料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「おうちdeレストラン」

料理名 「きのこのラビオリ トマトソース」

完成写真
12月12日 放送
(出演:西鉄グランドホテル 総料理長 磯山 俊二さん)

2枚の薄いパスタの間に具を挟み、ソースをかけて食べるラビオリ。生地や具、トマトソースんなど、それぞれの作り方の要点を押さえながら、ソースの中で煮て仕上げるラビオリ作りのポイントを紹介する。

材料

(2人分)
【生地】
強力粉…100g、全卵…1個
【トマトソース】
オリーブオイル…適量、たまねぎ…70g、ベーコン…10g、トマト…3個、にんにく…1/2かけ、白ワイン…80ml、スープの素…7g+水80ml
【具】
鶏レバー…70g、エリンギ しめじ マッシュルーム…各30g、バター、塩、こしょう…各適量
【その他】
塗り卵…卵黄1個分、バジルまたはパセリ…適量、粉チーズ…適量、オリーブオイル…適宜

作り方

(1) 生地をつくる。分量の強力粉と全卵1コをよく混ぜ、練りこんでから1時間ほど寝かせる。寝かせている間に程よいコシが出て、扱いやすくなる。

(2) トマトソースをつくる。鍋にオリーブオイルを入れ、弱火でにんにくを炒める。香りが出たらにんにくを取り出す。その油でたまねぎ、ベーコンを炒める。白ワインを入れる 少し煮つめる。そこに水に溶かしたスープを入れ、湯むきして種を取ったトマトをいれ、つぶしながら煮る。

(3) ラビオリの具をつくる。鶏レバーは油で色がつく程度まで焼き、粗めに切る。切ったベーコン、きのこと合わせてバター(またはオリーブオイル)で炒める。必要に応じて塩・こしょうで味を整える。
※レバーの風味を活かすために表面を焼きかためる

(4) ラビオリを包む。延ばした生地に卵黄を塗り、具を載せ、包む。

(5) 包んだラビオリを2分〜3分ボイルする。

(6) ボイルしたラビオリをトマトソースに入れ、5分ほど煮込む。

(7) 器にラビオリを入れ、粉チーズと、みじん切りにしたパセリかバジルを振る。お好みでオリーブオイルをかける。

▲ ページの先頭へ