主な番組予定

平成29年 長崎平和祈念式典

テレビ・ラジオ

8月9日(水)総合 午前10:30〜(11:50)
 ラジオ第1 午前10:55〜(11:30)

原爆投下から72年の8月9日、長崎市の平和公園から「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」の模様を伝える。被爆者たちが高齢となりその体験を継承していくことが課題となっている長崎、そして日本。そんな中、核兵器のない世界の実現に向け、声を上げ続ける人々の姿を、平和公園、そして祈りに包まれた長崎市内2 か所からの中継も交え、生放送でお送りする。ラジオの解説は、朝長万左男(ともなが・まさお)さん。2 歳の時に爆心地からおよそ2.7 キロ離れた自宅で被爆した。その後、およそ40 年間長崎大学医学部で被爆者医療に携わり、平成21 年からは日赤長崎原爆病院院長を務めている。

【司会】(テレビ)渡辺健太アナウンサー(ラジオ)森田哲意アナウンサー

にっぽん紀行
「ペダルを踏んで届ける元気〜熊本 自転車販売のケーキ職人〜」

テレビ

8月14日(月)総合 午後7:30〜8:00

荷台にパウンドケーキの山を積んだ赤い自転車が熊本の町を走る。新本高志さん62歳、30年前から自転車を走らせ、阿蘇の山や天草の島々までケーキを売り歩いてきた。去年、熊本を襲った大地震、なじみの客の多くが被災、消息が途絶えた人もいる。「今こそ元気を届けて、自分を育ててくれた人々に恩返しをしたい」。汗びっしょりでペダルを踏む夏。ケーキ職人とお客さんとの触れ合いのドラマを追う。

番組ホームページへ

NHKスペシャル
「樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇」

テレビ

8月14日(月)総合 午後8:00〜8:43

北海道の北に広がるサハリン。かつて「樺太」と呼ばれ、40万人の日本人が暮らしていた。昭和20年8月、終戦後にも関わらず、住民を巻き込んだ地上戦が1週間にわたって続き、5000人とも6000人とも言われる人たちが命を落とした。なぜ終戦後も戦闘は終わらず住民の被害が拡大したのか。長年沈黙を守ってきた元住民たちの証言、そして国内外で発掘した資料から、樺太の悲劇に迫る。

番組ホームページへ

大捜索ドキュメント! 屋久島“伝説の超巨大杉”

テレビ

8月15 日(火)総合 午後10:00〜10:50

世界遺産・屋久島で『巨大杉伝説』はひそかに語り継がれている。かの縄文杉を超える未発見の杉があるというのだ。取材班は、森を知り尽くす山岳ガイド、航空測量の技術者と力を合わせ、捜索隊を結成。番組は、伝説に挑む捜索隊員たちのドキュメンタリーである。まず、最新の航空レーザー調査を駆使。空から森に隠れた巨木をスキャンしていく。その“宝の地図”を手に、前人未踏の秘境へと捜索隊は分け入っていく。だが、ある時は猛烈な豪雨や濁流など屋久島の苛烈な一面が牙をむき、ある時は不可思議な絶景に遭遇するなど、屋久島の知られざる姿が次々明らかになってくる。そして出会う個性あふれる杉たち。中心が空洞でも生き続ける杉。巨岩や倒木からはえた杉。樹齢数千年を超すものは、風雨で幹や枝が折られ、奇怪な形に変化を遂げる。静かながらも必死に、木々は生存競争を繰り広げていたのだ。果たして伝説の巨大杉に出会うことはできるのか。そしてその姿は・・・?

アサタビ!
「豊かな水とともに 〜熊本県阿蘇〜」

テレビ

8月27日(日)総合 九州沖縄地方 午前7:45〜8:10

九州沖縄の町や村を俳優やタレントがブラリと訪れ、懐かしいふるさとの素晴らしさを再発見するアサタビ。今回は、元五輪競泳選手の宮下純一さんが熊本県阿蘇地方を旅する。阿蘇には多くの水源があり、名水百選に選ばれた水源は全国最多。去年の地震によって倒壊してしまった阿蘇神社の参道横にある門前町商店街には水基(みずぎ)と呼ばれる誰でも使える水飲み場が12基あり、これを使って阿蘇神社復興プロジェクトが行われている。さらに役犬原地域には水が2mほど吹き上がる自噴水がある。この水で農業がしたいと移り住んでトマトを栽培する農家がいる。産山小学校のプールも湧水が使用されている天然水のプールだ。子ども達にメダリストから泳ぎの指導もあるも!?番組では、宮下さんが阿蘇を巡りながら、豊かな水を糧として生きる人々と触れあう。

番組ホームページへ

▲ ページの先頭へ