料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「おうちdeレストラン」

料理名 「さんまの中国風照り焼き」

完成写真
10月15日 放送
(出演:ホテルオークラ 樋場 正人さん)

さんまの美味しい季節。今回は、中国風の味つけで旬のさんまを味わう。一度揚げたさんまを特製のソースと絡めて照りを出すのがポイント。鶏肉料理などにも応用のきく、特製ソースのレシピにご注目。

材料

(2人分)
さんま…2匹、ブロッコリー…適量
【魚の下味】
酒…小さじ1、溶き卵…1/4個、ごま油…少々、塩…少々、かたくり粉…適量
【ソース】
水…大さじ4、砂糖…大さじ3、ウスターソース…大さじ2、しょうゆ…大さじ1、酒…大さじ1、鶏ガラスープ゚の素…小さじ1、酢…大さじ3
【照り焼き】
白ねぎ…1/2本、にんにく…1かけ、しょうが…1かけ、鷹の爪…適量、炒め油…適量、ごま油…適量、揚げ油…適量

作り方

【下ごしらえと揚げ】
(1) さんまは内臓と骨を取り食べやすい大きさに切る。ブロッコリーは下ゆで、ねぎ・にんにく・しょうが・鷹の爪はみじん切りに。

(2) 酒、塩、ごま油、溶き卵で下味をつけ、かたくり粉をまんべんなく振る。

(3) さんまを170〜180℃の油でカリッと揚げる。

【ソースを作る】
(4) 水・砂糖・ウスターソース・しょうゆ・酒・鶏ガラスープの素を合わせ、鍋に入れ、一度沸騰させる。

(5) 沸騰したら火を止め、酢を入れる。

【照り焼き】
(6) 鍋に油を入れ、にんにく・しょうが・白ねぎ・鷹の爪を入れて炒める。

(7) さきほど作ったソースを入れる。

(8) 揚げたさんまを入れる。

(9) 鍋を回しながら、さんまに照りが出るまで温める。

(10) 照りが出たらごま油を入れて火を止める。

【盛り付け】
(11) 皿にさんまをのせ、ブロッコリーを飾って完成。

▲ ページの先頭へ