2018年09月12日 (水)福島から世界へ!!! @後藤万里子


こんにちは。キャスターの後藤万里子です。

 

10日(月)に放送した

「はまなかあいづTODAY」の「月曜スポーツ」のコーナーで、 

パラ陸上、東邦銀行の佐々木真菜選手を紹介しました。

 

佐々木選手は、福島市出身の21歳。

短距離、視覚障害のあるクラスの日本記録保持者です。

曇りガラス越しのように、ぼやけて見えていという佐々木選手。

09111.jpg

晴れや雨の日は、

レーンの白線が、太陽の光や雨で反射して見えにくくなってしまうということで、

最適な天気は「くもり」だということです。

 

競技の時に、サングラスは欠かせません。

09112.jpg

その話を聞いた後に見た、佐々木選手の走りには驚きました。

体は小柄ながらも、走りは力強く、

日本でトップクラスの選手が多く在籍する東邦銀行の選手の中で、

一緒に肩を並べて練習する様子が、頼もしく思えました。

 

2016年に入行した時から、400Mで自己ベストを4秒以上縮めるなど、急成長中です。

09113.jpg

今回、初めてパラ競技の取材をさせていただきましたが、発見が多くありました。

選手の障害は、どのようなものなのか。

競技に臨むうえで、どんな工夫をしているのか。

アスリートとして、今どんなことに力を入れているのか。

 

そういったことを知ることで、

パラ競技のさらなる魅力を知ることができたように思います。

 

来月6日(土)から、アジアパラ大会が始まります。

東京パラリンピックに向けて、大きなステップになるであろうこの大会で、

佐々木選手の金メダル、そして、自己ベスト58秒台を期待して応援します!

09114.jpg

投稿者:後藤 万里子 | 投稿時間:18:24 | 固定リンク


ページの一番上へ▲