世界遺産への道 NHK世界遺産プロジェクト

放送予定

  • 世界文化遺産 登録決定スペシャル
    「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群
    7月28日(金) [総合・九州沖縄地方] 午後8:00〜8:43
    《再》7月30日(日) [総合・九州沖縄地方] 午前8:11〜8:54

今年7月に世界遺産委員会がポーランドで開催され、登録が期待されていた「宗像・沖ノ島と関連遺産群」の世界遺産への登録は、正式に決まった。
これら宗像・沖ノ島の遺産群に関して、それぞれがどのような歴史と信仰、そして意味合いを持つ遺産であるのか、また世界文化遺産としてどのような評価価値があるのか、専門家や識者を迎えて、詳しく解説する。また、希少な自然環境を有する沖ノ島の姿や、8万点に及ぶ国宝の奉献品の数々などを、日ごろ目にすることのできない映像でたっぷりと紹介する。

『神宿る島』宗像•沖ノ島と関連遺産群

世界遺産に登録されました!

4世紀後半から9世紀にかけて、航海の安全などを願い、多くの装飾品などを用いた古代の祭りが行われていたことを示す遺跡が残される福岡県宗像市。
「海の正倉院」沖ノ島から出土された奉献品8万点が国宝に指定されている。この沖ノ島をはじめとする8資産が、2017年7月、世界遺産に登録された。

貴重映像公開中!

▲ ページの先頭へ