吾妻 謙

2018年08月10日 (金)見に会いに 会津に浜に 駆け回る @吾妻謙


猛暑かと思えば、急に気温が下がったり、台風が襲来したりと、気候の変化が激しいですね。

体調を崩されていませんか?

私、暑さ、風雨に負けず、好奇心を満たすため、県内あちらこちらを駆け回っております。

 

4日(土)、取材した和船がデビューするので、金山町の「沼沢湖水まつり」に向かいました。

久しぶりに、バイクにまたがりますが、革ジャンは暑い。

こんなことで熱中症になってもマズいので、夜の大蛇花火大会に間に合うように、遅く出発。

 

土湯峠を越えるときには、湿った土やユリの強い香りを嗅ぎながら、

高度が上がるにつれて、空気が冷たくなっていくのを肌で感じるという、

バイクならではの感覚を楽しみました。

 

途中、磐梯山は、もう秋の空です。

180810-1.jpg

沼沢湖に到着。湖畔には、何やら不思議なドームが。

180810-2.jpg

ことしできた宿泊施設で、3棟あります。

この日は、地元の方が利用していて、

飛び入りで、カレーをごちそうになってしまいました。ありがとうございます。

180810-3.jpg

夕日が沈む湖に、大蛇発見!!

180810-4.jpg

この大蛇が活躍するのが、花火大会。

180810-5.jpg

湖上のナイアガラは、幻想的でした。

180810-6.jpg

 

かわって、7日(火)は、楢葉町での「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会」に参加。

朝6時集合だったので、前の晩に移動しましたが、雨。

福島相馬道路も、常磐道も、真っ暗な上、雨で視界の悪いこと。

「震災後、まだこんなに明かりがないんだ」と改めて感じました。

 

そして、翌朝は雨の中、体育館で500人以上と気持ちよく体操。

180810-07.jpg

ラジオ体操って本気でやると、かなりの運動量ですよね。汗びっしょりになりました。

この猛暑で、熱中症予防の「運動は原則禁止」の文言も聞きなれてしまいました。

ラジオ体操も禁止?早朝の気温が上がる前なら、大丈夫です。

 

しかし、寝坊すると、それもできません。

そこで、体操指導の多胡肇さんに、

「簡単にできる、身体をほぐす体操」を教えていただきました。

180810-08.jpg

座ったまま、足首をつかむ。そして、腕を大きく上に伸ばす。

大きな筋肉を動かすのがポイントです。

 

さらに、両足のかかとを上げ下げする。ふくらはぎの筋肉に、血が通います。

ふくらはぎの反対側、すねの筋肉も、つま先を上げ下げして動かします。

これで、かなり血行が良くなるそうです。

 

お盆で帰省や行楽など、長時間ドライブをしたり、飛行機に乗ったりする場合にも

この体操は効果的ですよ!お試しください。

 

私も、夏休みをいただきます。

毎年「転勤か!?病気か!?」とお問い合わせをいただきますが、ご安心を。

では、また次回。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:20:00 | 固定リンク


2018年08月03日 (金)暑さ避け こう過ごすのは いかがでしょう @吾妻謙


猛暑がおさまりません。熱中症対策は意識してくださいね。

 

そんな中、避暑の提案を。

ことしは、火星大接近!「火星」なんて、地球よりも暑そうな名前がついていますが、

表面温度の平均は、氷点下55度。寒暖の差が激しく、赤道付近は20度だそうで、

「おっ、過ごしやすいじゃん」なんて思いますが、生命は確認されていません・・・。

 

そんな火星を観測できるのが、県内の天文台。

浄土平天文台は、標高1600メートル。日本一標高が高いところにある公開天文台です。

s-180803-1.jpg

現在「浄土平まつり」が開かれ、さまざまなイベントが行われています。

私もここで、こんなに天の川が見えるなんて!と感動しました。

ここなら、火星もより近く感じられそうです!

 

火星の大接近により観測できるのが、火星の2つの衛星「フォボスとダイモス」です。

s-180803-2.jpg

田村市にある「星の村天文台」の大野裕明台長が送ってくださいました。

そして、今月のお楽しみは、こちらも!

s-180803-3.jpg

「ペルセウス座流星群」です。

新月とも時期が重なり観測の条件は良く、12日から13日にかけては

1時間に40個くらいの流れ星が見られそうだということです。楽しみです!!

 

奥会津の只見川や沼沢湖も気持ちよさそうです。

s-180803-4.jpg

只見川にかかる川霧と

その中をゆく和船。ここ「霧幻峡」といいます。

 

この写真を撮影した郷土写真家の星賢孝さんが、

去年から本格的に、和船の渡しを復活させました。

この風景に、和船はピッタリです!

s-180803-5.jpg

そしてもう1艘、新造されました。

s-180803-6.jpg

作ったのは写真中央、ねじり鉢巻きの大工の若林明雄さんです。

このあたりで和船を作れるのは、若林さんただ一人になってしまったといいます。

その視線の先に、進水式を済ませたばかりの和船。

s-180803-7.jpg

4日(土)、5日(日)の金山町、沼沢湖の湖水まつりでお披露目されます。

s-180803-8.jpg

湖に伝わる大蛇伝説の再現です。

s-180803-9.jpg

左が星さん。星さんの和船を復活させたい思いに若林さんが応えて、

湖水まつりと霧幻峡の渡しを和船で盛り上げていきます。

 

家に出るのもおっくうだという方。ラジオの聴き逃しサービスはいかがでしょう。

s-180803-10.jpg

先日「ラジオ深夜便」で放送した

作家の柳美里さんと村山由佳さんのトークを聞くことができます。

https://www.nhk.or.jp/shinyabin/k2.html お楽しみください!

 

村山さんとメールのやりとりをしているときに、こんな一文がありました。

「我が家では、吾妻さんのお名前は

『戦隊もので言うたら絶対、1号機に乗ってはるよね』

という謎の解釈であります(笑)」と。

 

「アヅマケン、って漫画っぽい」と友人に言われたこともあります。

でも、漢字の吾妻謙には「わが妻にゆずる」の意が。夫婦円満の秘訣か・・・。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:20:22 | 固定リンク


2018年07月27日 (金)アイデアと思いで 復興 花開く @吾妻謙


ことしの暑さは、ちょっと厳しいですね。

こんなに続くと、日ごろタフさを売りにしている私も年齢を実感せざるをえません・・・。

が、照り付ける太陽に顔を向けて咲くのが、ヒマワリ!

s-180727-1.jpg

 

飯舘村内の各地で、毎年広大なヒマワリ畑を目にします。

ここは、飯樋地区の上飯樋。見渡す限り黄色!地域の農家およそ100軒が、

去年から60ヘクタールにヒマワリや菜の花を植えています。

s-180727-2.jpg

田畑の肥沃な土が、除染ではぎとられてしまったため、その土地の力を回復させるための

地道な努力です。

そして未だ故郷で暮らせない人たちが、お盆にお墓参りに帰ってきたときに

楽しんでもらいたいという思いも込められています。

しかし!今年は暑い日が続き、地域の人たちはお盆までもつか心配しています。

この景色、見せてあげたいですね~。

 

今週、飯舘村では、新しい飯舘村オリジナル品種の花の発表がありました。

その名も「いいたてオリンピア」。

s-180727-3.jpg

タイタンビカスというハイビスカスの仲間の一種で、最大の特徴が花の色!

s-180727-4.jpg

日の丸の赤に近いこの色から、2020年の東京オリンピックにちなみ

“オリンピア”と名付けました。成長すると丈が2メートルにもなり、

高い位置で真っ赤な花が開きます。まさにライジングサン、までいの里に日はまた昇ると

飯舘村にピッタリです!!

s-180727-5.jpg

s-180727-6.jpg

花びらは光を通すので明るく輝き、

花は7月から9月まで1株から200輪もが次々と咲くという市場価値の高さも売りです。

さらに、暑さに強く水さえやればよく育ち、冬も切っておけばまた春には芽がでるという、

初めて花き栽培に取り組む農家にとっても育てやすいのです!

五輪の会場を、そして飯舘の夏を、この赤が彩るのが楽しみです。

 

南相馬でも、町に活気を与えたいというイベントが続いています。

柳美里さんの書店「フルハウス」で毎週土曜日に開かれている朗読会やトークショーです。

7月7日に直木賞作家の村山由佳さんが訪れました。

s-180727-7.jpg

s-180727-8.jpg

村山さん自らが朗読する「ミルク・アンド・ハニー」に引き込まれ、

初対面という柳さんとのトークに感嘆しました。

そのあと、私、別室で対談を収録しました!

s-180727-9.jpg

それが8月1日水曜日の午前4時台の「ラジオ深夜便」で全国放送です!

同世代の作家2人の共通点や創作への思いとは!!

時間があっという間に過ぎてしまったと感じる盛り上がり!お聞き逃しなく!

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:20:32 | 固定リンク


2018年07月20日 (金)福島の 避暑地に向かう道 楽し @吾妻謙


ここが東北か!というくらいの猛暑が続く福島ですが、みなさん大丈夫ですか?

昨夏は、気温が低くて福島らしくなく、もの足りなさも感じましたが、ことしはいき過ぎです!

 

不急の外出を控えて!と呼び掛けながらも、私なりの避暑をご紹介します。

福島市は、市街地から車で1時間ほど走れば、涼しい高地に行けるじゃないですか!

私の大好きな、吾妻山の浄土平。

s-180720-1.jpgs-180720-2.jpg

吾妻小富士の標高は、1707メートル。涼しいはずです。

そこに向かう道が、また楽しいのなんの!磐梯吾妻スカイライン最高!!

オートバイもいいんですが、これだけ暑いと、革ジャンは熱中症の危険も増しますので

今回は車で。

s-180720-3.jpg

気持ちよくカーブをまわり、

s-180720-4.jpg

時折、サルにも遭遇。

あっ!と見つけてから、安全を確認して車を端に寄せ、

スマホを出して、シャッターを切るまでに、

すっかりサルは通り過ぎ、お尻しかとらえられませんでしたが・・・。

s-180720-5.jpg

「道路最高点1622M」で車を降り・・・、暑くない!!むしろ、涼しいくらいです。

s-180720-6.jpg

写真中央の銀色のドームは「天文台」。最高の星空を、私に教えてくれたところです。

また夜に“防寒”をして、来たいなぁ。

 

帰る途中に「こっちは涼しいぞ~」と、福島市街地を見下ろしましたが、

s-180720-7.jpg

ガスが出ていて、市内を望むことはできませんでした。

同じ福島市で、天気も気候も、まったく違うんです。

トンボが飛び交う避暑地に、みなさんもぜひ!

s-180720-8.jpg

 

この磐梯吾妻スカイラインの曲を、先週演奏してくださった、

ヴァイオリニストの古澤巌さん。

s-180720-9.jpg

古澤さんの演奏の収録と、

s-180720-10.jpg

同じく先週紹介した、伊達市のヘメロカリス園のロケには、実は笑える裏話がありました。

 

ヘメロカリス園の撮影には、平川キャスターと行きました。

私がカメラを、平川さんが三脚を持っていきました。

いざ撮影するときに、三脚を受け取り、ケースから出すとそれは・・・。

なんと、譜面台!!

 

さすが大阪出身の平川さん、ここで得意の“ものボケ”かいっ!

「なんでやねん!これで、カメラを立てられるかっちゅうの!」

本当に三脚だと信じて、持ってきたそうです。

 

その背景には、古澤さんの演奏が・・・。

この時に使用した譜面台をしまった時に、いつもの三脚の置き場と入れ替わり・・・

ということです。

s-180720-11.jpgs-180720-12.jpg

たしかに、外見では、区別はつきにくいですね。

重さは結構違うんですが・・・。暑さで、集中力も散漫になりがちです。

失敗は、笑える範囲でおさまりますように。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:16:26 | 固定リンク


2018年07月13日 (金)耳で目で 伊達で芸術 堪能す @吾妻謙


今週も、すばらしい芸術に触れる機会がありました。

 

ヴァイオリニストの古澤巌さんです。

s-180713-1.jpg

東日本大震災直後の音楽イベントで、伊達市出身のスタッフの一人が、

古澤さんに、復興のために福島での演奏をお願いしました。

それを快諾し、以来、毎年来訪して演奏活動を続けている古澤さん。

 

8日(日)に、伊達市内の寺と神社で、奉納演奏をしました。

s-180713-2.jpg

こうしたことが縁で、福島県は、

インターネットで発信しているPR動画の作曲と演奏を、古澤さんに依頼しました。

 

それが、「福島絶景3ライン」。

「春の磐梯吾妻スカイライン」「夏の磐梯吾妻レークライン」「秋の裏磐梯ゴールドライン」

3つの観光道路を紹介する、各1分間の動画です。

 

福島局で、その3曲をつなげて演奏してくださいました!初公開です!!

s-180713-3.jpg

なんとカッコいい!!

 

演奏順に「夏は、オー・ソレ・ミオみたいになっちゃった」と、

NHKの「旅するイタリア語」で訪れたときに聞いて耳に残っていたメロディーを。

「オー・ソレ・ミオ」は、私の太陽という意味。

夏のレークラインの風景には、ピッタリです!!

 

「春はフリオ・イグレシアスかな」

「ドライブシーンからランチシーンに切り替わるところが音楽的には難しかった」と

映像先行で作曲した裏話も披露してくださいました。

 

「秋は、もののけ姫っぽいよね」と。

福島県のPR動画とあわせてお楽しみください。

 

私の大型バイクでの3ラインのツーリングは、

ギアチェンジやらアクセルワークやらがなかなか忙しく、

景色を楽しむ余裕はあまりないのですが・・・ドライブに最高です!

きっと、古澤さんの曲が頭の中で響きますよ!

 

そして、伊達市には、地元の菊田修さんが育てている「ヘメロカリス園」があります。

s-180713-4.jpg

ヘメロカリスは、ユリ科の多年草。

菊田さんが育てているのは、2000種類!

s-180713-5.jpg

s-180713-6.jpg

s-180713-7.jpg

ところが、先週4日(水)の時点で、猛暑と雨不足でピンチでした。

s-180713-8.jpgs-180713-9.jpg

「10年間育ててきて、こんなのは初めて」と菊田さん。

ヘメロカリスは、花を咲かせるために、葉の養分を使い果たすんだとか。

なんと健気な・・・。

 

しかし、今週は少しだけ降っています。その雨で、見事復活!

s-180713-10.jpgs-180713-11.jpg

「何とか咲きました~」と安どの表情を見せてくれました。

s-180713-12.jpg

大きな災害を発生させている雨ですが、福島県の降水量は、平年を大きく下回っています。

ほどよくは降らないものですね。自然にはかないません。

 

この3連休、福島市では猛暑日になる見込みです。

熱中症対策をしっかりなさってくださいね。

投稿者:吾妻 謙 | 投稿時間:20:09 | 固定リンク


ページの一番上へ▲