料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「水ようかんと抹茶のスイーツ」

完成写真
6月17日 放送
(出演:お菓子教室主宰 荒木 真子さん)

梅雨のじめじめした時にはあっさりとしたものを食べたくなる。冷やした濃い目の抹茶に水ようかんを浮かべたスイーツを紹介する。味の相性も良く清涼感のある一品だ。

材料

【水ようかん】(11p×14p×深さ4pの流し型1個分)
こしあん…300g、粉寒天…2g、水…260ml、砂糖…50g、塩…少々
【冷やし抹茶】(デザート皿 2皿分)
抹茶・砂糖…各小さじ1、水…50ml、氷…適宜、白玉だんご…適宜

作り方

(1) 鍋に水と粉寒天を入れ、火にかけ沸騰したら弱火にし、2分間煮る。

(2) ボールにこしあんと砂糖と塩を入れ、煮て溶かした寒天を入れる。

(3) そのあと鍋に戻し、軽く混ぜながら沸かす。沸かす時はあくをとりましょう。

(4) 氷水につけて混ぜながらとろみがつくまで粗熱をとる。
ポイント→熱いまま器に入れるとあんこと砂糖水が上手く混ざりません。
冷やしながら混ぜる事でとろみがつき材料がバランスよく固まります。

(5) 粗熱がとれたら水で軽くぬらした型に入れて冷蔵庫に入れ1時間冷やし固める。

(6) 抹茶と砂糖を冷水で良く溶かす。

(7) グラスに食べやすい大きさに切った水ようかん、氷、白玉だんごを入れ抹茶をかけて完成。

荒木流マジック
水ようかんに濃い抹茶をかける。
水ようかんと抹茶が非常に合い美味しく見た目にも清涼感が出る。

▲ ページの先頭へ