料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「春の彩り茶わん蒸し」

完成写真
2月15日 放送
(出演:リーガロイヤルホテル小倉 日本料理 料理長 黒澤 新二さん)

卵液に旬のはまぐりのだしを加え、たけのこやわかめの具が入った茶わん蒸しを紹介。蒸し上がったら、はまぐりの身を使ったあんをかける。仕上げに木の芽や花びらの形に切ったにんじんを飾り、春を感じられる一品。

材料

(2人分)
はまぐり…4コ、かつおだし…200ml、酒…100ml
【卵液】
卵…1コ(約50ml)、薄口しょうゆ…小さじ1
たけのこ(スライスしたもの)…8枚、わかめ…適宜、ほたるいか…4匹、水溶きかたくり粉…適宜、薄口しょうゆ…少々、木の芽…4枚、にんじん…適宜

作り方

(1) よく洗ったはまぐりをかつおだし、酒の入った鍋に入れて火を通す。
はまぐりの殻が開き、はまぐりの火が通ったらペーパータオルで汁をこして冷ます。

(2) 卵液をつくる。
卵はボウルに入れてしっかり混ぜ、(1)のだしを150ml、薄口しょうゆを加える。
プロ技→卵液に はまぐりかつおだしを使う⇒はまぐりのうまみを足す

(3) 器に下味をつけスライスしたたけのこ、わかめを入れて卵液を注ぐ。

(4) アルミホイルでふたをして蒸し器に入れて強火で10分間蒸す。

(5) 茶わん蒸しの上にかけるあんをつくる。
卵液にも使ったはまぐりかつおだしの残りを鍋に入れ、はまぐりの身、ほたるいかを入れて火にかける。 沸いてきたら、水溶きかたくり粉、薄口しょうゆを入れたら出来上がり。

(6) 蒸し上がった茶わん蒸しの上に(5)をかけ、木の芽、花びら型に切ったにんじんを盛ったら完成。

▲ ページの先頭へ