2018年12月20日 (木)つなげたい マレーシアでも 五・七・GO! @平川沙英


こんばんは。

クリスマスより、BS1の「球辞苑」が楽しみな、キャスター平川です。

 

きょうは、マレーシアで行われた

「ふくしま五・七・GO!」の取り組みについて、お伝えします♪

 

今月6日(木)、マレーシアの大学で、

「五・七・GO!」を詠もうというコンテストが行われました。

 

きっかけは、この方。

1220-1.jpg

青年海外協力隊として、マレーシアの大学で日本語を教えている、渡辺里保さんです。

ことし3月に放送した、

JICAの訓練生たちが、二本松市で句を詠むという企画でお世話になりました。

1220-2.jpg

郡山市出身の渡辺さんは、「マレーシアと、地元・福島をつなげる機会を作りたい」と、

コンテストを企画したといいます。

1220-3.jpg

テーマは「大学生活」。

学生たちは、スマートフォンなどで、詠みたい句に合う単語を調べ、つなげていきます。

 

コンテストで優勝・準優勝になった作品については、

こちらのブログ↓↓↓↓で紹介したので、今回は、そのほかの句をご紹介!

http://www.nhk.or.jp/fukushima-ana-blog/311229.html

 

まずは、こちら。

1220-4.jpg 

「たまねぎは おさいふみたい あけて泣く」

とっても面白い!お財布をたまねぎに例えるとは・・・イラストもステキです!

 

つづいて、こちら。

1220-5.jpg

「あそぶねる こいにべんきょう えらべない」

心の声を詠んだ句ですね(笑)

私も、大学生の時はこんな気持ちでした!

 

最後は、こちら。

1220-6.jpg

「こんなんな みちのさきには のぞみあり」

目標を達成するには、勉強など努力は欠かせませんね!

 

みなさんの句から、日々の様子がよくわかりましたし、

意外と、日本の大学生と考えていることが一緒なんだなぁと、親近感も湧きました(*^^*)

 

これをきっかけに、少しでも福島の良さや、

日本語について興味を持っていただければと思います。

これからも、マレーシアからの投稿、お待ちしております!

 

追記。

安藤アナウンサーが、きょうの「はまなかあいづTODAY」で紹介した「あんぽ柿」。

その場にいた女性陣で、あんぽ柿風に写真を撮りました~(^^)/

1220-7.jpg

とっても甘くて、おいしかったです。

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:21:17 | 固定リンク


ページの一番上へ▲