料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「おうちdeレストラン」

料理名 「たいとかぶの煮つけ」

完成写真
2月4日 放送
(出演:リーガロイヤルホテル小倉 日本料理料理長 黒澤 新二さん)

マダイをはじめ、キンメダイ、甘ダイなど寒い時期がタイの旬。立春を迎えるこの日は、タイのかぶと煮と、これまた旬のカブをあわせて「かぶとかぶと煮」。お財布にも優しいタイのあらを使って、寒い時期ならではの美味しいひと皿を。

材料

(2人分)
たい(頭)…1匹分、かぶ…1個、しょうが…適量、ゆず…適量、芽ねぎ…適量
【合わせだい/たい用】
かつおだし…720ml、酒…210ml、みりん…210ml、しょうゆ…60ml
【かぶ用】
追いだし…50ml

作り方

(1) かぶは4つに割り、皮をむき、竹串がスッと通る程度に煮ておく。

(2) たいあらは熱湯をかけて霜ふり状態にした後、血やうろこなどを丁寧に取る。

(3) 鍋に薄切りしたしょうが、合わせだしを入れて、たいあらを煮る。
目が白くなれば火が通った目印

(4) たいを一度取り出す。追いだしを入れて少し薄め、かぶを煮る。

(5) だしの味をみながら、甘味としょうゆのバランスがいいところで鍋にたいを戻す。
※ここは鍋の大きさや火かげんでも変わるので、こまめに味をみながら濃くなりすぎたら再び追いだしをして15分〜20分程度かぶを煮る。

(6) たいが温まったら火をとめる。

(7) お好みで針ゆず、芽ねぎなどを添えて完成。

▲ ページの先頭へ