2020年01月28日 (火)山下兄弟 狙うは東京五輪 @後藤万里子


こんにちは。スポーツキャスターの後藤万里子です。

 

2020年!「東京オリンピック・パラリンピックイヤー」がやってきましたね。

オリンピック・パラリンピックを目指すアスリートにとっては、大きな勝負となる一年です。

ことしも、福島のアスリートたちの活躍を、余すことなくお伝えしていきます。

 

さて、きのう(27日)の「はまなかあいづTODAY」の「月曜スポーツ」のコーナーでは、

東京オリンピックを目指す、

福島市出身の山下兄弟、男子三段跳びの兄・航平選手と、男子200メートルの弟・潤選手を紹介しました。

 

これまで、別々にインタビューをしたことはありましたが、今回は兄弟そろってのインタビュー。

2人にとっても、兄弟でのインタビューは初めてということでした。

お互いの意外な一面をたくさん聞くことができました。

 

弟・潤選手から見た兄・航平選手は「絵が得意で、これまでのテストで唯一100点を取ったのが、美術であること。

さらには、高校最初の登校日に寝坊した」というマイペースな一面など、兄弟だからこそ分かるエピソードを、次々と話してくれました。

兄・航平選手は「自分が大学4年生の時よりも、今の弟・潤選手のほうがしっかりしています」ということも話してくれました。

 

時折、潤選手が航平選手にツッコミを入れるようなところもあり、

インタビューであることを忘れしまうような(笑)3人で終始笑いながらの、楽しいインタビューとなりました。

20200128-01.jpg

 

2人が、東京オリンピックの代表に選ばれるための重要な判断材料となるのが、6月末に行われる日本選手権です。

今後も、2人の活躍について、「はまなかあいづTODAY」やこのブログを通して、皆さんにお伝えしていきます。

がんばれ、山下兄弟!!!!

 

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:15:38 | 固定リンク


ページの一番上へ▲