放送予定7月2日(土)

しぶき舞う漁師町の心意気にふれて 長崎市・式見

写真

長崎市式見地区は、かつて8000人の住民が暮らし、長崎3大漁場に数えられる漁師町として栄えていた。跡継ぎ不足から漁業は衰退、人口は700人ほどに減ったが、漁師町の伝統と心意気は今も街に息づいている。この地区に夏の訪れを告げるのが、長さ20メートルの巨大な木造船を20人ほどの男たちが漕いで動かす「ペーロン競漕」だ。昭和初期から盛んに行われていた伝統行事で、この時期、式見港では若者たちが練習に励み、地域の人たちが指導や応援にかけつける。番組では、一年で一番街が盛り上がる「ペーロン競漕」大会に向け、情熱を傾ける漁師達の姿や、期待を寄せる地域の人たちの思いなどを描く。

旅人:手嶌 真吾アナウンサー(長崎放送局)

写真

映画監督 松居大悟さん

サタデートークは、福岡県北九州市出身の映画監督・松居大悟さん(30)。映画「アフロ田中」、「私たちのハァハァ」そして「ワンダフルワールドエンド」など“青春”をテーマにした映画が若者達から絶大な支持を受け、これまで数々の映画賞などを受賞してきた松居さん。もともと漫画家やお笑い芸人を夢見ていたという松居さん。松居さん自身の青春時代の挫折やコンプレックスを映画に投影することで、“トラウマを昇華させている!”そうです。松居さんに映画に込めた思いや、“青春”を描くことの魅力などについて伺いました。

 福岡のニュース

  • 読み込み中
  • 読み込み中
  • 読み込み中
  • 読み込み中
  • 読み込み中
  • 読み込み中
  • 読み込み中
  • 読み込み中
  • 読み込み中

 サタデートーク

もっと見る

 西日本の旅

もっと見る

 おはサタ!特集

もっと見る