料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「おうちdeレストラン」

料理名 「レバニラ炒め」

完成写真
11月7日 放送
(出演:ホテルオークラ福岡 中国料理 料理長 樋場 正人さん)

ポピュラーな中国料理でありながら、家庭で作るのは意外に難しい「レバニラ炒め」。ポイントは、レバーを炒める時間をできるだけ短くすること。そこで今回は、あらかじめ揚げてから炒めるというプロの技を駆使したレバニラ炒めを紹介する。

材料

(2人分)
豚レバー…150g、青にら…80g、たまねぎ…50g、しめじ…50g、にんじん…40g、にんにく…小さじ1(みじん切り)、しょうが…小さじ1(みじん切り)、揚げ油…適量
【下処理】
ねぎ しょうが…各適量
【下 味】
塩 こしょう ごま油 酒 片栗粉…各適量、卵…1コ
【合わせ調味料】
水…180ml、砂糖…大さじ3、しょうゆ…大さじ4、オイスターソース…大さじ2、顆粒スープの素(中国風)…小さじ1+1/2、酒…小さじ1+1/2、こしょう…少々
【仕上げ】
水溶き片栗粉…片栗粉大さじ1+水大さじ1、ごま油…少々

作り方

(1) レバーは薄めにスライスして流水で10分ほど血抜き。その後、ねぎとしょうがの入った水で10分ほどさらす。
※薄めにスライスすることで血抜き時間も短くなり、臭みが抜けやすくなる。

(2) 下味の調味料を入れ、片栗粉を振って170℃程度の油で揚げる。

(3) 野菜は食べやすい大きさに切り、にら以外の野菜を軽く炒める。

(4) 鍋に油を入れ、にんにく、しょうがを炒める。

(5) 合わせ調味料を入れ、一度沸騰させる。
※合わせ調味料にオイスターソースと顆粒スープを加えてコクを出す。

(6) 揚げた野菜とレバーを入れ、調味料とからませる。
※仕上げ時間をできるだけ短く仕上げるのがコツ。

(7) 青にらをいれてサッと炒める。

(8) 水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油で仕上げる。

▲ ページの先頭へ