2019年03月15日 (金)それぞれの 思いは重い 受け止めて @吾妻謙


震災8年関連のさまざまな番組を担当しました。

 

10日(土)の「特集 明日へつなげよう」での中継。

東京電力福島第一原子力発電所の立地自治体として初めて、

大熊町の大川原地区と中屋敷地区で、避難指示が来月解除される見通しです。

その大川原の現状を、全国に向けて中継しました。

 

ご一緒したのは、伊達市出身のタレント、長沢裕さんです。

「小学生の時に、原発を社会科見学で見た。まさか、こんなことになるとは」と。

原発事故から8年たって、やっと大熊町民がここで暮らすことができるようになります。

s-190315-1.jpg

s-190315-2.jpg

s-190315-3.jpg

先月、取材に訪れた時と比べると、災害公営住宅の建設が着々と進んでいるのが分かります。

 

入居予定の山本千代子さんは、大川原の出身ではありませんが、大熊町に帰りたいと入居を決めました。

「かつて営んでいたカラオケスナックは、町民の憩いの場だった。

夫を亡くし、再開は厳しいけれど、早く大熊に戻って、人が集う場を作りたい。私は負けません!」と。

悲しみとさまざまな憤りを超えた千代子さんに、強い力を感じました。

 

震災を通して、自治体のつながりも盛んになっています。

s-190315-4.jpg

福島県相馬市と岡山県総社市は、災害時相互応援協定を結んでいます。

去年の西日本豪雨の際は、被災2日後に、相馬から総社に、毛布や布団などの物資が届けられました。

 

「震災の時に支援してもらったので、今度は、その恩返し」と

迅速な対応に当たった相馬市地域防災対策室長の阿部勝弘さん。

また、総社から相馬にきている応援職員の谷口雄紀さんは、

「災害復興を、実際に被災した人に接しながら進められたのが勉強になった」と。

 

中継前夜に泊まったのが!

s-190315-5.jpg

s-190315-6.jpg

Jヴィレッジです。

原発事故後、収束作業の最前線になっていましたが、

サッカーを中心としたトレーニング施設として、営業を再開しました。

 

天然芝のグラウンドは、トラックや作業車の駐車場になったり、

作業員のプレハブが建ったりしていましたが、美しい緑のグラウンドとして復活!

s-190315-7.jpg

間近に見て、感激しました。その日は、老若男女の宿泊客も。

聞けば「震災後、避難を通して福島市と神奈川県川崎市のサッカークラブで交流が始まり、

毎年交流試合をしていて、ことしは、復活したJヴィレッジで、ぜひやろうと」と。

そんな交流もステキだと感じました。

 

「はまなかあいづTODAY」でインタビューした、

190315-8.jpg

190315-9.jpg

映画「福島は語る」の土井敏邦監督と、

190315-10.jpg

190315-11.jpg

ふたば未来学園高校の演劇部と演劇を上演した作家の柳美里さんが、同様の話をしていたのも印象的でした。

それは「それぞれの震災体験は、信頼される聞き手にのみ、話される」

「8年前と今では、同じ人でも言えることが変化するので、ずっと聞き続けなければならない」ということ。

 

私も、福島を離れても、ずっと心を寄せていきたいと思います。

3月11日(月)の午前4時台に「ラジオ深夜便」でも放送した柳さんとの対談は、

らじる★らじるの「聴き逃し」で、今月18日(月)午後6時まで聴くことができます!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:18:25 | 固定リンク


ページの一番上へ▲