2017年04月28日 (金)会津がアツイ! @吾妻謙


中通り、福島市内のサクラは、すっかり葉桜になってしまいましたが、

ここからが福島のサクラの底力!

会津がいい感じになっていますね~。ということで喜多方に行った吾妻です。

写真1

ここは、喜多方市の日中線記念自転車歩行者道です。しだれ桜の並木道が続いています。

日中線とは、喜多方駅と熱塩駅を結んでいた国鉄の路線で、1984年に廃止されました。

ということで、私の大好きなSLが展示してあります。

写真2

サクラとSL、大好きなもの2つのコラボレーションは最高です。

鉄道の跡地のうちの3キロが桜並木になっています。

写真3

喜多方駅近くの起点の方に車を止めた私は、端から端まで往復し、

スマートフォンの歩数計は11408歩。なかなかの運動量です。

ところによっては散っていたり、まだつぼみだったりとばらついています。

写真4

まだ十分楽しめるスポットもあるので、探してみてくださいね。

写真5

と、こんな素敵なカップルに会いました!結婚式を控えた二人の写真撮影です。

写真6

おめでとうございます!

雪山を眺めながらの花見は、東北ならでは。気持ちいい~!

写真7

 

もうひとつ、サクラの中で目を引いたのが、この若葉と小さな赤い粒。

写真8

カエデの花です。

s-170428-9.jpg

紅葉ばかりに目が行くカエデですが、この時期に花を咲かせます。

並木を歩きながらここで足を止める人はほとんどいませんでしたが、

なかなか趣がありますよね。

花が咲くということは、花言葉もある!

ということで、カエデの花言葉は「節制、遠慮、自制」と。なるほど控えめですね。

 

そして、会津は猪苗代町出身のパラリンピアンの鈴木猛史選手。

写真10

ソチパラリンピック、アルペンスキー回転男子の座って滑るクラスの金メダリストです。

ピョンチャンパラリンピックでの連覇を目指す鈴木さんをスタジオにお迎えしました。

先月のワールドカップ最終戦は、パラリンピックの開催地韓国ピョンチャンでした。

パラリンピックと同じコースで、見事優勝!

連覇に期待がかかりますが、ライバルは急成長しているオランダ人の17歳の選手だとか。

鈴木選手もパラリンピック初出場は17歳でした。ピョンチャン大会は29歳で迎えます。

4回目の出場と連覇を狙う鈴木選手は「大人の怖さをみせてやりますよ」と。

「はまなかあいづToday」でも、その姿、追っていきたいと思います!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:19:21 | 固定リンク


ページの一番上へ▲