2017年05月19日 (金)花盛り! @吾妻謙


県内の美しく咲き誇る花を訪ね歩いている吾妻です。

16日(火)に田村市船引町の堂山つつじ公園に行きました!

写真1

この空の色!つつじとのコントラストが見事です。

写真2

およそ80アールに5000株以上のツツジが植えられています。

ここ、安藤勝さん、ハル子さんご夫妻が40年以上かけて整備した公園なんです。

写真3

自宅の裏山に植えたのが始まり。

地域の田畑を耕作する人が少なくなる中、ツツジで人を喜ばせるのではないか、

観光地にできるのではないかと、少しずつ増やしてきました。

安藤さんが特に力を入れているのが、キリシマ系の改良種を集めること。

写真4

特徴は色が鮮やかなことで、花の色や形、咲き方など様々なツツジは60種にもなります。

写真5

写真6

写真7

更なる進化を遂げようとしているのが、この写真 ↓ からもわかります。

写真8

手前はアジサイ。ここだけでなく、広い範囲に植え続けています。

ツツジのあとも楽しませたいという思いです。

さらに、奥の水田にはハスを植えようと計画しています。

息子さんもアイデアを出して、人々を喜ばせる工夫に余念がありません。

福島市の花見山だけじゃない、こうした思いの人が福島にはたくさんいます。

楽しみは尽きません!!

 

元気いっぱいに咲き誇る人にも会ってきました!

この渋めの看板。

写真9

「常磐音楽舞踊学院」とは、いわき市のあのフラガールたちが通う学校です。8月のデビューに向け、12人の新人フラガールが特訓を重ねています。

写真10

ということで、意気込みを聞いてきました!

写真11

「鹿児島から。映画フラガールを見て」「子どもの頃ショーを見て、なりたいって思った」

「寮生活は楽しい、でも自炊が大変。得意はホットケーキ!」

「ついついお菓子を食べ過ぎちゃう。でも、お腹周りが・・・」

「筋トレもして、腹筋をパッキパキに割りたい!」等々、10代の会話が弾みます。

唯一フラ未経験の子は「やっていたクラシックバレエと身体の使い方が違うので」と苦戦。

それでも、皆「自分たちの踊りで、お客さんを笑顔にしたい」と意気込みます。

「先輩とは違う、若い踊りで魅了しなさい」と講師。「虹を」はグッと来ました!

写真12

写真13

ちなみにわが家の9歳の末っ子は、家族間での挨拶は「キッツ~ネ~!」。

数年前、家族旅行で「アロ~ハ~」とポーズを決めて写真撮影をした時の“じいじ”の手。

フラガールたちと同じようにやりたかったのに・・・こんなでした。

写真14

以来ずっと「キッツ~ネ~!」です。では、みなさんまた来週、キッツ~ネ~!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:19:45 | 固定リンク


ページの一番上へ▲