2018年2月

最高!!!!! @後藤万里子


こんにちは。キャスターの後藤万里子です。

たくさんの感動をくれた平昌オリンピックが閉幕し、

来月には、パラリンピックが開幕!

 

そのオリンピック競技の一つ、スノーボード。

私も大好きで、リフト券のシーズンパスポートを買いました(^^♪

 

そのシーズンパスポートを持って、日曜日は猪苗代スキー場へ!

天気が良く、リフトで上まで登ると、

猪苗代湖を一望することができました(^^)/

 20271.jpg

 20272.jpg

少し滑ると汗ばむほど暖かく、

良いコンディションで、

風を切って颯爽と滑るのは、本当に気持ちよく(*^-^*)!

最高でした!

20273.jpg 

「ことしも、福島の冬を満喫してるな~」

と思っていたら、きのう、こんなものを!

 20274.JPG

福寿草を発見!!

まだまだ寒いと思っていましたが、

春が、そこまで来ているなと(^^♪

柔らかい日差しにも癒されました!

 

さて、

先月「はまなかあいづToday」の

「n・me・naふくしま」でご紹介した

「会津山塩」、ご覧いただけましたか??

20275.jpg 

その会津山塩について、

2月4日(日)にオープンした、

NHK仙台放送局、新放送会館の「杜のスタジオ」から放送します!

20276.jpg

あす・28日(水)の

NHK総合、午前11時30分からの「ひるはぴ仙台」です。

福島県はもちろん、東北6県向けに放送されます。

20277.jpg

このスタジオ、

番組収録の様子を見学することができる

ガラス張りのスタジオなんです(*^▽^*)!

このスタジオでプレゼンするのが初めてなので、

とてもわくわくしています(^^♪

 

仙台で少し遠いですが、

時間があれば、いや、時間を作って!!

ぜひ仙台放送局に遊びに来て、放送をお楽しみください(^^)/

 

 それでは

「ふくしま五七GO!」のコーナーに参加するつもりで一句。

 

「職人が 手塩にかけた んめぇ塩」

山塩だけに、手塩にかけて作られていました(^^)/

 

来月21日(水・祝)に、「ふくしま五七GO!」のイベントが行われます。

皆さん、どんどん気軽に「5・7・5」をお寄せください(^^♪

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:18:25 | 固定リンク


めざすのは"フル・インクルージョン" @山田賢治


先日、福島市で開かれた

「ふくしまボランティアフェスティバル」の司会を務めました。

 

ボランティアとして励んできた県内の個人や団体に、

知事や福島県社会福祉協議会の会長から、表彰状や感謝状が送られました。

このフェスティバルは、今回で20回目。

これまでの活動をスライドショーで紹介したときには、

震災の際の活動の様子を見て、「がんばったよね、ほんとみんなでがんばったよね」と、

当時を思い出し、涙を流しながらご覧になっていた方もいました。

 

記念講演は、Eテレで日曜午後7時から放送している、

障害者情報バラエティー「バリバラ」に出演中の玉木幸則さんです。

テーマは、

「障害のある人もない人もともに暮らせるまちづくり 〜一人ひとりが大切にされる社会へ〜」。

ところどころに、笑いを入れた語りに多くの人が聞き入っていました。

 No1.IMG_0133.jpg

No2.IMG0134.jpg

 ソーシャルワーカーであり、兵庫県西宮市で障害者の相談支援に乗っている傍ら、

全国各地で講演活動も行っています。

この日は土曜でしたが、翌日の日曜は愛知県蒲郡市。

忙しいながらも、「みんなで考えたいことがいっぱいある。」と使命感を持って、全国を飛び回っています。

 

玉木さん自身、脳性まひがあり、だからこそ持っている違和感があると言います。

「障害があるのにすごいですね。これからもがんばってください」と言われた時。

「(心の中)障害があるかないかは関係ない。頑張っているよ!これ以上、何を頑張ればええの?」

 

“障害のある人が頑張る姿は、感動を与える”、

“障害者は頑張るものだ“という、固定化されたイメージ。

それが、障害のある人の「生きづらさ」につながることもあります。

私たちは、「障害」をどう捉えるか。

玉木さんからは、障害は「個人にあるもの」ではなく、「社会が作り出したもの」だと。

 

No3.IMG_0131.JPG

私自身、これまでたくさんの“障害者”と呼ばれる人に接してきましたが、

接するうちに「障害って何だっけ?」と思うことが多々あります。

玉木さんのお話は、脳性まひゆえに聞き取りづらい時がありますが、

講演を聞いていると、始めよりも最後の方が断然わかるようになってきます。

やはり“接する”“関わる”ことが大事!

 

そのためには、障害のある人が外に出られるような街を、

ソフト・ハード両面で作っていくこと。

さらには、障害のある人もそれを待たずに積極的に外に出ること。

その両輪が、うまく機能していくことが求められます。

その結果、障害があってもなくても誰もが生活しやすい

「フル・インクルージョン(完全な共生社会)」へと変わっていくのではないでしょうか。

 

今回のフェスティバルの司会を務め、

地域で福祉活動を続けているみなさんの活動に敬意を表しながら、

その活動自体を孤立させないようにバックアップする

「支援者支援」の態勢も求められると感じました。誰もが幸せと感じられる社会へ、と。

 

“ふくしま“の”ふくし“を、これからも見つめていきたいと考えています。

No4.IMG_0132.jpg

玉木さんとは「バリバラ」でかつて共演したことがあり、

控え室では話が尽きませんでした

投稿者:山田 賢治 | 投稿時間:13:59 | 固定リンク


癒されたなぁ...。 @後藤万里子


こんにちは。

キャスターの後藤万里子です。

ピョンチャンオリンピックの期間中、

「はまなかあいづToday」は休みですが、

皆さんお元気ですか(^^♪

 

オリンピックは、羽生選手と宇野選手の金、銀メダルに

小平選手の金メダル、本当に感動してばかりです。

 

個人的には、このあと、スノーボードのビックエア決勝に登場する

鬼塚雅選手の活躍が楽しみです!!!!がんばれー!!

 

 さて、少し前の話になりますが、

9日(金)の「はまなかあいづToday」の「週末ふくしま」で、

「会津絵ろうそくまつり」の会場から中継しました(*^-^*)

 

と~~っても寒かったんですが、

白い雪の中に灯るろうそくの光が、幻想的で癒されました。

 02201.jpg

02202.jpgのサムネイル画像

そして、天守閣から見ると・・・!

左側の「おきあがり小法師」、かわいかったなあ…。

「150」という数字は、

「戊辰戦争から150年」という意味がこめられていたそうです(^^)

02203.jpg 

新年度も、県内各地に中継に行けたらいいなと(^^♪

 02204.jpg

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:17:50 | 固定リンク


Road to Tokyo from Fukushima vol.6 ボッチャ日本選手権、福島開催決定! @山田賢治


パラリンピックの正式競技「ボッチャ」の国内最高峰の大会、日本選手権が、

ことし12月1日(土)と2日(日)に、福島市の国体記念体育館で開かれることが決まりました!

2年前のリオデジャネイロパラリンピック団体で銀メダルを獲った選手など、

国内トップレベルの選手が出場します。

 151227.jpg

銀メダルメンバーで、日本のエースの一人、廣瀬隆喜選手。

 

去年9月のジャパンパラ陸上競技大会に続き、パラスポーツのビッグイベントが福島で開催!

2020年東京パラリンピックに向け、福島でも盛り上がっていきたい!

DSCN1381.jpg

DSCN1391.jpg

写真は、おととし金沢で開かれた日本選手権の様子です。

ボッチャは、ヨーロッパ発祥の競技で、

脳性まひなど、身体に重い障害のある人たちのために考案されたものです。

ほとんどのクラスの選手は、車いすに乗ってプレーします。

 

氷上の競技、カーリングに似た競技で、

2つのチーム、または個人が、赤と青のボールを投げたり転がしたりして、

的となる白いボールに、いかに近づけられるかを競い、勝敗を決めます。

 DSCN1045.jpg

ボールを投げ合って、どちらが近いか微妙な時は、メジャーで測ります。

一方で、距離を自動計測できるアプリも、いま開発されています。

 

ボッチャは、障害の有無に関係なく楽しめる、頭も使う、奥深いスポーツです。

障害のある人だけのスポーツではありません。

「ぜひ応援してください!」「ぜひ会場に行きましょう!」と呼びかける前に、

「まずは、みなさんに1回体験してほしい」と心から思います。

 DSCN1032.jpg

投げる技術を磨くのはもちろん、戦術も大事。

ボールの素材、

(写真をよく見ると、素材が違いますよね。

滑りやすい素材、ぶつけて弾きやすい素材など、さまざまです)

床の摩擦具合などなど、いろいろな要素を考えた上での一投は、

緊張感あり、喜怒哀楽あり、魅力いっぱいです。

 

「やりたくなる!」「見たくなる!」、ボッチャ。

東京では、1月、元オリンピック選手やプロ野球名球会がチームを作り、

パラチームと対戦する大会が開かれました。

 

去年夏には、平日金曜の夕方、オフィス街で「企業対抗ボッチャ大会」を開催!

大手企業のサラリーマンがチームを作り、

選手60人が参加して(ボランティア50人、応援者100人以上)、大いに盛り上がりました。

 DSCN1025.jpg

写真は、リオパラリンピックで日本代表ヘッドコーチを務めた、白河市在住の村上光輝さん。

日本ボッチャ協会の強化指導部長です。

 

日本のキーマンが、福島にいるのです!

福島県のボッチャ普及にも力を尽くしていて、

12月に向け、ともに体験イベントや放送で魅力を伝えていければと思っています。

 

日本ボッチャ協会は、12月までに数回、体験イベントを開く予定です。

スケジュールは、決まりしだい、お伝えします。

このブログでも、ボッチャの面白さを、随時アップしていきます。

ぜひ、ボッチャを一緒に楽しみましょう!

投稿者:山田 賢治 | 投稿時間:19:18 | 固定リンク


鬼は外―!福は内―!@後藤万里子


こんにちは、キャスターの後藤万里子です。

先週土曜日、2月3日は節分でしたが皆さんは

豆まきしましたか??

 

家族で豆まきをしたときにふと思ったことが…。

 

後藤家は落花生で豆まきをして、

020601.jpg

そのあと、「落花生」と

020602.jpg

「炒った大豆」両方を食べます(^^)

大豆は小さくて、しかも転がるので

片付けるのが大変…、ということで落花生を使っています!

皆さんはどんな豆で豆まきしましたか?

地域によって?家庭によって違うのかなと(?_?)!

 

ちなみに炒った大豆を豆まきで使うのは、

豆=魔目

射る=炒る

「魔目を射る」、鬼の目にぶつけてやっつけるという

意味もあるんだそうです(^^)!

 

恵方巻もしっかり南南東を向いて食べました!

大口で…。おいしかったなぁ…。

020603.jpg

 

厄払いをしたので、今年もいい年になるよう頑張ります!

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:18:56 | 固定リンク


ページの一番上へ▲