料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「えびと菜の花のいろどり押しずし」

完成写真
3月10日 放送
(出演:料理研究家 森山 いづみさん)

これからお花が見ごろを迎え、お祝い行事など多い春の季節。花見を楽しみながら、ごはんも楽しめる押しずしを紹介する。容器に具材を詰めてお弁当としてそのまま持ち歩ける色鮮やかな一品。

材料

(2人分)
米…カップ2、昆布…(5cm角)1枚、酒…大さじ1
【すし酢】
米酢…大さじ4、砂糖…大さじ3、塩…小さじ1
【干ししいたけの甘煮】
干ししいたけ…4〜5枚、しいたけの戻し汁…適量、砂糖…大さじ1 1/2、しょうゆ…大さじ1
【飾り用の具材】
卵…1コ、
【A】(砂糖…大さじ1、塩…少々、だし…大さじ1)
サラダ油…適量、えび(無頭)…2匹、菜の花…2本、にんじん…適量、白ごま…適量

作り方

(1) すしめしを作る。米は水分を少なめにして、酒、昆布を入れて炊く。
☆ポイント→ご飯を固めに炊く!→すし酢を吸いやすくなる

(2) すし酢の材料をボールに合わせ、よく混ぜ合わせる。

(3) ごはんが炊きあがったら、すし桶や大きめのボールに取り出して、すし酢を加えて少しおいて蒸らす。

(4) ご飯のかたまりをほぐすように、しゃもじを立てて切るように混ぜる。途中でうちわであおいで水蒸気をとばし、ごはんにすし酢を吸わせて味をつける。

(5) 硬く絞ったぬれぶきんをかけ、米粒が乾燥しないようにしておく。

(6) 干ししいたけの甘煮の作る。戻したしいたけはひたひたの戻し汁につけたままフードプロセッサーにかけて、細かくする。煮汁の調味料と合わせて鍋に入れ、弱火で汁気がなくなるまで煮詰める。

(7) 飾り付けの具材を作る。エビは背ワタをとって殻付きのまま熱湯でゆで、殻をむいて縦半分に切る。

(8) 卵は溶きほぐしてAの調味料で味付けし、薄焼き卵に焼き、冷まして細切りにする。

(9) 菜の花は青ゆでして2p長さに切る。

(10) 密閉容器にエビ、菜の花、錦糸卵の順に具を並べ寿司飯を半量入れて軽く押す。
ポイント!→完成を想定して上にくるものから詰める

(11) しいたけの甘煮をすし飯の上にまんべんなく広げ、残りのすし飯を入れてさらに押さえる。

(12) 少しおいてなじませたら、ひっくり返して取り出してゴマを散らし、飾り用のにんじんをのせて食べやすい大きさに切る。

▲ ページの先頭へ