キャスト

トップ>キャスト・スタッフ

現在

カーソルを写真に合わせると、詳細がご覧いただけます。

写真をタップすると、詳細がご覧いただけます。

加奈子(現在45歳)役…永作博美

加奈子(現在45歳)役…永作博美

東京で暮らす主婦・加奈子は、かつての親友の咲子に呼ばれ、35年ぶりに糸島を訪れた。どこか満たされない日常に焦りを感じていた加奈子に、少女時代を過ごした森や海は当時のみずみずしい感性をよみがえらせてくれる。
記憶を彩る小さな命たち、カエルやオケラ、シナモンの木。すると、おハルさんが過去から呼んでいる声が…。

咲子(現在45歳)役…渡辺真起子

咲子(現在45歳)役…渡辺真起子

加奈子の親友・咲子は、ふるさと糸島で緑に囲まれた素敵なカフェを営んでいる。35年ぶりに加奈子を呼び寄せたのは、分校時代の仲間たちと同窓会を開くためだというが…、それには語っていないもう一つの理由があった。そして、咲子は「あのころ」を取り戻す小さな旅をしようと加奈子をさそう。

永原院長(現在)役…品川徹

永原院長(現在)役…品川徹

物語後半の鍵を握る地元病院の院長。

渡辺記者(現在)役…須田邦裕

渡辺記者(現在)役…須田邦裕

物語後半の鍵を握る地元新聞社の記者。

過去

カーソルを写真に合わせると、詳細がご覧いただけます。

写真をタップすると、詳細がご覧いただけます。

カナコ(35年前10歳)役…濱田ここね

カナコ(35年前10歳)役…濱田ここね

東京から糸島へ転校してきた小学校4年生のカナコは、道ばたのカエルにびっくりして気を失う都会っ子。糸島の森や海で時を忘れて遊び回ったり、中津先生の習字教室で学んだりするうち、夢について、命について考えるようになっていく。そして、森の中の家でおハルさんが教えてくれた、いちばん大切なこととは…。

咲子(35年前10歳)役…戸高花暖

咲子(35年前10歳)役…戸高花暖

糸島生まれで、糸島の分校の4年生のサキコは、転校してきたカナコとすぐにうちとけ、親友になる。二人はいつも一緒で、森や海で遊んだり、オケラをつかまえたり、おハルさんの家を訪ねたり、忘れられない時をすごす。

おハルさん(35年前72歳)役…樹木希林

おハルさん(35年前72歳)役…樹木希林

深い森の中の一軒家に一人で住んでいる不思議なおばあさん。「ネコと子どもは出入り自由よ」というその家で、おハルさんは子どもたちと楽しい時間を過ごし、時に「命の尊さ」について語ってくれる。しかし、おハルさんの人生には、ある秘密があった…。

中津先生(35年前25歳)…中村蒼

中津先生(35年前25歳)…中村蒼

少女時代のカナコやサキコたちが通っていた習字教室の先生。自分が気に入った本を子どもたちに貸してくれる本好き。いつか子どもたちが読む物語を紡ぎたいと、作家になる夢を抱いている。

スタッフ

原作 「いとの森の家」東 直子

歌人・作家。早稲田大学客員教授。1996年 第7回歌壇賞受賞。のちに小説家としてもデビューし著作多数。エッセイや絵本にも才能を発揮している。「いとの森の家」は小4の頃の糸島での実際の体験をもとに小説化した。

脚本 坂口 理子

2006年「よいお年を」でテレビ朝日21世紀シナリオ大賞。「おシャシャのシャン!」で創作テレビドラマ大賞。2010年「風に聞け」で城戸賞受賞。2013年、高畑勲監督「かぐや姫の物語」。2014年 「マッサン」脚本協力。

音楽 三柴 恵

NHK「アナザーストーリーズ」、「スペースシップアースの未来」、正月時代劇「堀部安兵衛」などの音楽制作。

制作統括 福島広明
演出 木寺一孝

ページトップへ