平川 沙英

2019年01月10日 (木)あけまして さっそくコラボ はじめます @平川沙英


あけましておめでとうございます。

初詣のおみくじは「大吉」だった、キャスター平川です!

 

年末年始は大阪に帰省して、家族や友人と遊んで楽しみました。

箱根駅伝は、福島の選手も大活躍でしたね!

個人的には、母校が7位という結果を残し、大満足です(^^)/来年が待ち遠しい。。。


さて、あす・11日(金)。

いよいよ、FCT・福島中央テレビとの「コラボ企画」が始まります!

2019-0110-1.jpg

震災と原発事故から10年目となる2021年に向けて

NHK福島放送局とFCT・福島中央テレビが協力し、

放送を通じて、皆さんに元気を届け、復興を後押ししていこうというものです。

 

あすは、何と・・・「キャスター入れ替え!?!?」ということで、こんな写真を撮りました。

2019-0110-2.jpg

吾妻アナウンサーとFCT・長江麻美アナウンサー。

2019-0110-3.jpg

FCT・緒方太郎キャスターと私。

 

いかがです?どんな放送になるのか!楽しみだなぁ。。。

みなさん、ぜひご覧ください(*^^*)

ことしもよろしくお願いいたします。

 

2019-0110-4.JPG

去年に引き続き、誕生日の写真です。

24歳になりました。年女、頑張ります!

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:19:49 | 固定リンク


2018年12月27日 (木)来年は 海外進出 目指します!? @平川沙英


こんばんは。2018年最後のブログ更新となりました!

年末年始は、実家に帰る予定なのですが、

雪で飛行機が飛ぶか??心配なキャスター平川です。

 

あすから、この冬一番の寒気が流れ込むそう・・・みなさま、お気を付けください。

無事、大阪に着けますように・・・。

 

さて、去年は「人生を変えた1年だった」とブログで振り返った私でしたが、

ことしは「何事も全力で楽しめた1年」でした!

 

「はまなかあいづTODAY」の「ココに福あり~fMAP~」のコーナーで、

浅川町は、

2018-1227-1.jpg

浅川町で活躍した石工・小松寅吉を広めようと活動する相田道代さんを、

 

矢吹町は、

2018-1227-2.jpg

「町を元気にしたい」と、さまざまな活動をしているおもちゃ屋の店主・上田貴規さんを、

 

楢葉町は、

2018-1227-3.jpg

避難先の仮設住宅で作り始めた「布ぞうり」が、海外にも進出した「わらじ組」の皆さんを、

 

川内村は、

2018-1227-4.jpg

「若い世代の代表として、村を守りたい」と活動する

天山文庫の管理人、志賀風夏さんを紹介しました(*^^*)

 

日本酒王子や、いわき市医療センターの手づくりパネル、

東北サファリパークからの中継などもありましたね~。

2018-1227-5.jpg

 

プライベートでも、

2018-1227-6.jpg

磐梯町の慧日寺や、

2018-1227-7.jpg

五色沼など、四季折々の風景を楽しみました。


来年は年女!私の目標はこちら。

2018-1227-8.jpg

「海外進出」!?!?

・・・球場めぐりの話です。(笑)

 

来年は、アメリカ・メジャーリーグの球場に行くことが目標。

日本のプロ野球12球団の本拠地は制覇しているので、

いつか、メジャーリーグ30球団も制覇したいと思っている平川でした(^^)/

 

そして、

2018-1227-9.jpg

福島中央テレビとNHK福島のコラボ企画が、来年から本格始動!ということで

マスコットキャラクター「中テレくん」と「どーもくん」と写真を撮りました(*^^*)

Twitterなどにも注目です。

 

では皆様、良いお年を~~~!

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:20:01 | 固定リンク


2018年12月20日 (木)つなげたい マレーシアでも 五・七・GO! @平川沙英


こんばんは。

クリスマスより、BS1の「球辞苑」が楽しみな、キャスター平川です。

 

きょうは、マレーシアで行われた

「ふくしま五・七・GO!」の取り組みについて、お伝えします♪

 

今月6日(木)、マレーシアの大学で、

「五・七・GO!」を詠もうというコンテストが行われました。

 

きっかけは、この方。

1220-1.jpg

青年海外協力隊として、マレーシアの大学で日本語を教えている、渡辺里保さんです。

ことし3月に放送した、

JICAの訓練生たちが、二本松市で句を詠むという企画でお世話になりました。

1220-2.jpg

郡山市出身の渡辺さんは、「マレーシアと、地元・福島をつなげる機会を作りたい」と、

コンテストを企画したといいます。

1220-3.jpg

テーマは「大学生活」。

学生たちは、スマートフォンなどで、詠みたい句に合う単語を調べ、つなげていきます。

 

コンテストで優勝・準優勝になった作品については、

こちらのブログ↓↓↓↓で紹介したので、今回は、そのほかの句をご紹介!

http://www.nhk.or.jp/fukushima-ana-blog/311229.html

 

まずは、こちら。

1220-4.jpg 

「たまねぎは おさいふみたい あけて泣く」

とっても面白い!お財布をたまねぎに例えるとは・・・イラストもステキです!

 

つづいて、こちら。

1220-5.jpg

「あそぶねる こいにべんきょう えらべない」

心の声を詠んだ句ですね(笑)

私も、大学生の時はこんな気持ちでした!

 

最後は、こちら。

1220-6.jpg

「こんなんな みちのさきには のぞみあり」

目標を達成するには、勉強など努力は欠かせませんね!

 

みなさんの句から、日々の様子がよくわかりましたし、

意外と、日本の大学生と考えていることが一緒なんだなぁと、親近感も湧きました(*^^*)

 

これをきっかけに、少しでも福島の良さや、

日本語について興味を持っていただければと思います。

これからも、マレーシアからの投稿、お待ちしております!

 

追記。

安藤アナウンサーが、きょうの「はまなかあいづTODAY」で紹介した「あんぽ柿」。

その場にいた女性陣で、あんぽ柿風に写真を撮りました~(^^)/

1220-7.jpg

とっても甘くて、おいしかったです。

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:21:17 | 固定リンク


2018年12月13日 (木)1文字で ことし1年 振り返る @平川沙英


こんにちは。

きのう、帰り道に、ふと夜空を見上げたら、流れ星を発見したキャスター平川です。

 

「今年の漢字」、発表されましたね。

ことしは「災」。西日本豪雨や北海道地震など、いろいろあった1年でした。

みなさんはどんな1年でしたか?

 

私たちキャスターも、漢字一文字で、ことしを振り返ってみましたよ(^^)/

まずは、後藤キャスター。

1213-1.jpg

「走」です。

マラソン部をはじめ、ももりんダッシュも全力で「走って」ましたね~。

リポーターとして、県内だけでなく、県外の取材も

たくさん行って駆け回ったので、この漢字にしたとのことです。


続いては、吾妻アナウンサー。

1213-2.jpg

「聴」です。

ことしは「ラジオ深夜便」をはじめ、いろいろな方の話を「聴く」機会が多かったそう。

西田敏行さんのインタビューなども印象的でした。

 

これからも、みなさんの思いをしっかりと「聴いて」

伝えていきたいという意味も込めました、とのことです。


そして、わたしは。

1213-3.jpg

「球」!。

サッカーのワールドカップも盛り上がりましたし、

何より、夏の高校野球は「100回記念」!

 

福島大会から甲子園まで選手たちを追いかけ、取材したこと、

そして、甲子園のアルプススタンドからリポートするという夢が叶ったこと、

とても印象に残っています。

 

夏休みには、いろいろな球場に行って、感動的な試合をいくつも観ることができました。

大好きな野球の神様が、私に微笑んでくれているような…そんな一年だったなぁと思います。

 

そして、これからも野球の神様が微笑んでくれるよう、

先日は、こんな試験を受けてきました。

1213-4.jpg
「野球知識検定」です。

野球の歴史や記録、逸話などにちなんだ問題が出題され、

野球の知識を深め、「野球」に携わるすべての人の知識向上を目的としている検定です。

 

試験のあとは、巨人や日本ハムで活躍した投手・角盈男さんのトークショーもあり、

野球ファンにはたまらない時間を過ごせました(*^^*)

合否発表は1月末だそうです。受かってるといいなぁ~。


ちなみに、冒頭の流れ星、願い事をする間はもちろんなかったのですが、

ちょうど野球のことを考えていたので、来シーズンもいいことがあるといいなぁ・・・

なんて思っている平川でした(笑)

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:12:55 | 固定リンク


2018年12月06日 (木)ふるさとを 愛して 魅力を 伝えたい @平川沙英


こんにちは。

スーパーの抽選会で、福島牛が当たったキャスター平川です。

きのう、すき焼きにして食べました(^^♪


さて、先週の「ココに福あり~fMAP~」のコーナーで、

川内村が大好きな、24歳の女性についてお伝えしました。

福島放送局のHPの「特集アーカイブス」から見ることができます!

http://www.nhk.or.jp/fukushima/hamanaka/

1206-1.jpg

川内村にある、天山文庫。

詩人・草野心平から寄贈された本が保管され、紅葉の時期などには、多くの観光客が訪れます。

1206-2.jpg

去年の春から、この場所の管理人を務めているのが、川内村出身の志賀風夏さんです。

村の自然あふれる環境が一番だと感じ、

同級生がほとんど村外へ出ていく中、川内村で働こうと決心。

若い世代の代表として、村の魅力をPRしています。

1206-3.jpg

はじめは、草野心平についてあまり知らなかったという志賀さんですが、

作品を読むうちに「心平の人柄や、他の文豪とのエピソードが面白い」とハマっていき、

いまでは、部屋に100冊以上の本が・・・!

 

「宮沢賢治を世間に広めたのは、実は心平だった!」とか、

私も、たくさんエピソードを教えてもらいました(*^^*)

1206-4.jpg

天山文庫の近くにあるこちら。なんだかわかりますか?

酒樽・・・なんですが、実は、中が書庫になっています。

心平は、お酒が好きすぎるあまり、こんなものを作ったそうです。

心平の人柄が見えてきて、面白い・・・!

1206-5.jpg

そして志賀さんは、いま、

川内村の子供たちに、村の魅力を伝える活動にも力を入れています。

 

「ふるさとの良さを伝え、自分のように、川内村が大好きになれば、

村に残る人も増えるのでは」と考えています。

1206-6.jpg

こちらは、二人のオフショット。

何の話をしていたのか、爆笑しています(笑)

 

実は私たち、同い年なんです~!

取材を通して、たくさん話を聞かせていただきました。

いろいろなことに興味があって、何事も楽しむ志賀さんの心意気、とっても憧れます。

私も頑張らなくちゃと、背中を押されました!

 

これからの志賀さんの活躍にも期待したいですね(*^^*)

投稿者:平川 沙英 | 投稿時間:11:00 | 固定リンク


ページの一番上へ▲