料理レシピ

番組名 はっけんTV

料理名 「イサキのタンドリー風」

完成写真
6月7日 放送
(出演:料理研究家 森山いづみさん)

梅雨時期がとってもおいしいイサキ。今回は、子供も大人も好きなタンドリー風に仕上げます。イサキをカレー粉やヨーグルトなどに漬け込んで焼く、スパイシーな一品です。手軽に作れる上に、しっかりとした味付けなので、お弁当やおもてなし料理にもぴったりです。

材料

(2人分)
イサキ(三枚におろしたもの)…200g、サラダ油・薄力粉…各適量
【調味料】ヨーグルト…50g、カレー粉…小さじ1/2、パプリカパウダー…適量、しょうゆ…大さじ1、はちみつ…大さじ1/2、にんにく(すりおろす)…小1かけ分、玉ねぎ(すりおろす)…30g
【付け合わせ用】ベビーリーフ…適量、レモン…1/4個

作り方

(1) イサキは血合い骨を骨抜きで抜く
ポイント→市販のものでも、血合い骨がある事もあるのでよく見て取り除きましょう

(2) 調味料の材料をボウルに合わせる

(3) バットに調味料の半量を塗り、イサキを並べて残りの調味料を上からまんべんなく塗る
ポイント→保存袋を使う場合は、調味料を先に入れてその後、イサキをいれてしっかりと空気を抜いて密閉してください

(4) ラップをして、冷蔵庫で1時間〜2時間ほど寝かせ、味をなじませる
ポイント→お肉よりも、お魚のほうが味のしみ込みが早いので、漬け込む時間は1時間〜2時間程度にしましょう。2時間以上漬け込むと、味が濃くなりすぎてしまいます

(5) 漬け込んだイサキについた調味料を軽くとり、小麦粉を全体にまぶす

(6) フライパンを熱してサラダ油を入れ、弱めの中火で焼く
ポイント→焦げ付きやすいので、最初は弱めの中火で焼きましょう
⇒こんがり色づくまで焼き、裏返して同じように焼き上げます。

(7) 焼きあがったイサキを器に盛り付け、付け合わせを盛り付けて完成

▲ ページの先頭へ