2016年4月

ハート型の沼を見に・・・ @吾妻謙


先週金曜日(22日)の公開放送での「はまなかあいづToday」で岩間キャスターが、桑折町の半田沼をご紹介したのを覚えていますか?

まだサクラがきれいなことと、ハート型に見えるので「ハートレイク」と呼ばれていると言っていました。

私は「そう言えばまだ行ったことがないなぁ・・・」と思いながら聞いていました。

「サクラを楽しむも良し、高いところからハート型を眺めるも良し」と岩間さん。

ということで、日曜日に行きました!

写真1

確かに半田沼のほとりにはきれいなサクラが咲いていました!

写真2

この雨で、もう終わりかと・・・。

で、どこから見たらハート型に見えるのかな?と少しずつ高いところを目指します。

案内版通り展望台に行きましたが、木が茂っていて何も見えません。

そこに山から下りてくる方が。聞きましたら、この半田山に登らないとハート型には見えないんだそう・・・。ならばと、軽い気持ちで登り始めましたが、これがきつい。

斜度も結構あって、息が切れます。

途中、100メートルごとに案内版もありますが、見るたびに疲れが・・・。

写真3

駐車場から1500メートル歩き、ばてた所で山頂まであと700メートルも。

ひっそりと咲くカタクリに励まされ、

写真4

視界が開けたと思っても、まだ見えない。

写真5

結局、山頂まで1時間かけて登りました。

写真6

標高863メートル。証拠に、ここで自撮りです。

見えました~。ここまで登ってやっとです!!

写真7

写真8

この沼は農業用のため池で、田を潤すために5月1日から放水するそうです。

すると、こんなハート型には見えなくなるんですって。見たい方はお早めに。

下山も滑る。

写真9

何せ、オートバイで出掛けたもので、革ジャンにブーツ。しかも、ブーツの底はツルツル。

写真10

半田山登山の際は、それなりの装備をお勧めいたします。沼のほとりからぐるりと1周、2時間コースです。

しかし、ハート型の沼を見て下山した時の気持ちは晴れ晴れ、こんな感じでした!

写真11

さて、2月に関ケ原でインタビューした、会津親善大使の山本耕史さん。その時に撮影していた真田丸関連番組「真田家の運命を変えた男たち」が5月6日(金)の午前8時15分から9時まで総合テレビで放送されます。石田三成役の山本さんの旅、ご覧ください。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:18:52 | 固定リンク


1本桜は地域の宝 @吾妻謙


アナウンサーの吾妻謙です。

福島県内各地には、1本で凛と佇む桜、いわゆる「1本桜」がたくさんあります。

「桜を愛するアマチュアカメラマンの会」という団体によると、1本桜の大木は全国一多いそうです。

その中の選りすぐりを「写真写りが良い」という観点から番付にしたのがこれ。

写真

東の横綱は三春の滝桜。西は郡山市の紅枝垂地蔵桜です。その姿は、先週の私のと、12日の荒キャスターのブログをご覧ください。

以下、前頭26枚目まで掲載されていますが割愛させて頂き、今回注目したのが前頭2枚目に急上昇した、二本松市の中島の地蔵桜です。

向こうに安達太良山を望むことができ、

写真2

反対から見ると水面にその姿を映します。

写真3

さらにライトアップされると・・・。

写真4

きれいですね~。樹齢150年以上という紅枝垂れ桜だそうで、地域の人々の手によって美しく見せる工夫が続いています。

写真5

私がお話しを聞いているのが「中島の地蔵桜を守る会」の鴫原俊郎会長です。

会は当初2人からスタートし、現在98人。一面の黄色いレンギョウもメンバーの発案です。菜の花を植えた所、うまく育たずレンギョウにしたとか。

この桜の隣には、永く松の木が2本あって、花が咲いても隠れてよく見えなかったそうです。その松が枯れて伐採。姿を現した美しい枝ぶりに地元の人が気付き、環境整備が始まりました。水田には早くから水を張り、水面に映るよう演出。レンギョウに加え、濃いピンクの花モモも植えました。ライトアップも企画し、訪れた人が足を踏み外さないように簡易のLEDライトを畦に設置しました。

口コミで評判は広がります。そこで、女性陣が訪れるお客さんたちにふるまう「玉こんにゃく」も手作り。

写真6

これ、イカも練り込んであって絶品!

という、様々な工夫と協力で、この姿が見られるのです!!

写真7

「先祖が植えた桜が、今、地域の宝になって訪れる人を楽しませてくれる。地域のみんなも団結して活気も出た。まさに桜のお陰」と鴫原さん。桜って素敵!

 

では、最後に「中島の地蔵桜」の近くにある他の名木も紹介。いずれも二本松市の天然記念物です。こちら

写真8

「愛蔵寺の護摩ザクラ」。ちなみに番付は前頭3枚目。

こちらは「祭田の桜」。

写真9

番付では前頭8枚目です。そしてこちらは「桃前のサクラ」です。

写真10

樹齢500~600年と伝わる桜ですが、番付には入っていません。たしかに道路わきの斜面に立ち、写真を撮るのは難しいところです。この番付は、そんなカメラマン視点で作られているんですね。また見たことのなかった桜を堪能しました。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:13:51 | 固定リンク


花見山を奏でる~鬼武みゆきさん @吾妻謙


アナウンサーの吾妻謙です。

また震災です。昨夜の熊本地震で5年前のことを改めて思い出しました。

被災した方々に、心よりお見舞い申し上げます。

横浜在住の作曲家でピアニストの鬼武みゆきさんが、美しい福島の風景をイメージして曲を作る活動を始めました。

鬼武さんは“脱サラ”ピアニストで、システムエンジニアだった時の新人時代に、福島の工場で過ごしていたそうです。

それで、東日本大震災で傷ついた福島を自分の曲で励ましたいと、この取り組みを思い付きました。

それを聞き、私「はまなかあいづToday」でいち早く演奏して頂こうと企画いたしました。

 

鬼武さんは、春爛漫の福島市の花見山を今月6日に訪れました。

写真1

写真2

その地に足を運び、空気を感じ、イメージを膨らませていきますが、欠かせないのがその土地での人々の営みなんだとか。

花見山公園園主の阿部一夫さんに、その歴史や苦労、喜びを取材していました。

写真3

「花一筋。花が架け橋となって多くの人が福島に集まってくる、帰ってくる、誇りに思ってもらえればいい」という阿部さん。

写真4

鬼武さんは大いに刺激を受けていました。

 

さて、1週間ちょっとで音楽の神が降りて来たという鬼武さん。「美しいけれどさりげない、そんなふわっとしたイメージを大切にした」と“Blooming”(“咲き誇る”の意)という曲を書き上げました。

写真5

その様子は、演奏と共に「はまなかあいづON LINE」のページでご覧になれます。是非!!

 

今回は、この季節にしか見られない福島の風景をどどんとお送りします。撮影は12日。

三春町の滝桜。

写真6

ちょっと違う角度からみると、カメラを構える人々に滝しぶきがかかっているようですね。

こちらは、同じく三春町の芹ヶ沢の桜です。

写真7

知る人ぞ知る名木です。

さらに、二本松市岩代の三渡神社の裏にある桜。

写真8

2本の濃淡が見事です。

思わず車を止めて撮ったのが、福島市飯野町の花やしき公園。

写真9

最後に、福島市佐原の慈徳寺の種まき桜。

写真10

写真11

如何です。取材の道すがらこんな桜を見られるなんて、この季節の福島、大好き!!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:11 | 固定リンク


観光列車で行くあいづ桜の旅♪ @岩間瞳


こんにちは、キャスターの岩間瞳です。

先週末、念願の観光列車に乗って会津若松に行ってきました!
乗ったのは、こちらの「スイーツ列車」!!
写真1

電車好きのわたしとしては
去年の4月に運行を開始してからずっと乗りたかった列車でした…。

鮮やかな赤と側面の黄金色。
写真2
見るだけでテンションが上がってしまいます\(^o^)/

さっそく乗り込むと、1号車はカフェカウンターになっています。
写真3
列車だとは思えない高級感あふれる内装です、贅沢~!
カウンターの椅子も赤で、上品な雰囲気ですね…!

2号車は黒と木目を基調としていて、ソファは白。
シックな雰囲気です。
写真4

テーブルには乗車記念証とマットが用意されていて…
写真5

季節のフルーツを使ったケーキ、ホットコーヒー、
福島特産の桃ジュースが登場!
写真6

この時期は福島産のいちご「さちのか」を使った
ケーキとタルトでした。これが絶品!
生クリームに負けない
いちごのしっかりとした甘酸っぱさが最高(*^_^*)

美味しいケーキを食べながら、車窓から磐梯山を眺める…
写真7

実に贅沢な時間でした…!


そして
写真8
見ごろを迎えた鶴ヶ城の桜を見てきましたよ~。

お堀の桜も咲きそろっていて
写真9

天守閣から見る桜も絶景でした!
写真10

まだ5分咲きくらいということでしたが、
目で見る限りは、もう見ごろ!ほぼ満開!
写真11

去年の桜フォトコンテストの成果、出ているでしょうか…?
写真12

写真13

天気も良くて暖かくてお花見日和だった先週末。

写真14

今週も天気はもちそうなので、まだまだお花見は楽しめそうですね(^O^)/

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:15:16 | 固定リンク


新年度 五・七・Go!がはじまった @吾妻謙


アナウンサーの吾妻謙です。

「はまなかあいづToday」も今週から新年度が始まりました。

新しいコーナーのひとつが「ふくしま 五・七・Go!」です。

季節の話題や、ニュースへの質問を、五七五の17文字でお送り頂こうという趣旨です。

如何です?文章を書こうとすると億劫になっても、これなら指を折りながら、投稿してみようと思いませんか?

とは言え、ニュース番組への投稿ってこれまでの経験上、少ないんですよねぇ・・・。

と、こちらの不安をよそに次々と届いていますよ~。ありがとうございます。

番組で紹介していきますので、まだ投稿されていない方も、是非ご参加ください!

 

さあ、今年度も県内各地を飛び回っていきますよ!

まずは、相馬市の松川浦。5年振りに訪れました。震災から1カ月たたないうちに行った時の写真がこちら。写真1

美しかった松川浦に、津波で流された家や車が。言葉を失いました。周囲の空気の臭いも忘れられません。

今回、同じ所で撮影したのがこちら。

写真2

蘇っていました!この透明度。まだ漁業は試験操業ですが、本格再開が楽しみです。

「絶対、元通りにすっからな」と決意を語るのは松川浦観光協会の只野光一会長。

写真3

いつお会いしてもバイタリティあふれる方です。

 

かわって、福島市の花見山です!来ました!!春爛漫!!!!

写真4

写真5

写真6

この溜息の出る美しさ。4月6日(水)の様子です。昨日(7日)の雨にも耐えて、この土日も良い感じですよ~。

 

そして、最後に福島市松川町の「芳水の桜」。

写真7

この写真は、2008年4月。家族で訪れた時に、アマチュアカメラマンの方が撮って送ってくださいました!

手をつなぐ双子は小学5年生、ベビーカーの末っ子は、3年生になりました。

撮影してくださったのは南相馬市小高区の方で、東日本大震災で被災し、宮城県に避難したそうです。たまたま福島局の記者が取材し私の話題が出たそうで、連絡先を知ることができました。電話で懐かしくお話しました。

そして、これが私が撮った、今日の芳水の桜です。

写真8

時が流れてもこうして変わらず美しく咲き続ける桜に、自然の大きな力を感じました。

福島の 桜満喫 まだ続く。ふくしま五・七・Go!への投稿もお待ちしています!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:05 | 固定リンク


新年度!よろしくお願いいたします♪  @岩間瞳


こんにちは!キャスターの岩間瞳です。

さて、福島局は今週から新年度を迎えました。

4月になって、私も社会人3年目、歳は25歳になり
時間の早さを感じます…!

今年度もいろんなことにチャレンジして
福島県内、元気に駆け回りたいと思います!


ということで、私担当する番組が変わりました。
これまで2年間、お昼前の「ひるはぴ福島」を担当してきましたが
今年度から「はまなかあいづTODAY」のリポーターになります。

みなさんのもとにどんどんお邪魔して、
福島の“今”をお伝えしていきます。
どこかでお会いする機会も多くなると思いますので
どうぞよろしくお願いしますね(*^_^*)

そこでさっそく、初日と2日目は
中継を繋いでお伝えしました。

 

4日(月)は、福島大学の合宿研修所から。

福島大学の行政政策学類では、
新入生のサポートを行う上級生…「シニター」という制度があります。
これ、30年以上続く伝統で
学生が自主的に行っている活動なんです。

…で!実は私も福島大学の卒業生で2011年のシニターだったんです!
後輩たちのまぶしいキラキラ笑顔に元気をいただきましたよ~(>_<)

写真1

約10日後に行われるオリエンテーション合宿に向けて
準備は大詰めだそう。これから頑張ってください!!

 

そして5日(火)は福島市の信夫山公園から。

見ごろを迎えた桜をお伝えしました(^O^)/
信夫山公園の桜は先月30日に開花し、今月3日に満開を迎えました。
平年より10日も早いということでしたが、本当に見事でしたよ~。

写真2

去年、「桜フォトコンテスト」で写真の撮り方を勉強させていただいたのに
なかなか上手く撮れない…。難しいですね…

写真3

これからもどんどん外に出かけてお伝えしていきます!
どうぞよろしくお願いします!

投稿者:岩間 瞳 | 投稿時間:10:40 | 固定リンク


もうそこは、明治時代! @吾妻謙


アナウンサーの吾妻謙です。

猪苗代町にある「天鏡閣」は、国の重要文化財に指定されている、明治時代に建てられた皇室の別邸です。

写真1

お気付きですか?正面に馬車が!!

先日、ここでNHKのドラマ撮影が行われました。

それを「はまなかあいづToday」で取材しました!

ドラマのタイトルは「夏目漱石の妻」。漱石を演じるのは長谷川博己さん

身長183センチは、テレビで見るよりずっと大きかったです。

ロケ地である猪苗代町を、南仏の海岸リゾート地、コート・ダジュールに例えていらっしゃいました。たしかに猪苗代湖畔の風光明美な点は、共通していますね。

また、天鏡閣で明治時代が舞台のドラマを演じられることに、とても感銘を受けていらっしゃいました。

その妻、主人公の鏡子を演じるのが尾野真千子さん。

写真3

「のどかで、静かで、居心地がいい」と猪苗代を絶賛してくださった尾野さん。

「天鏡閣は当時のものということで、気持ちが違いますね。その中での芝居はもっと何かやりたいと思います。とても幸せ」とも。

鏡子の父が舘ひろしさん。

写真4

この日はちょうど66歳の誕生日。甘いものがお好きだとのことで、福島の桃プリンをプレゼントしたところ、照れながらも喜んでくださいました。自分の20年後を想像し、舘さんへの憧れがさらに強くなりました。舘さんは「西部警察」で猪苗代の雪山をスノーモービルで激走したシーンを撮影したと、当時を懐かしんでいましたよ。

 

折角なので、天鏡閣の中も少しご案内。

合わせて26もの大理石の暖炉があり、意匠をこらした装飾が。

写真5

モチーフのチューリップが天鏡閣の象徴になっているそうです。

ビリヤード台にはポケットがなく、四つ玉を楽しんだそう。

写真6

この撞球室でも、舘さんがビリヤードをするシーンが撮影されたそうです。

「この台は、横浜の三溪園から寄贈されたんですよ」とは長沼あけみ館長。

写真7

前任地横浜でよく取材していた三溪園と猪苗代町の天鏡閣に、こんなご縁があったのかと、うれしくなりました。

明治時代そのままの空間、天鏡閣。

写真8

土曜ドラマ「夏目漱石の妻」は、9月下旬から4回、総合テレビで放送される予定です。

「妻を通して漱石の人柄や背景を知り、楽しんで欲しい」と尾野さん。

写真9

内容はもちろん、ここが、どんな風にドラマに登場するのか、今から楽しみです。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:19:10 | 固定リンク


ページの一番上へ▲