料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「おうちdeレストラン」

料理名 「魚介類と夏野菜の重ね盛り バルサミコソース」

完成写真
5月14日 放送
(出演:西鉄グランドホテル 総料理長 磯山 俊二さん)

旬の魚介類や野菜を重ね盛りにすることで、一つの皿にいくつもの食材を使ったぜいたくなメニュー。ソースの流し方や、色合い良く重ねていく盛り付け方のコツとあわせて紹介する。

材料

(2人分)
すずき…2切れ(およそ40g)、えび…2匹、あさり…6〜8コ、トマト…1/2コ、なす…4枚、かぼちゃ…2枚、パプリカ…2切れ、葉物(好みのもの)…2枚、白ワイン・水…各大さじ1、オリーブ油・バルサミコ酢・塩・こしょう…各適宜

作り方

(1) 鍋にオリーブ油をひき、塩・こしょうしたすずき、えびを焼く。

(2) 焼き色がついたら、ひっくり返して、殻つきのあさりを入れ、白ワインと水を加える。

(3) ふたをして5〜6分間弱火で蒸す。あさりは殻が開いたら先に取り出しておく。

(4) 鍋からすずきとえびを取り出す。

(5) (4)に残った魚のだしのスープを煮詰めて、バターでとろみをつけ、 レモンを絞ってソースを作る。

(6) トマトは5ミリ幅の輪切り、なすはだ円形、かぼちゃは輪切り、パプリカをスライスしフライパンで焼き、塩を振っておく。

(7) バルサミコ酢を温め、皿にスプーンでジグザグ模様に流す。

(8) トマト、すずき、なすを盛る。

(9) えび、かぼちゃ、パプリカを盛る。あさりは対角線上にバランス良くまわりに盛る。
盛りつけのポイント→より色が鮮やかな食材を上に盛る。

(10) ソースをかけ、葉物を飾る。

▲ ページの先頭へ