平川)

県内各地、住宅のベランダでも吊るし柿見かけますよね。私も好きな風景です。(吾妻)

s-181112575-2.jpg

いわき市の佐藤さんは真っ赤なハナナスです。トマトにも見えるハナナスは観賞用だそう。来年は苗をもらって育てるそうです。楽しみですね♪(平川)

 

13日(火)「是非見て!と送られてきた写真の2句」

s-181113575-1.jpg

福島市のしばちゃんさんは吾妻総合運動公園のもみじです。イチョウばかりに目が行く中、しばちゃんさんは真っ赤なもみじの写真を送ってくれました!こちらもきれいです!!(平川)

s-181113575-2.jpg

福島市の大ちゃんばあばさんは初投稿!ハート型の赤い実を見て欲しくて慣れないスマホで送ってくれました!

紹介した日がたまたま72歳の誕生日でとても喜んでくださいました!私もうれしいです!おめでとうございます!(吾妻)

 

14日(水)「自然が作る美しさを見事にとらえた写真の2句」

s-181114575-1.jpg

二本松市の菅野さん、クモの巣と霧の雫の造形です!

本当に真珠のネックレスに見えますね。後ろがほんのり赤いのはドウダンツツジの紅葉している葉。季節感もありますね~。(平川)

s-181114575-2.jpg

伊達市のミキさんは、秋の夕空の雲を罫線に見立てました。

「気付いたときはもっときれいでしたが」と話しますが、十分きれいです!(吾妻)

 

15日(木)「秋の定番と、これが秋?の写真の2句」

s-181115575-1.jpg

いわき市の高橋さんは、喜多方市の新宮熊野神社の大イチョウを見に行きました。

初めてみた大イチョウの迫力に感動しましたと話していました。(平川)

s-181115575-2.jpg

喜多方市の髙田のバアバアーさんは、庭のプランターのイチゴが、今頃赤くなり、多くの人に見てもらおうと写真を撮って投稿してくれました。

句を作るのに苦戦して「五七五」でなく「六八六」になりましたが気持ちは伝わっていますよ!(吾妻)

 

16日(金)「秋から冬への2句」

s-181116575-1.jpg

会津若松市のアップルパイさんは鶴ヶ城の落ち葉を。黄枯茶飯と重ねてイメージしたそうです。“黄枯茶色”素敵な表現ですよね! (吾妻)

s-181116575-2.jpg

伊達市のミキさん、今週2回目のご紹介は見事なタイミングでの投稿!

福島市でも初霜が観測されたこの日のまさに霜の写真に生活感あふれる句をつけました。

「タイミングが大事」の実践例です。ありがとうございます!(吾妻)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


秋深し アートとワインを 味わう日 @吾妻謙


フランスのワイン、ボージョレヌーボーが、「11月第3木曜日」の16日解禁。

福島市の駅前では、水曜日の晩からワインイベントが開かれ、

s-181116-1.jpg

多くの方が、県産ワインも含めたたくさんのワインを飲み比べながら、

s-181116-2.jpg

午前0時のボージョレヌーボーでの乾杯を待っていました。

そういえば、私が20歳になった頃は、大変なボージョレブームで、

多くの店が、深夜0時の解禁と同時に提供し、満員のお客さんが乾杯していました。

そして「今年のぶどうの出来は・・・」なんて語っていたものです。

あれから早30年・・・。

ワインの好みは、フルボディの重~いので「湿った土の香り」といった感じのものとなり、

ボージョレヌーボーとは正反対。

しかも、出来の良かった年のワインを選んで飲めるような大人にはなっておりません・・・。

しかし

s-181116-3.jpg

家でカンパ~イ。年1回の恒例行事です。

 

さて、二本松市を中心に開催されている現代美術の展覧会「福島ビエンナーレ」も大詰めです。

10日(土)に、こんなアート表現がありました。

アート像「サン・チャイルド」

s-181116-4.jpg

現代美術家ヤノベケンジさんが2011年に福島の復興の願いを込めて制作しました。

それが福島市に寄贈され、ことし8月に市の施設前に設置されましたが、「原発事故の後、福島市で防護服が必要だったと誤解を招く」などと批判の声があがり、1か月あまりで撤去されました。それが。

s-181116-5.jpg

小さなサン・チャイルドの登場。

s-181116-6.jpg

美術家、若木くるみさんの「福島ビエンナーレ」出展作品です。若木さんは「サン・チャイルドが撤去されてさみしく、憤りも感じた。またこの問題を考えるきっかけになれば」と、これを思いつきました。後頭部の髪をそり、

s-181116-7.jpg

合わせ鏡で自ら絵を描きます。

s-181116-8.jpg

この独特の手法で、2009年の岡本太郎賞を受賞した気鋭のアーティストです。

s-181116-9.jpg

若木くるみ「面」写真提供:川崎市岡本太郎美術館

今回の作品は、サン・チャイルドになりきるだけではありません。

この格好のまま、福島駅前から二本松駅まで22キロを走るのです。その名も「福島・ラン・アート」

s-181116-10.jpg

その走るスピードとスタミナに驚かされました!

なんと、若木さんランナーとしても過酷なレースへの参加歴が豊富なんです。例えば台湾の「環花東超級マラソン」で333キロを走り女子優勝を飾ったり、ギリシャの「スパルタスロン」で246キロを走って世界女子9位になったりと、驚きです。

s-181116-11.jpg

そんな若木さん、福島の自然を満喫しつつ、仮設住宅を目の当たりにしたりして二本松まで走り切りました。アートと社会の関りを考えたそうです。

この果敢な表現に刺激を受けました。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:48 | 固定リンク


住民の 会話で作る 村の未来 @平川沙英


こんばんは。

朝晩の寒さが厳しくなっていましたね。

冬本番に向けて体調をしっかり整えたい、キャスター平川です。

 

球辞苑、みなさんご覧になりました??

「悪球打ち」興味深かった~。

いや、興味深くないテーマは、これまでないんですけどね(笑)

 

“ストライクゾーンがストライクじゃない”思わずうなりました。

たしかに、ボールでも、それをヒットにできる技術があれば、

それはストライクなのでは?と思いますし、

難しい球ほど、バットの出し方が決まっているから

迷わず振れるというのも、なるほど・・・っと思いました。

 

「あゝ奥深き野球の世界・・・。」ということで

次のテーマも楽しみにしようと思います。

野球について、熱く語り過ぎました。

 

ここからは、きょう取材に行った話を。

1115-1.jpg

このオシャレな住宅。飯舘村の村営住宅です。

きょう、竣工式が行われました。

村に戻ってきた人はもちろん、

新たに飯舘村で生活したいという人も、住むことができます。

1115-2.jpg

この村営住宅の魅力を、菅野典雄村長に教えてもらいました。

1115-3.jpg

住宅は、1LDK、2LDK、3LDKの間取り

そして、和室やフローリングなどさまざま。

自分に合った住居を選ぶことができます。

1115-4.jpg

そして一番の魅力がこちら。

ひときわ目立つ青いトレーラーハウス。

住民のみなさんで仲を深めてほしいという思いから作りました。

 

村長は、

「新しく移住してくる人と、もともと住んでいる人、

それぞれの思いを話し合いながら距離を縮め、村が元気になれば」と考えています。

1115-5.jpg

オシャレでかわいらしい外観も魅力的ですよね。

しかも、道の駅の裏という好立地!

この場所が、飯舘村に戻ってくる人、

そして、移住してくる人が増えるきっかけになればと思います。

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:19:49 | 固定リンク


福島の いろどり豊かな 秋の色♪ @淺川理沙


こんにちは!

キャスターの淺川理沙です。


先日、新幹線に乗ったとき、

福島駅に近づくにつれて、山々がどんどん色づいていることに気がつきました。

1.181114.jpg

そこで、けさの「おはよう福島」の“カメラリレー”でも

福島駅前の赤く色づく木々について、お伝えしました♪

2.181114.jpg

11月ももう半ば。早いですね~。

 

私はずっと関東育ちなので、「葉が色づく」といえばイチョウのイメージでした。

関東では最も色づくのが11月下旬なので、まだまだ先…だと思っていましたが、

福島では、紅葉のピークが過ぎてしまいましたね。


でも!念願かなって、福島の紅葉を見に行くことができました!!

中津川渓谷です♪

3.181114.jpg

紅葉はもちろんですが、

渓谷へ向かう途中の風景も見晴らしがよく、気持ちよかったです!

4.181114.jpg

そして、五色沼です♪

私のプロフィールに「行きたい場所」として書いていた場所です。

ついに行ってきました!またとない快晴でした♪

5.181114.jpg


6.181114.jpg

磐梯山もくっきり見えました!

7.181114.jpg

五色沼は、光の当たり具合によって、深い緑色に変化したり、

かと思えば、紅葉が水面に映って、神秘的に見えたりとすばらしかったです。

まるで、フランスの画家・モネの絵画『睡蓮』のようでした!

8.181114.jpg

関東では、真っ赤な紅葉を見かける機会があまり多くないので、

福島の山々が赤く紅葉している景色が、とても印象に残りました。

9.181114.jpg

福島で好きな場所が、また増えました。

今度は、春に桜を見に行きたいです♪

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:16:14 | 固定リンク


福島の 自然の深さ 再認識 @五七GO!


先週、東京出張をしていた私。

新幹線の車窓から紅葉を眺め、山を眺め、川を眺め、

福島の自然の豊かさや奥深さを再認識いたしました。ただいま~!

もっと、知らない景色を皆さんの句を通して見せて欲しいと思います!

5日(月)「いつもと違った視線で作った2句」

s-181105575-1.jpg

鏡石町のケイちゃんさんは10月、神無月を詠みました。

旧暦の神無月は、きっと今ごろ。私も出雲に向かって、日本中の神様に祈ります!(岩間)

神々が集った出雲の国にとっては「神在月」ですね。

s-181105575-2.jpg

福島市のえいこさんは、お茶の木の盆栽についてです。

これまでも育てていましたが、花を咲かせたのは初めてとのこと。

窓際で撮った写真が、とっても上品ですね。(吾妻)

6日(火)「見事な秋の風景の2句」

s-181106575-1.jpg

檜枝岐村の星さんは、初冠雪の三ツ岩岳と紅葉を見て一句。

ご主人の写真に、星さんが句を添えるいつもの必勝パターン。

青空、雪の白、常緑樹、そして紅葉に黄葉、実にきれいです!(吾妻)

s-181106575-2.jpg

福島市の散歩道さんは、二本松の菊人形で初投稿!

60年間毎年訪れているそう。

たしかに、これを見ないと秋は始まらないですね!(岩間)

7日(水)「もみじの葉、多い?少ない?の2句」

s-181107575-1.jpg

福島市の高山さんは、近所の公園のボリューム満点のもみじを詠みました。

こんなにきれいなもみじが近くにあるなんて、うらやましいです!!(岩間)

s-181107575-2.jpg

福島市のトド女さんは、紅葉狩りに行って美しい風景を見た中で、

どうしても気になったこのもみじの葉で、初投稿。

しっかり松の木にくっついていたそうで、春に新緑を見て確かめたいと。

これは気になりますね!思わず引っ張りたくなります。(吾妻)

8日(木)「猪苗代町の風景から2句」

s-181108575-1.jpg

猪苗代町の会津のもみじさんは、1年以上ぶりに投稿してくれました。

自慢の土津神社の紅葉です。

会津藩ゆかりの神社で、松平容保が京都から移植したもみじと聞くと、

戊辰150年のことしは、また見え方も変わりますね(吾妻)

s-181108575-2.jpg

郡山市のいっちゃんさんは、紅葉狩りから空を見上げて1句。

白鳥の声を聴くと懐かしい気持ちになるといういっちゃんさん、同感です!(岩間)

9日(金)「美しい瞬間をとらえた写真の2句」

s-181109575-1.jpg

福島市のかっちゃんさんは、自慢の写真をNHKに持ち込んでくださいました。

金山町の太郎布の紅葉と霧で初投稿です。

霧が晴れるまで、2時間半待った甲斐がありましたね!美しい!(吾妻)

s-181109575-2.jpg

郡山市のぱーさんさんは、いま咲いているサクラを見つけ、アップの写真を送ってくれました!

春とはまた違って、この時期のサクラも可憐ですね。(岩間)

この土日はお出かけ日和とのこと。力作、お待ちしています!

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:11:00 | 固定リンク


提灯が 照らす 地域の 心意気 @吾妻謙


きょうの「はまなかあいづTODAY」でご紹介した「鬼武みゆき 福島を奏でる」。

作曲家でピアニストの鬼武みゆきさんが、

3年前から福島県内を旅して、その風景やお祭りに触れ、

イメージを膨らませて、曲にしています。

 

これまで、春の花見山、夏の相馬野馬追、秋の大内宿、冬の磐梯山麓、

さらには、只見川の川霧に、木戸川のサケの遡上、酒造りから曲が生まれました。

その第8弾!鬼武さんが訪ねたのは、先月の「二本松の提灯祭り」でした。

s-181109-1.jpg

提灯祭りというと、これ!

s-181109-2.jpg

夜、鈴なりの提灯が灯る、7台の太鼓台の壮麗な風景。

きれいですよね~。

 

鬼武さんは、二本松を訪ねた際に、

「この風景に至るまでの“過程”も曲に盛り込みたい」と考えました。

それが、町、地区全体が祭りに向かっていく高揚感。昼間から行われる行事の数々。

s-181109-3.jpg

それに、地域の子どもが憧れるお兄ちゃんたちや、

s-181109-4.jpg

お兄ちゃんたちがなりたいと思う、若連の姿だそうです。

ご先祖様から、代々この地に伝わるのが、提灯の灯であり、魂(スピリット)であるのだと。

s-181109-5.jpg

ここまでの写真は、鬼武さんに同行している写真家の森日出夫さんの撮影です。

鬼武さんが見て感じたことを、見事にとらえています。

 

鬼武さんの話を聞いていて、ふと思い出したことがあります。

ことし2月、二本松物産協会が「酒どころ・二本松」をアピールするため、

初めてキャンペーンクルーの「日本酒王子」を公募し、初代王子が決まりました。

s-181109-6.jpg

地元・二本松出身の平地武尊(ほたか)さんです。

その選考過程を取材していた時、平地さんが面接で提灯祭りの思い出を話しました。

s-181109-7.jpg

「2歳の時、お母さんに抱っこしてもらって見ようとしたが、人垣が高くて見えなかった。

すると、交通係だった祭りの法被を着た若連の人が、ヒョイと肩車をして見せてくれた。

だから、自分もじいちゃんになった時、小さい子どもを肩車できるくらいの体力を持っていたい」と。

 

いや~、エエ話やな~。

こうした思いを受け、提灯祭りを曲にした鬼武さん。

お囃子や掛け声といったメロディーがあるものを曲にするのは難しいと話していましたが、

「わっしょい」の掛け声を思わせるフレーズを入れるなど、ステキな曲が完成しました。

s-181109-8.jpg

「Into the Light~chochin matsuri~」は、

「はまなかあいづONLINE」のページで1週間ほど聴くことができます。ぜひ!

鬼武さん、そろそろ福島の曲のアルバムを作りたいと意欲的でした。楽しみです!

 

最後に、今回の収録クルーの写真。鬼武さんは、現場で必ず記念撮影をするんです!

s-181109-9.jpg

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:23:01 | 固定リンク


立冬も まだまだ秋を 楽しみたい! @平川沙英


こんばんは。

プロ野球の日本シリーズが終わり、

次は「侍ジャパン」の応援をしています、キャスター平川です。

 

BS1で、もうすぐ「球辞苑」も始まりますね~。

今回のテーマは「悪球打ち」だそうです。楽しみ・・・。


さて、暦の上では「冬」になってしまいましたが、

きょうは、秋を感じに行ってきました(^^♪

まずは川内村へ。

1108-1.jpg

天山文庫です。

草野心平さんの別荘だった場所で

心平から寄贈された本などが置いてあります。

 

ずっと前から行ってみたいと思っていたので、

紅葉が美しい時期に行けて、うれしいかぎり。

11日(日)まではライトアップも行っているとのこと。

 

足元は、こんな感じ。

1108-2.jpg

落ち葉もカラフルできれい。

なんだか歩くのが楽しくなりますね(*^^*)

この勢いでフルマラソンに向けて、トレーニングも頑張りたい・・・!

 

そして。

1108-3.jpg

田村市にある「菊の里ときわ」。

およそ3000株のざる菊が見ごろを迎えています。

ピンク、黄色、白、オレンジ・・・とってもきれいです。

1108-4.jpg

上から見ると模様になっているようで、これまたステキ。

気持ちも晴れやかになりました!

1108-5.JPG

大好きな秋を、まだまだ楽しむぞ~~!!

 

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:17:44 | 固定リンク


福島に チュックボールの 強豪が! @淺川理沙


こんにちは!キャスターの淺川理沙です。

今月1日(木)放送の「はまなかあいづTODAY」で、

中継コーナー「LIVEふくしま」を担当しました!

 

「チュックボール」というスポーツで、2度の全国優勝を果たした、

福島市の強豪チーム「瀬上チュックボールクラブ」の皆さんをご紹介しました!

1.181107.jpg

チュックボールは、スイス生まれのスポーツです。

1メートル四方のネットにボールを当てて、

跳ね返ったボールを相手チームが受け取れなければ、

シュートしたチームに1点が入る競技です。

2.181107.jpg

3.181107.jpg

試合は、長さおよそ26メートル、幅15メートルほどのコートで行われます。

1チーム7人ずつで戦います。

15分を3セット、計45分間戦って、得点の多いチームが勝ちとなります。

 

最大の特徴は、「攻撃している側のプレイを妨害してはならない」という点。

例えば、相手のパスをカットしたり、相手にぶつかっていくことは禁止です。

4.181107.jpg

5.181107.jpg

6.181107.jpg

そのため「安心して楽しめる生涯スポーツ」としても、楽しまれているそうですよ!

使うボールは、花のようなデザインでかわいいですよね~♪

7.181107.jpg

「瀬上チュックボールクラブ」のメンバーは、35人。

2016年に続き、ことし3月の日本選手権で、2回目の全国優勝を果たしました!!

 

しかも、メンバーのうち、8人が現役の日本代表選手なんですよ!!

日本代表に選ばれるのが12人ですから、

3分の2が「瀬上チュックボールクラブ」というわけです。

8.181107.jpg

9.181107.jpg

過去の全国大会のトロフィーや賞状も見せていただきました!

10.181107.jpg

運動があまり得意ではなかったメンバーも多かったそうです。

さまざまなスポーツを経験した後にチュックボールと出会い、

地道な練習を重ねた結果、

全国優勝だけでなく日本代表選手になれたなんて、夢がありますよね~!

11.181107.jpg

12.181107.jpg

チュックボールは世界80か国以上、およそ50万人に楽しまれているそうです。

そのため、オリンピック競技になる日も近いとも言われています。

 

しかし、日本の競技人口はおよそ1000人。

「瀬上チュックボールクラブ」では、もっと多くの方に楽しんでもらいたいと

用具を貸し出したり、出張して教える取り組みも行っているんだとか。

 

中継で私も体験しましたが、

ボールが跳ね返ってくるスポーツが新鮮でとても面白かったですよ!

13.181107.jpg

チームの現在の目標は、

来年3月の日本選手権で2年連続・3回目の全国優勝すること!

 

そして、来年春ごろに、日本で初めて行われる「東アジア選手権」や

4年に1度の開催を来年に控えている「世界選手権」に

日本代表として出場することだそうです!

14.181107.jpg

福島から世界へ!もっともっと活躍を見たいですよね~!

私も「瀬上チュックボールクラブ」の活躍を追い続けたいと思っています♪

皆さんも、ぜひ「チュックボール」に挑戦してみてくださいね。

投稿者:淺川 理沙 | 投稿時間:11:05 | 固定リンク


あげまんま 大切に守る おふくろの味 @岩間瞳


こんにちは。キャスターの岩間瞳です。

先週の2日(金)に放送した「ココに福あり~fMAP~」のコーナー、

私の担当で、古殿町を紹介しました!


私が大好きな「あげまんま」。

1105-01.jpg

古殿町の道の駅で毎日販売されている「郷土食」なんです!

白ごはんにみそを混ぜて丸め、油で揚げて、砂糖じょう油がからめてあり、

甘辛い味がクセになる、とってもおいしい「おやつ」です。


冷蔵庫がない時代は、残ったごはんを

無駄にしないようにとよく作られていたそうですが、

近年は、ほとんど作る人がいなくなってしまいました。

 

それを復活させ

毎日作って、道の駅で販売しているのが、小澤啓子さんです!

1105-02.jpg

いつも笑顔の小澤さん。

話を伺っているだけで、私もたくさん元気をもらいました!

 

小澤さんは、

郷土食…古殿で古くから食べられていたおふくろの味を復活させようと、

町内50人以上のおばあちゃんの元をまわって、レシピを集めました。

1105-03.jpg

集めたレシピは「すべて復活させて」道の駅で販売を始め、

町内外から、たくさんの人が買いに来るようになりました。


いまは、そのふるさとの味を未来に伝えようと

子どもたちや若いお母さんを家に招いて、料理教室を開いています。

1105-04.jpg

小澤さんが作るあげまんまは平べったい丸型ですが、

お母さんたちが作ったのは星やハート、キャラクター型など…。

「子どもたちと一緒に家で作りたい!」とおっしゃっていて、

「ああ、こうやって受け継がれていくんだなあ」と感じました。

 

多くの人にふるさとの味を知ってもらって、

これからも町のみなさんで守り続けてほしいと思います。


ちなみに…あげまんまのレシピを小澤さんに教えた

ご近所の大楽イチさんは90歳!

1105-05.JPG

貴重な話をたくさん伺うことができました!

いつまでもお元気でいてください。

小澤さん、大楽さん、そして、古殿町のみなさん、

本当にありがとうございました!


この放送は、NHK福島放送局のホームぺージ

「はまなかあいづTODAY ONLINE」の

「ココに福あり~fMAP~」からも見ることができます。ぜひご覧ください♪

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:16:48 | 固定リンク


福島、ここがイイカンジ!⑧裏磐梯の紅葉 @川崎寛司


アナウンサーの川崎寛司です。

さて、あの山の名前は??少し雲に隠れていますが・・・

201811051.jpg 

答えは、磐梯山。標高1816m。福島のシンボルです。

 

そして、私がいるのは、

標高800mの磐梯高原で最大の湖、桧原湖(ひばらこ)です。

10月下旬、遊覧船に乗って撮影しました。

 

この日は、10月30日(火)に放送した、

昼の0時20分から放送している生中継番組「旬感ゴトーチ」の取材でした。

紅葉真っ盛りの裏磐梯は美しかった。

 

朝5時50分の毘沙門沼。

201811052.jpg

この辺りは、沼によって色が異なるため、総称して五色沼(ごしきぬま)と呼んでいます。

毘沙門沼は、その五色沼の1つです。

透明な水面には、朝もやと、反射した木々が。

 

木々の向こうには、磐梯山。静寂に包まれ、聞こえるのは、鳥のさえずりだけ。

この時間の気温は2度。マフラーにコート。寒かった!!

 

五色沼の1つ、弁天沼。

201811053.jpg

朝7時。オレンジ色の朝日が差してきました。

紅葉した木々が、少しずつ照らされると同時に、沼がさらに鏡のように。

まさに明鏡止水の美しさ。

 

るり沼。同じく朝7時ごろ。

201811054.jpg

エメラルドグリーンの水の色。足元には色づいた落ち葉も。とても清々しかった。

 

朝8時の柳沼。

201811055.jpg

紅葉は赤がきれいですね。日差しで、葉が輝いていました。

 

裏磐梯の紅葉は、あともう少し見ごろが続くそうですよ。

11月中旬には雪が降るそうです。

ぜひ、裏磐梯の絶景を見にいらしてください。

福島は、とっても奥が深い!!

投稿者:川崎 寛司 | 投稿時間:12:35 | 固定リンク


初めての 57GOは いと楽し @ふくしま57GO


今週、吾妻アナウンサーに代わって「はまなかあいづTODAY」を担当した、山岡裕明です。

午後6時台のニュース番組に、8年ぶり3回目の“代打”で登場しました。

ニュース読み以上に緊張したのが、この「ふくしま57GO!」のコーナーでした。

 

みなさんの思いのつまった句と写真、頭を悩ませながらも、楽しく選ばせていただきました。

来週以降も、投稿をお待ちしています。


10月29日(月)「福島の秋を発見・体感の2句」

20181029-575-01.jpg

いわき市のクロチャンさんは、初めての投稿。
葉っぱの先に銀杏がなる「オハツキイチョウ」。
日本には、20本くらいしかないそうです。
これからも、投稿よろしくお願いします。(山岡)

 

20181029-575-02.jpg

今週は、紅葉の句たくさん届きました!
みんなで紅葉を見ながら山歩き、楽しそうですね~♪(平川)

 

10月30日(火)「稲刈り“ビフォー”“アフター”の2句」

20181030-575-01.jpg
南相馬市のでめえの車輪梅さんは、稲刈り直前の田んぼをパシャリ。
土地が整備されて、ことし、震災後初めて、田植えが行われたとのこと。
新米、格別の味がするんでしょうね。(山岡)

 

20181030-575-02.jpg

福島市の大木紀夫さんからいただきました。
かかしと銅像のハイタッチ!
このアングルを見つけた大木さん、さすがです!!(平川)

 

10月31日(水)「ハロウィーンの2句」
20181031-575-01.jpg

伊達市のミキさん。
私もジャックオーランタンを作ったことがあるのですが、
結構力もいりますし大変なんですよね・・・
なのに、すぐダメになってしまうという(-_-)
すごく共感できました!(平川)

 

20181031-575-02.jpg

郡山市のようこさんは、初投稿。
自宅の畑でとれたカボチャで、かぼちゃのサラダを作りました。
「最近注目されているハロウィーンをイメージした料理を作ってみたい」と、
料理本を参考にして、挑戦したそうです。
ボリュームたっぷりでおいしそうですね。(山岡)

 

11月1日(木)「秋から冬へ移り変わり・・・の2句」

20181101-575-01.jpg
大玉村の林一雄さんは、只見町で、只見線が走る様子を撮影。
1日3往復の只見線。列車が走る時間に合わせて、カメラを持って出かけたそうです。
町役場の方に聞いたところ、国道252号線(六十里越え)は、今月下旬から、冬の期間の閉鎖に入るとのこと。
只見線が、新潟へ行く貴重な交通手段になりますが、雪で運休になる日も・・・。
これから厳しい冬へ、を惹起させる1枚でした。

 

20181101-575-02.jpg

福島市の文月りのあさんからは、燃えるような真っ赤な楓!
寒い日が続いていますが、紅葉を見るとほっこりしますよね。(平川)

 

11月2日(金)「晩秋を感じさせる2句」

20181102-575-01.jpg
二本松市の水谷治幸さんは、初めての投稿。
「二本松の菊人形」の会場の隣にある「霞が池」、朝7時の撮影です。
きらきらと朝日が反射して、きれいですね。(山岡)

 

20181102-575-02.jpg

南会津町の会津の子沢山さんからは、会津の身不知柿の写真。
たわわに実った柿からふるさとの誇りを感じます!(平川)

投稿者:ふくしま五七GO! | 投稿時間:10:00 | 固定リンク


丹精し 和洋どちらも 美しい @吾妻謙


先月28日(日)、二本松市の菊人形に行きました。

平川キャスターが書いていた

「和洋どちらの菊も楽しめる」というのを、実際に見たいと。

青空に菊が映え、少年隊も華やかに見えます。

181102-1.jpg

かつては、NHK大河ドラマをテーマにしていたことから、

主役を演じた名優に見える人形に会えますよ。

181102-2.jpg

181102-3.jpg

この五芒星の旗は、奥羽越列藩同盟。

181102-4.jpg

右の人形の手入れを、菊師がしています。

会期中、ずっと美しくみせるための大切な作業です。

二本松の菊人形は、切り花を刺しているのではありません。

後ろを見ると…

181102-5.jpg

根についた、たくさんの土を背負っていました。

伝統の技で、花持ちをグンと伸ばしているんですね。

 

ことしのもう一つのポイントが、「マム」と呼ばれる洋菊の展示。

181102-6.jpg 

このタマゴは、マムで作られています。

撮影スポットになっている「フラワーウォール」も。

181102-7.jpg

181102-8.jpg

アップで見ても、きれいです。

会場には、マムの生花を頭に付けた“菊娘”の姿がありました。

181102-9.jpg

181102-10.jpg

181102-11.jpg

この髪飾りを手掛けたのが「花結い師」のTAKAYAさん。

181102-12.jpg

地元のご婦人や、女の子、親子など、

豊富な種類のマムからイメージに合った花を選んで飾ります。

豪華で華やか!

181102-13.jpg

181102-14.jpg

この創作活動を支えているのが、品質の高い花。

二本松市の武藤政仁さんが育てたものです。

181102-15.jpg

武藤さんは、マム栽培の第一人者で、東京の花市場でも人気です。

会場には、マムのウェディングドレスも展示されていますので(平川さんのブログ参照)、

マムの魅力にも触れてみてください。

181102-16.jpg

会期は、今月25日(日)まで。

どんどん木々の葉も色づくので、紅葉と菊を同時に楽しめますよ!

 

ところ変わって、こちらの空は・・・。

181102-17.jpg

代々木公園!東京にも空がありました!

今週、東京出張中の私。

かつての同僚と、代々木公園でひなたぼっこです。

181102-18.jpg

おはよう日本の「まちかど情報室」を一緒に作っていたディレクターです。

7年半ぶりの再会。思い出話に花が咲きました!

しかし、この間に、病気になったなんて話もあり

「お互い、歳には勝てないね、健康第一だね」と言って別れました。

181102-19.jpg

代々木公園のすぐ近くにあるNHK放送センター。

今週は「ニュースウォッチ9」と「ニュースチェック11」のニュースリードを担当しましたが

「ニュースウォッチ9」には、福島局から異動した栗原、今井、両アナウンサーがいます。

IMG_9601.jpg

後輩たちとも、福島トークで盛り上がりました。

来週は福島に帰ります。どうぞよろしくお願いいたします。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:13:24 | 固定リンク


これからも 趣味を仕事に つなげます @平川沙英


こんばんは。急に空気が冷たくなりましたね。

冬が近づいてきているなぁと日々感じます。

 

もう、ことしも残すところ2か月。

平成が終わるまで半年。来年は、年女のキャスター平川です!

 

今週は2つ、話題を紹介~♪

まずはこちら。

1101-1.jpg

見覚えのある方もいらっしゃるのでは?

浅川町の石工、小松寅吉が彫った狛犬!

以前「ここに福あり~fMAP~」で紹介しました(*^^*)

28日(日)は、小松寅吉を全国に広めようと活動する

「あさかわ寅吉会」が企画した、バスツアーに参加してきたんです!

1101-2.jpg

寅吉の代表作である「飛翔獅子(空を飛んでいるような狛犬)」をはじめ、

今回は、個人宅に置かれている作品もたくさん見ることができました。

こんな機会、めったにないので、感動です(;_:)!!

1101-3.jpg

参加されたのは、浅川町の方々。

「寅吉の作品を初めて見た」という方も多くいらっしゃって、みなさん興味津々です。

1101-4.jpg

合計13か所も、寅吉の作品を巡りました!

これから、もっと寅吉の作品を多くの方々に知ってもらいたいですね!

 

私も、取材してから、寅吉の魅力にどんどんハマっていき・・・

でも、勉強すればするほど、奥深い世界なんですよねぇ。

もっと語れるくらいになりたい!!


続いては、大学野球の話題です。

明治神宮大会をかけた東北地区代表決定戦の決勝、

東北福祉大学vs東日本国際大学の取材に行きました。

1101-5.jpg

結果は、東日本国際大学の逆転勝利!!

初の神宮大会出場を決めました。

1101-6.jpg

試合後、先日のドラフト会議で、

西武から4位で指名された粟津凱士投手をはじめ、3人の投手に話を聞きました。

左から、この試合で完投勝利をあげた2年生の佐々木大輔投手、

4年生の船迫大雅投手、粟津投手です。

 

最後に、報道各社が「掛け声とポーズ」を何度かお願いしていたのですが、

「お笑いは、粟津が担当なので(笑)」と急に振る船迫投手。

粟津投手は、写真を撮っている新聞社名を読み上げて、笑いをとっていました。(笑)

1101-7.jpg

大学野球は、自分が大学時代に母校を応援するため、

神宮球場に何度か足を運んでいましたが・・・といっても2年以上前のこと。

久しぶりに観ることができて、とても楽しかったです。

神宮大会での活躍、期待しています!

 

これからも自分の趣味の幅を広げて、

より分かりやすく、そしていろんな方に興味をもってもらえるような

仕事につなげていきたいなと思いました。

 

さて、今週の「はまなかあいづTODAY」は、山岡アナウンサーとお送りしています(^^♪

このコンビが見られるのも、あと1日!みなさんお見逃しなく~~

1101-8.jpg

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:21:47 | 固定リンク


ページの一番上へ▲