吾妻 謙

2017年05月26日 (金)そこに花があるから @吾妻謙


登山家が山に登る理由を問われ言った。「そこに山があるから」。

今回、高柴山に「そこに花があるから」登った吾妻です。

高柴山は、田村市と小野町の境にある標高884メートルの山です。

山頂のヤマツツジの美しさは知っていましたが、実際に見たことはありませんでした。

そこで、小野町の浮金登山口から山頂を目指します。

写真1

25日(木)はあいにくの天気。でも、雨に洗われた新緑は美しい!

写真2

フィトンチッドとマイナスイオンを浴びながら?ワクワクしながら歩きます。

駐車場から20分ほど歩けば、残り260メートル。

記帳箱には「一言メッセージを」と。

写真3

「山頂の景色が楽しみです!」と書いて、ふと見ると、もう見え始めているじゃありませんか!

写真4

一面のヤマツツジ!!その数およそ3万株!雨もあがって幻想的な中、

鮮やかな朱色が目に飛び込んできました!

写真5

とにかく静か。花の蜜を求めて舞うハチの羽音も1匹1匹聞き分けられるほど。

ウグイスの歌声も、鳥たちのさえずりも、カラスの羽ばたく音さえも実にクリアに耳に届きます。

さらには、花から滴り落ちるしずくの音まで響きそう。

写真6

この天気のためか、訪れる人はほとんどいません。

山頂に滞在した30分、誰も登ってくることはなく、この景色を独り占めです。

写真7

真っ白な霧とのコントラストが素晴らしい!!

 

満喫して、降りる途中に年配の4人グループに会いました。

男性に「どうだい?花のあんばいは?」とたずねられました。

もちろん「とってもきれいですよ!」と。

もうひとりは、残り500メートル辺りの緑の中で、「疲れたからここまで」と。

私は「あと300メートルも頑張れば、ヤマツツジは見られますよ」と励まします。

「じゃあ、行ってみるか」と再び歩を進めていきました。

ヤマツツジ、いかがでした?見られましたか?

この美しさで「まだ七分咲き」とは、地元の観光協会の話。

高柴山の山開きのイベントは、今度の日曜日、28日です。

ほぼ満開、晴れれば多くのお客さんでにぎわうんでしょうね。

山登りの大変さも吹き飛ばすヤマツツジの咲きっぷり、見てくださいね!

写真8

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:17:38 | 固定リンク


2017年05月19日 (金)花盛り! @吾妻謙


県内の美しく咲き誇る花を訪ね歩いている吾妻です。

16日(火)に田村市船引町の堂山つつじ公園に行きました!

写真1

この空の色!つつじとのコントラストが見事です。

写真2

およそ80アールに5000株以上のツツジが植えられています。

ここ、安藤勝さん、ハル子さんご夫妻が40年以上かけて整備した公園なんです。

写真3

自宅の裏山に植えたのが始まり。

地域の田畑を耕作する人が少なくなる中、ツツジで人を喜ばせるのではないか、

観光地にできるのではないかと、少しずつ増やしてきました。

安藤さんが特に力を入れているのが、キリシマ系の改良種を集めること。

写真4

特徴は色が鮮やかなことで、花の色や形、咲き方など様々なツツジは60種にもなります。

写真5

写真6

写真7

更なる進化を遂げようとしているのが、この写真 ↓ からもわかります。

写真8

手前はアジサイ。ここだけでなく、広い範囲に植え続けています。

ツツジのあとも楽しませたいという思いです。

さらに、奥の水田にはハスを植えようと計画しています。

息子さんもアイデアを出して、人々を喜ばせる工夫に余念がありません。

福島市の花見山だけじゃない、こうした思いの人が福島にはたくさんいます。

楽しみは尽きません!!

 

元気いっぱいに咲き誇る人にも会ってきました!

この渋めの看板。

写真9

「常磐音楽舞踊学院」とは、いわき市のあのフラガールたちが通う学校です。8月のデビューに向け、12人の新人フラガールが特訓を重ねています。

写真10

ということで、意気込みを聞いてきました!

写真11

「鹿児島から。映画フラガールを見て」「子どもの頃ショーを見て、なりたいって思った」

「寮生活は楽しい、でも自炊が大変。得意はホットケーキ!」

「ついついお菓子を食べ過ぎちゃう。でも、お腹周りが・・・」

「筋トレもして、腹筋をパッキパキに割りたい!」等々、10代の会話が弾みます。

唯一フラ未経験の子は「やっていたクラシックバレエと身体の使い方が違うので」と苦戦。

それでも、皆「自分たちの踊りで、お客さんを笑顔にしたい」と意気込みます。

「先輩とは違う、若い踊りで魅了しなさい」と講師。「虹を」はグッと来ました!

写真12

写真13

ちなみにわが家の9歳の末っ子は、家族間での挨拶は「キッツ~ネ~!」。

数年前、家族旅行で「アロ~ハ~」とポーズを決めて写真撮影をした時の“じいじ”の手。

フラガールたちと同じようにやりたかったのに・・・こんなでした。

写真14

以来ずっと「キッツ~ネ~!」です。では、みなさんまた来週、キッツ~ネ~!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:19:45 | 固定リンク


2017年05月12日 (金)魅せてくれますね~ @吾妻謙


5月も半ばになり、もう今シーズンのサクラも終わりかと思いきや、

標高600~700メートルの天栄村が、見せてくれました!

shasinn

当然、写真を撮って掲載する吾妻です。

ここは、天栄村の英語研修施設があるリゾートホテル。

敷地には中世英国調の建物が点在しています。

写真2

ここで、NHKのBS番組がロケをしました。

「謎解きLIVE CATSと蘇ったモリアーティ」。

英国の作家コナン・ドイルがシャーロック・ホームズを世に送り出して今年は130年。

そこで、番組がホームズとコラボレーションをして、

イギリスの雰囲気満点のここで、撮影を行いました。

白石隼也さん、吉本実憂さん、浜野謙太さんらが熱演。放送は7月予定です。お楽しみに!

写真3

こちら、メインの建物、マナーハウスの正面にあるシェークスピア像です。

大学で演劇学を専攻していた私も、深くお辞儀をしたのでした。

さて、サクラに続きこの花を。国見町深山神社のフジの花です。

写真4

この写真はちょうど10年前にここで撮影しました。うちの双子が2歳のとき。

写真5

子どもは、いま小6で、ここを訪れた記憶はありませんが、

10年たっても大藤は変わらず見事な姿を見せてくれました。

写真6

高さおよそ20メートルのカヤの木に5株のフジが絡みつき、この景観を作り出します。

写真7

端正な藤棚も好きですが、野趣に富むこのフジはたまりません!!

真下に立って見上げると、フジの滝に打たれるようです。

写真8

国見町には国道4号線沿いに、今月3日、道の駅 国見 あつかしの郷がオープンしました。

写真9

この写真では賑わいはわかりませんが、平日のきょうも駐車場は満車で、

中にもたくさんの人がいました!

私のお目当ては、こちら。

写真10

国見バーガー!!震災後「町に活気を!」と開発されました。

地元商店の人気メニュー、サバの味噌煮と、評判のパン屋さんとのコラボレーション!

パンにサバ?とおそるおそるほおばると、これがなかなか合うじゃないですか!

いまでは、町のソウルフードになりました。

最後に、またまた私を魅了したのが、エアレースパイロットの室屋義秀選手。

写真11

今シーズン第2戦、アメリカ、サンディエゴ大会で優勝し、

第3戦千葉大会に向け、地元、ふくしまスカイパークで取材に応じてくれました。

デモ飛行では、飛行機なのに、ヒラヒラ舞うような超絶テクニックを披露。

「レース機は削れるだけ削って軽くしたので、あとは自分の体重を減らす」と3キロの減量。そのストイックさが勝利につながるんですね。頑張れ!

写真12

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:18:58 | 固定リンク


2017年05月02日 (火)連休号外!福島でよかった編 @吾妻謙


大型連休、いかがお過ごしでしょうか?

「はまなかあいづToday」は暦通りの放送なので、次回は8日、月曜日です。

今年度、金曜日がお休みなのは3日。

こどもの日のほかに、8月11日の山の日、それに11月3日の文化の日。

ということでブログを金曜日に更新している吾妻ですが、号外で「福島でよかった」編を。

 

大型連休初日の4月29日(土)、久しぶりにバイクで出かけようとしましたが・・・。

そう、車に続きやってしまいました。バッテリーがあがって・・・お出かけ断念。

翌30日(日)、風を切って走ります。新緑の匂いが気持ちいい!

向かったのは二本松市の岳温泉!その名も「桜坂」。

写真1

少し標高が高いので、まだサクラが咲いていました!

写真2

鏡ヶ池公園のしだれはいい感じです。

写真3

福島から1時間も走らずに、まだこんな景色を眺められるなんて!!

写真4

と、風がビューっと吹いて桜吹雪が!とっさにスマートフォンで連写!!

写真5

どうでしょう?舞い散る花びら、捕らえられています?

 

桜坂の中ほどに、足湯があります。

写真6

だれでも無料で入れます。

当然、ごっついバイク用のブーツを脱いで、う~、しみる~。

写真7

ん?おっさんの足なんぞ見たくない。でしょうが、なんとなくね。

ほら、湯船の縁にひらりと落ちる花びらとか、情緒があるじゃあないですか。

 

ぽかぽかになった身体を再び春の風にさらしながら、帰路は土湯温泉方向へ。

ほとんど車も走っておらず、ホント、最高のツーリングです。

 

そして、お気に入りのカフェで一休み。

写真8

古民家を改装したここは、広い庭もあって、

子どもが小さいときにも来ていたとても気持ちのいい空間です。

冬場は閉まっていますが、春の訪れとともに営業再開!

おいしいコーヒーを飲みながらの花見!

写真9

サイコー!!

半日でぐるりと回れるショートトリップに、福島でよかったと心底思ったのでした。

連休、お出かけの予定のない方も、

近くで楽しめるこんなところ、いろいろたずねてみてくださいね。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:21:07 | 固定リンク


2017年04月28日 (金)会津がアツイ! @吾妻謙


中通り、福島市内のサクラは、すっかり葉桜になってしまいましたが、

ここからが福島のサクラの底力!

会津がいい感じになっていますね~。ということで喜多方に行った吾妻です。

写真1

ここは、喜多方市の日中線記念自転車歩行者道です。しだれ桜の並木道が続いています。

日中線とは、喜多方駅と熱塩駅を結んでいた国鉄の路線で、1984年に廃止されました。

ということで、私の大好きなSLが展示してあります。

写真2

サクラとSL、大好きなもの2つのコラボレーションは最高です。

鉄道の跡地のうちの3キロが桜並木になっています。

写真3

喜多方駅近くの起点の方に車を止めた私は、端から端まで往復し、

スマートフォンの歩数計は11408歩。なかなかの運動量です。

ところによっては散っていたり、まだつぼみだったりとばらついています。

写真4

まだ十分楽しめるスポットもあるので、探してみてくださいね。

写真5

と、こんな素敵なカップルに会いました!結婚式を控えた二人の写真撮影です。

写真6

おめでとうございます!

雪山を眺めながらの花見は、東北ならでは。気持ちいい~!

写真7

 

もうひとつ、サクラの中で目を引いたのが、この若葉と小さな赤い粒。

写真8

カエデの花です。

s-170428-9.jpg

紅葉ばかりに目が行くカエデですが、この時期に花を咲かせます。

並木を歩きながらここで足を止める人はほとんどいませんでしたが、

なかなか趣がありますよね。

花が咲くということは、花言葉もある!

ということで、カエデの花言葉は「節制、遠慮、自制」と。なるほど控えめですね。

 

そして、会津は猪苗代町出身のパラリンピアンの鈴木猛史選手。

写真10

ソチパラリンピック、アルペンスキー回転男子の座って滑るクラスの金メダリストです。

ピョンチャンパラリンピックでの連覇を目指す鈴木さんをスタジオにお迎えしました。

先月のワールドカップ最終戦は、パラリンピックの開催地韓国ピョンチャンでした。

パラリンピックと同じコースで、見事優勝!

連覇に期待がかかりますが、ライバルは急成長しているオランダ人の17歳の選手だとか。

鈴木選手もパラリンピック初出場は17歳でした。ピョンチャン大会は29歳で迎えます。

4回目の出場と連覇を狙う鈴木選手は「大人の怖さをみせてやりますよ」と。

「はまなかあいづToday」でも、その姿、追っていきたいと思います!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:19:21 | 固定リンク


ページの一番上へ▲