九州沖縄のキラリを探します 金曜 総合・九州沖縄 午後8:00〜

放送予定

シリーズ世界遺産への道
「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

7月3日(金)総合 九州沖縄地方(一部地域除く) 午後8:00〜8:43
(再)7月4日(土)総合 九州沖縄地方(一部地域除く) 午前10:05〜10:48

シリーズ企画「世界遺産への道」の第3回として、「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」を特集する。日本列島と朝鮮半島の間に位置する「沖ノ島」。海を渡り大陸と交流する宗像地域の人々の信仰の対象とされ、4世紀後半から約500年にもわたり、航海の安全を祈って多くの奉献品を用いた大規模な祭祀(さいし)が行われていた。現在も島全体が信仰の対象となり、厳しい入島制限で保護されている島には、8万点の国宝が出土するなど、古代祭祀の変遷を物語る遺跡が、ほぼ手つかずの状態で残されている。番組では、原則立ち入りが禁じられている沖ノ島に上陸し、10日間交代で沖ノ島を守っている宗像大社の神職の案内で、古代日本人の祭祀の謎をひも解くともに、沖ノ島の貴重な自然も紹介する。

ゲスト
青山草太、金谷俊一郎

司会
ゴリ(ガレッジセール)川田(ガレッジセール)雨宮萌果

山村で生きる 〜熊本県多良木町槻木〜

7月17日(金)総合 九州沖縄地方(一部地域除く) 午後8:00〜8:43
(再)7月25日(土)総合 九州沖縄地方(一部地域除く) 午前10:05〜10:48

熊本県多良木町にある小さな集落、「槻木(つきぎ)」地区(戸数およそ60戸、人口およそ120人)。2年前まで、50歳以下の世代が全くいない超高齢化に直面する集落だった。しかし、去年4月、総務省の「集落支援員制度」を利用し40代の上治英人さん・美由貴さん夫婦が2人の子どもを連れて移住、その後大きな変化が起き始めている。2007(平成19)年に休校になった町立槻木小学校が、上治さんの長女の入学を機に復活、車が運転できない高齢者は、支援員の英人さんの車に乗せてもらい村の診療所に通えるようになった。生まれ育ったふるさとで人生をまっとうしたいと淡々と暮らす槻木地区の人々。それを全力でサポートする上治英人さんとその家族。両者の間に生まれた新しい絆を描きながら、過疎に悩む地域再生のヒントを探る。

藤清光の料理一本勝負!漬物

7月31日(金)総合 九州沖縄地方 午後8:00〜8:43

今回の「きん☆すた」は、藤清光さんの「料理一本勝負!」。テーマは「漬物」。食材を、塩や酢、酒かすなどに漬け込んで作る「漬物」は、日本の食文化と切っても切れない関係にある。今回は、「高菜漬け」と「ぬか漬け」に注目する。「高菜漬け」は九州で最も盛んに作られている漬物の一つ。地域ごとにその土地ならではの「高菜漬け」があり、漬け方や漬ける時間で味わいが変わる。高菜の生産地に「高菜漬け」を使ったふるさと料理を訪ねる。一方、日本の漬物の代表「ぬか漬け」。「ぬか床」を毎日かき混ぜなければならないなど、作るのに手間がかかる「ぬか漬け」だが、「ぬか床」ビギナーでも家庭で簡単にできる「藤清光流・ぬか床」の作り方を伝授する。スタジオでは、「高菜漬け」を使ったふるさと料理や、意外な食材を漬け込む「アイデアぬか漬け」を紹介する。

  • お寄せ下さい

最近の放送