丹野 なな子

2017年11月14日 (火)花火を見てきました♪@丹野なな子


ラジオ番組「こでらんに5」金曜日を担当している丹野なな子です。

番組は、大相撲中継のため休止中ですが、ブログ更新しますよ!

 

先日(11/3)、県内で行われた花火大会に行ってきました。

花火好きの方は、もう察しがついたことでしょう~♪

そうです、今年2回目の「會津全国煙火競演会」!

去年、都合が合わなくて見ることができなかったこの競演会。

どのぐらい人出があるのかわからないので、

時間にはかなり余裕を持って、会津若松市内に入りました。

 

s-DSC_0229.jpg

※会津若松駅前で、花火ののぼり旗と一緒にパシャリ!

 

とはいえ、観覧エリアの入場開始時間はまだ先・・・、ひとまず腹ごしらえ!ということで、

市内のラーメン屋さんへ。

 

s-_20171105_184726.jpg

とろとろのチャーシューに白髪ねぎ、そして背脂!

食べ進めるうちにぐるぐる渦巻きのナルトも出てきてびっくり!

(入っていないと思っていたから 笑)

ボリュームたっぷり~♪美味でした~(思わず、ご飯と餃子も頼んでしまいました 笑)満足&満腹!

 

食べすぎ?と思われるかもしれませんが・・・、

この季節の日没後の気温を考えると、しっかり食べて備えたい!

(しかしながら、この日の日中は季節が戻ったかのような、過ごしやすい陽気でした!)

 

そして街中を散策しながら、観覧席に到着!

だんだん日もかげってきました・・・。

まだ手元が明るいうちに防寒準備を仕上げなければ!と思っていると、

自分の背後に沈む夕日と入れ替わるように、花火が打ち上がる場所のさらに向こう、

山の稜線から、ほぼまん丸の月が出てきました。

s-DSC_0239.jpg

 

月のお出ましを楽しみながらも、日没が待ち遠しい~

 

そして!

s-DSC_0260.jpg

打ち上げ場所と観覧場所がとても近いので、大迫力を満喫♪

 

全国の名立たる花火師の方たちが打ち上げを担当されていたので、

花火の質の面でも、長く続いている花火大会や競技会に引けをとらない内容でした。

 

十分、心も満たされました~♪

 

「こでらんに5」、来週27日(月)から放送再開です!

そして、来月6日(水)は番組初めての公開生放送も予定されています!

どうぞお楽しみに~♪

投稿者:丹野 なな子 | 投稿時間:13:52 | 固定リンク


2017年05月25日 (木)講習会に参加しました♪ @丹野なな子


ラジオ番組「こでらんに5」金曜日を担当している丹野なな子です。

放送は大相撲期間で休止中ですが、ぶらぶらしているわけではありません(笑)

 

先日、NHK福島放送局と福島市の教育文化施設「こむこむ」共同で

消防避難訓練がありました。それに合わせて、救命講習会(AED講習)も開かれました。

救命のための処置、必要とは知りながらもきちんと学んだことがなかった私。

「これは良い機会!」と、はりきっての参加です♪

 

DVDで映像を見て心配蘇生法やAEDの使い方などを学び、実技もしっかり行うというもの。福島市消防本部、現役の救急救命士の方を講師に、講習会がスタートしました!

 

こむこむにお勤めの方、NHK職員など合わせて参加者は25人くらい。

写真1

通報を受けてから、救急車が現場に到着するまでは7~8分かかるそうです。

その間、傷病者の心臓が止まり呼吸をしていないと、脳や大事な臓器に血液が届かず、

その後、救急隊や病院での処置を受けたとしても、生存率がガクンと下がってしまう…。

救急車が到着するまでの間をつなぐための処置が、心配蘇生法やAEDの使用です。

 

突然、目の前で倒れた人などがいたら、慌てて駆け寄ってしまいそうですが、

自分の身を危険にさらさないためにも「周囲の安全を確認してから近づく」、

これが大事だそうです。ということで、安全確認中!

写真2

 

安全を確認したら、「わかりますか?」などの声かけや軽く体をゆすって、

反応を確認します。

写真3

反応がなければ、すかさず大きな声で助けを呼びます。

「誰か来て下さい!あなたは119番へ通報してください。あなたはAEDを持って来て下さい!」

この時、周囲に大勢人がいると

『誰かが通報するだろう…』『誰かがAEDを持って来るだろう…』とあいまいになるので

必ず目を見て「あなた」にお願い!と明確にするのがポイントだそうです。

 

指示した後に呼吸を確認して、「普段どおりの呼吸がなし」と判断したら、

胸骨圧迫と人工呼吸に進むのですが…

写真4

写真5

これがなかなか難しい!

だからといってやらなければ、学ばなければ、いつまでも出来ない!!

相当必死です。

 

本当は、きょう学んだことを生かす機会に遭遇しないほうがいいなぁ…。と思いつつ、

でも、万が一の時のために備えることの大切さを私たちは忘れてはいけない!とも。

緊急時は慌ててしまって、普段出来ることすら「あわわわわ~」とおぼつかなくなりがち。

定期的に救命措置の手順を繰り返して、身につけておこう!と誓う丹野でした。

 

「こでらんに5」、来週29日(月)から再開ですよ~!どうぞお聞きください♪

投稿者:丹野 なな子 | 投稿時間:16:01 | 固定リンク


2017年05月02日 (火)遠征してきました♪ @丹野なな子


プロフィール欄の趣味・特技でも「ドライブ」「花火鑑賞」を公言している

丹野なな子です。

 

4月の最終金曜日、担当番組の放送が終わるのを待ちかねて…、行ってきました!

秋田県大仙市、大曲!ドライブにはちょうどいい距離です。

 

そう、この週の4/25(火)から29日(土)、秋田県大仙市を会場に

『第16回 国際花火シンポジウム』が行われていたのです!!!

およそ2年に一度、世界の花火師や研究者が集まり技術研究の成果などを発表する国際会議、これに合わせてほぼ毎晩、現地では花火が打ち上げられていたのです!

(仕事が入っていなければ一週間、現地に入って花火を見ていたかった…)

 

29日(土)午前、秋田自動車道の途中から、土砂降り。

(東北自動車道は日差しも感じられたのに。)

事前情報で、防寒&雨対策も準備万端、このぐらいの天候は織り込み済み。

 

写真1

お昼過ぎに大仙市に到着。

当日、無料駐車場として開放されていた大仙市役所に車を停めて、

打ち上げ開始時間の夜7時まで、町中を散策です!

市役所前の歩道には、花火の玉(5号玉くらいかしら?)を模した、車止めも。

 

写真2

町中にかかる橋から、花火の打ち上げ会場方向を望む。

見えている山を背景に、花火が打ち上がります。

あの山に雲がかかっている間は、雨の心配が消えません…。

あと4時間後、雨が降っていませんよ~に!

 

写真3

大曲駅前での1枚。

ここ10年以上、夏の大曲に来ていますが、きょうは周囲に人が少ないので

独り占めして写真を撮ることができました♪

 

お昼はもちろん、あったかい稲庭うどんを!

あ、お腹が空き過ぎていて写真忘れた!!

 

写真4

花火に関する資料などが展示されている施設前でも。

写真の左側に写っている大きな花火玉は『2尺玉』のレプリカ。

こんな大きなものが大空に浮かび上がって花を咲かせるのだから…、

花火って素晴らしい!

※ちなみに2尺玉は直径およそ60センチメートル。重さ50~60キログラム。

 上空およそ500メートルの高さで、直径およそ500メートルの花を咲かせます。

 

写真5

打ち上げまで、およそ1時間。夕日も差してきたから、もう雨を心配しなくて良さそう!

地元の方とお話したところ「きょうは例年のこの時期に比べると気温が低い」とのこと。

河川敷だし、寒さだけが恐怖。

 

写真6

打ち上げ時間までもう少し、オープニングセレモニーが始まりました~

そして…

 

と、私のリポートはここまで!

え、花火の写真ですか?私の技術ではとてもじゃないですが、

上手く撮影することができません。

どうぞ花火鑑賞は、現地でお楽しみくださーい。

 

素晴らしい花火の数々、しっかり記憶に焼き付けてきましたよ(笑)

 

海外の花火と日本の花火の違いを感じることもできましたし、

これまで(私が)見たことがない『新技』もかなりあったよな!

 

そして、福島の花火師さんの5号玉、尺玉打ち上げの際には、

おもわず応援していました(笑)きっと私が応援しようがしまいが、

打ち上げ結果に差異は無かったと思いますが(笑)

 

とにかく、大満足の2時間!

 

おまけに…、帰宅の途についた途端、もの凄い霧が町なかに立ち込めて、

ほぼ30分足止めをされました。他の県外ナンバーの車も立ち往生。

(異次元の扉が開いたかと思うくらい、焦りました。わはは…)

きっと「花火の神様が、花火好き達を帰したくない!」と思っての仕業に違いないなどと

勝手に想像。

 

「また夏に参りまーす。」と心の中で応えたのでした。

投稿者:丹野 なな子 | 投稿時間:13:57 | 固定リンク


ページの一番上へ▲