2019年03月01日 (金)全国に 「エール」を送る 朝ドラで @吾妻謙


来年の春から放送の「朝の連続テレビ小説」102作目は!!

「エール」!!

福島市出身の作曲家、古関裕而と妻の金子の物語に決まりました!

 

ということで、私、発表があったきのう午前11時過ぎ、

JR福島駅前に、街頭インタビューに繰り出しました!

s-190301-1.jpg

東口には、古関さんのモニュメントがあります。生誕100年の2009年に設置されました。

1時間おきに、なじみの古関メロディーが流れます。どんな曲か?

s-190301-2.jpg

古関裕而は、明治42年(1909年)福島市生まれ。

80歳で亡くなるまでに、5000曲以上を作ったといわれます。

 

例えば「高原列車は行く」「とんがり帽子」「長崎の鐘」「君の名は」

それに「栄冠は君に輝く」などが、ここから流れます。

この他「六甲おろし」や「モスラの歌」も、古関メロディーなんですよ!

s-190301-3.jpg

そんな、古関裕而を「朝ドラの主人公に!」という活動が数年来行われていて、署名活動もありました。

もちろん、年配の方はよ~くご存じで、大変喜んでいました!

s-190301-4.jpg

「ありがとう」や「おめでとう」と私に言うご婦人方も多くって、

「私は何もしていませんが・・・」と恥ずかしいやら、うれしいやら・・・。

 

ところがです!

高校生をはじめ、30代でも「知らない」とか「聞いたことがある程度」という人が少なくありません。

それでも、曲名を言えば「あ~」となります。「音楽の力」って、すごいですね。

s-190301-5.jpg

この高校生は、「野球部だったので、夏になると必ず聞いていました」と

「栄冠は君に輝く」で、古関さんを知ったそうです。

 

出張で横浜からよく来るという50代の男性は、

「福島駅の新幹線の発車メロディーが、

なんで『栄冠は君に輝く』なのかが分かりました!」とすっきりした表情。

 

「知らない」と言う女子高生たちは、古関さん役を演じる窪田正孝さんの写真を見せると

「キャ~!!ファンです~」と喜んでいました。

 

私は、子どもの頃に見たテレビの歌合戦で審査員を務めていた古関さんの姿を鮮明に覚えていますし、

NHKに入ってからは、スポーツ中継の放送開始時に流れるテーマ曲が、

古関さん作曲の「スポーツ・ショー行進曲」なので、盛り上がってしゃべり始めています!

 

そんな古関裕而の「朝ドラ」決定に、新聞の地方紙も「号外」を!

s-190301-6.jpg

これは、記念になります。

s-190301-7.jpg

皆さん、ドラマの内容はもちろん、「福島の美しい風景をドラマに盛り込んでほしい」とか

「たくさんの人が訪れるといい」と「朝ドラ効果」にも期待していました。

 

福島の夏祭り「わらじまつり」の「わらじ音頭」も、古関裕而作曲。

それがこの夏、同じく福島ゆかりの音楽家で、

大河ドラマ「いだてん」の音楽を手がける、大友良英さんによってリニューアルします!

ステキなリレーですね。

 

「いだてん」からの「エール」と、NHKのドラマからも目が離せません!!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:14:49 | 固定リンク


ページの一番上へ▲