2016年10月

見上げれば! @吾妻謙


見上げれば、飛行機!

写真1

そして、見上げれば、満天の星!

写真2

福島の上空には魅力がいっぱいですが、お陰で首のコリが・・・吾妻です。笑

 

きょう(28日)、福島市のふくしまスカイパークを拠点にエアレース世界選手権に参戦している室屋義秀選手が、今シーズンを振り返る会見を開きました。

写真はデモ飛行。

写真3

いつ、何度見てもとにかく凄い!どうやったら飛行機をあんな風に操れるんでしょうか?「自転車と一緒。徐々に慣れていくもの」とは室屋さん談。

今シーズンは、去年と同じ総合6位。「去年は“届いた”6位、今年は“何とかおさまった”6位」だそうで、後半追い上げていって6位になったのが去年で、もっと高い目標を掲げたものの、思うようにいかなかった今年は、どうにか6位に踏みとどまったということです。しかし、何といっても今シーズンは千葉・幕張大会で悲願の初優勝がありました!「自分の実力が確認できた」と。そして来シーズンの目標は「総合優勝!」と意気込む室屋さん。開幕がもう楽しみです!

写真4

先週のブログで悩んでいた、浄土平でのオリオン座流星群の観察。行ってきました!

写真5

向かう途中は、暗く、寒く、寂しかったんですが、標高1600メートルに到着してビックリ!たくさんの人が訪れていました。慣れない星の撮影で、カメラのセッティングに手こずっている私。と、オーっと同時に歓声が。流れ星です。ひとりで眺めていると、「本当に流れたのかどうか自信が持てないけれどたぶん流れ星だろうと見たことにしよう」ってことありません?それが、この日のここでは流れたことがすぐにわかります。カメラのピント合わせをしている間にもあちらこちらで同時に歓声が。「流星群だからまたすぐに流れるだろう」と思いきや、カメラをセットし終えていざ!と見上げても、なかなか歓声の共有ができません・・・。

同じような人もいるもので「寒い~、流れて~」とか、「お願い!流れ星見せて~!」なんて本末転倒な願い事をする声も。

写真6

ちょっと月が明るかったものの右側に、オリオン座もバッチリ。と、あっ!と思った瞬間「お~っ」と沸く駐車場。この一体感は気持ちいいものです。これを何回か体験できました!冷えた体を、持参した紅茶で温めます。

写真7

いつもよりちょっと甘めがポイントね。最後にもう1つ流れたら帰ろうって決めて、流れ星を見届け帰路につくと、同じ考えか、何台かの車が一緒に動き出しました。途中、見下ろした福島街市街地。星を撮るつもりでシャッターを切ると・・・、中々綺麗です。4写真8

帰宅後パソコンの大きな画面で写真を見て「!!」。

写真9

オリオン座の右斜め下、光の線が写っています。これ流れ星では?!専門家に相談したところ「これは人工衛星じゃないかな」との答え。ちょっぴり残念でしたが、それでもいいものが撮れたと満足です!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:13 | 固定リンク


浄土平へ!!!! @吾妻謙


きょう(21日)、鳥取県で震度6弱の地震が発生。影響のあった皆さまにお見舞い申し上げます。日本列島、どこにいても常に地震や災害への備えをしておかなければと改めて感じます。

 

さて、福島の紅葉。標高の高いところではどんどん進んでいます。特に観光道路「磐梯吾妻スカイライン」では標高1400メートルあたりまでが見ごろになったと聞き、15日(土)にバイクで走ってきました!写真1

写真2 

ワインディングロードを登っていくと、ところどころ路肩にスペースがあり、写真を撮れます。グローブ越しに手がかじかんできたあたりで、紅葉もいい感じになっていました。

そして、標高1600メートルの浄土平。

写真3

写真4

すっかり秋の景色です。

というか、体感はもう冬!革ジャンは冬仕様でしたが、下にはTシャツしか着ていなかったので冷えました~。これから行く方は、冬装備でお出かけください!

 

ここに来ると必ず立ち寄る浄土平天文台。

写真5

左手奥に立ち上る噴煙。火山活動がやや活発になっていると一昨年、噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)に引き上げられ、「磐梯吾妻スカイライン」が夜間通行止めに。夜の観望会が出来なくなっていました。

が、この日は青空に望遠鏡を向けています。

写真6

「昼間の金星を見ていって!!」と。覗いてみると・・・。お~、見えた!!

レンズにスマートフォンをあてて、撮影してみると、撮れました!!

写真7

月の様ですが、大きさは月よりもうんと小さいんです。この時期、金星は太陽の東側にあって昼にもこうして見えるんですって。標高1600メートル、空気が澄んでいるここでは、慣れていれば肉眼でも見えるんです。私も挑戦しましたが、見えたと思っているのが本当に金星かは、誰にもわかりませんっ・・・。

高湯温泉側から上り、帰りは土湯温泉の方へ。振り返るとこの景色

写真8

青空と白い雲、そして山の美しいこと。いち早く紅葉を満喫してきました!

写真9

その吾妻山。噴火の兆候が認められなくなったとして、18日(火)から、噴火警戒レベルが1(活火山であることに留意)に引下げられました。これにともなって、スカイラインの夜間通行止めも解除。私が初めて天の川を見た、一番大好きな星空にまた会えます!!浄土平天文台も夜間公開を再開しました。11月には路面凍結、そして雪のためにまた通行止めになりますので、ギリギリ間に合いました!今月中は水曜日と土曜日に、夜間公開を行うそうです。

写真10

今夜(21日)から明朝にかけてはオリオン座流星群もピークになると。このタイミングで!行きたい!でも寒そう・・・。悩みながらも喜んでいます!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:10 | 固定リンク


ウルトラな日 @吾妻謙


8月26日のブログでもご紹介したスマートホンを使って、須賀川市にゆかりがあるウルトラマンのスタンプを集めるゲーム。夏休みに家族で楽しんだあと、すっかり忘れていましたがあさって16日で終了します。そこで、あわてて残りのスポットに急いだ吾妻です。

 

バイクで走るのが気持ちのよい季節。ウルトラマンの生みの親、円谷英二さんの出身地須賀川市にまだ行っていなかった!ということで、ひとっ走り。

須賀川駅前には、ウルトラマンのモニュメントが。

写真1

これ、須賀川市と「M78星雲 光の国」(ウルトラマンの故郷)との姉妹都市提携を記念して建てられたそうです。そこに現れたのが、ウルトラマンのスタンプです。

写真2

市内の松明通りにはスタンプとは関係なく、怪獣やウルトラマンの像もありました!これはゼットン。向こうにはゾフィーもいましたよ。

写真3

さらに、路地を入った円谷英二さんの生家跡には記念碑も。

写真4

スタンプを追って、こうしたところを見られるなんて良いじゃないですか、この企画。

調子に乗って、南相馬市鹿島区のセデッテかしまへ。ここで出会ったのはウルトラマンメビウスに登場する宇宙剣豪ザムシャー。写真5

しかし、写真が何かもの足りない・・・。演出が足りないんですね。家族と一緒に回った時は、こんな工夫ができましたから。

写真6

田村市にあるあぶくま洞の駐車場でウルトラマンガイアとの1枚。

これ、撮ってくれる人がいるから出来るんですよね。そこで、撮る場所を変えて演出してみます。相馬野馬追の人形が展示されているエントランスにスマホを向けると!

写真7

なんだか、マッチして見えません?さすが「剣豪」。やるねぇザムシャー。

最近「自撮りがない」と漏れ聞こえてきます。そこで、ウルトラマンメビウスのスタンプでこんなコラボレーションを。

写真8

手の長さとスタンプの構図から、これが精一杯でした。

さて、最後に私のウルトラな体験を。ご近所の方が連休で釣りに行き、その釣果をおすそわけしてくれました。玄関先で「大丈夫、さばけますよ」と妻。へ~っと見直していると、ドアが閉まった直後「さばけるんだよね?よろしく」と。確かに私、学生時代レストランのアルバイトでアジをさばき「活きアジのたたき」を提供しておりましたが、それも30年近く前のこと。しかしこの魚たちを目の前に、あきらめるわけにはいきません。

写真9

メジナを2匹刺身で。この後方に写るイサキは塩焼きで頂きます。

写真10

刺身にしたメジナの1匹目は、随分時間もかかり食べるところも少なかったのですが、2匹目でカンを取り戻し、なかなかの出来でした。しかも美味いこと!イサキのワタも手際よく取り除き、妻に焼いてもらいました。流しに立つ雄姿と出来上がりの写真は、担当の息子が血が苦手なのと食べるのに夢中だったのとで、ありません。うろこまみれにはなりましたが、子どもたちの「お父さんすごい」に、達成感はハンパなかったです!!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:12:22 | 固定リンク


高校生たちのそば店 もうすぐ開店! @岩間瞳


こんにちは、キャスターの岩間です。

11日(火)のはまなかあいづTodayで
「Fのモト」のコーナーを担当しました。

写真

中継でお伝えしたのは、耶麻農業高校のそば打ち活動について。
喜多方市山都町にあるこの高校では、4haのそば畑やそば打ちの授業など
そば処ならではの取り組みが行われています。

それだけではありません!

そば打ち部!!
写真2
部活動でも、そばを打とうというのです!!


この日は、今週末行われる「山都新そばまつり」に
学校として初めてそば店を出そうと猛特訓中でした。

そば打ちの全国大会でも10位以内に入り
そば打ちの腕には自信があるそば打ち部のみなさんですが、
今回のまつりでは新たな課題があったのです…。

1つ目は、
山都のそばは「十割そば」だったということ!

写真3

大会や普段の練習では、
つなぎの小麦が2割入った二八そばを使っているため、
そば粉を100%使った十割そばを打つのは初めての経験でした。

特にそば粉と水を混ぜ合わせる“水回し”という最初の工程では
なかなかまとまらなくて大変なんです…。

写真4

そこで使うのがこちら!

写真5

お湯!しかも熱湯!

そば粉のでんぷんに粘りが出るのは、60度以上!
万が一、水回しに時間がかかって多少お湯の温度が下がってもいいように
こんな熱い熱湯を使うんです。

もちろんこの熱湯を触ってしまえば火傷してしまうので
“熱湯に触らないようにまんべんなく粉と水を合わせる”のがコツなんです。

 

そば店を出すにあたっての挑戦の2つ目が「盛り付け」。

写真7

そば打ちの大会では盛り付けは評価されないため

実はお客さんに提供するような盛り付けは経験がありませんでした。

大切なのは同じ量をスピーディに盛ること!

u.jpg

写真7

手の感覚で同じ量を盛る技を披露していただきました。

 

本番終了後あらためてごちそうしていただきましたが、絶品でした…!
十割そばならではの、そばの高い香りと
しっかりとしたコシとつるっとしたのどごし…。
おかわりまでいただいてしまいました…。


さて、今も猛特訓していることかと思いますが…
本番はいよいよあす!

彼らが初めてそば店を出すのは…

「第33回 山都新そばまつり」
日時:10月15日(土)午前10時~午後4時
      16日(日)午前10時~午後3時
会場:山都みちくさ通り

です!

みなさん。
耶麻農業高校そば打ち部の練習の成果を、ぜひ会場で味わってみて下さい!
とってもとってもおいしいそばです!!


地元の宝・山都そばを習得しようと奮闘するそば打ち部のみなさん、
本番は緊張させてしまいましたが、普段はとっても元気なんですよ!

ご協力本当にありがとうございました!

写真9

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:11:39 | 固定リンク


伝統×現代アートの二本松へ!! @吾妻謙


学生の頃は銀座の画廊でアルバイト、横浜局では横浜美術館や横浜トリエンナーレの取材と、アート大好きな吾妻です。

そんな私が心待ちにしているのが、福島ビエンナーレ2016!

二本松少年隊が守る霞ケ城公園。

写真1

「二本松の菊人形」が10日から始まります。地元の方々も準備に大忙し。

写真2

来月23日までの会期中、着物に使う菊の手入れは4回も行うそうです。

そんな、伝統の菊人形展が、今回初めて現代アートとコラボレーションします!

五重の塔の手前に大きな人形。

写真3

現代美術家ヤノベケンジさんとアートディレクター増田セバスチャンさんの作品、花の女神「フローラ」です。

写真4

背景は「相生の滝」。目を瞑り、池に上品にしゃがんでいます。

写真5

そして、時折立ちあがり、腕と目を開きます。

写真6

写真7

去年制作されたなんともチャーミングな作品は、この場所に設置するために作られたかのような景観に。と、ここで奇跡が!

写真8

お気付きですか?大きな瞳、なんとウインクしているじゃありませんか!

写真9

作者のヤノベさんも「これはすごいな!そんな設定していないのに!!」と。夫婦が睦ましいことを意味する「相生」にかけて、「ここは相生の滝やし、カップルがこのウインクを見たら幸せになれるなんてツイートして拡散させようや」なんてノリノリでした。

写真10

ところ変わって、同じ二本松市内の高村智恵子の生家。

写真11

訪れた方が「改修工事中か」なんて言っていましたが、いえいえここも福島ビエンナーレの会場のひとつです。智恵子が使っていた機織り機の向こうの襖に描かれた「鬼婆」。

写真12

描いたのは版画家で現代アーティストの小松美羽さんです。

写真13

「智恵子が暮らした空間を“もののけ”が守っているイメージ。地元に伝わる鬼婆伝説を表現したくて」と話してくださいました。ここでビエンナーレが開幕する明日8日(土)まで公開制作をしています。

写真14

奥の間には、こんな展示も。

写真15

これは、小松さんの画を、福島大学で美術を専攻している学生が「切り絵」にしました。切り絵作家でもあった智恵子をリスペクトした作品です。高村光太郎の妻で、芸術家として活動していた智恵子の生家で新たに生まれる小松さんの作品は必見です!!

二本松という歴史ある地の様々な施設で展示されるたくさんの現代アート作品。

なんと16か所で、参加アーティストは81人を数えるそうです。これは豪華!!地元の方も現代アートを勉強してガイドに臨みます。菊人形を作っているご婦人方も、「あの大きな人形はフローラといって、ヤノベケンジさんと増田セバスチャンさんが作ったのよ」と、設営に訪れたヤノベさんに本人と知らずに説明してくれました。「これは心強いわ」とヤノベさん。皆さま、会期中に二本松に是非!最後に私にとっては感激の夢のコラボ。福島ビエンナーレ実行委員長の渡邊晃一教授も加わって4人で記念撮影です。

写真16

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:19:20 | 固定リンク


ページの一番上へ▲