料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「ガレット・デ・ロア(王様の焼き菓子)」

完成写真
1月20日 放送
(出演:お菓子教室主宰 荒木 真子さん)

フランスの伝統菓子。アーモンドクリームのパイの中に、フェ―ブと呼ばれる陶器人形を入れて焼き、食べるときに当たった人が、その日の王様になれるというもの。みかんソースを添えていただく一品。

材料

(直径18cmのもの1台分)
冷凍パイシート…2枚、卵黄…1/2コ、
【アーモンドクリーム】
バター…40g、粉砂糖…40g、アーモンドパウダー…40g、卵…40g、薄力粉…小さじ1、ラム酒…小さじ1/2

作り方

(1) ボールにバターを入れやわらかくする。

(2) 粉砂糖・アーモンドパウダーを混ぜ、卵を少しずつ加える。薄力粉・ラム酒を加えよく混ぜる。

(3) 冷蔵庫で冷やしておく。
ポイント→アーモンドクリームは冷やしておく
→硬さが出て パイ生地で包みやすくなる

(4) 天板に調理用シートをしき、半解凍した冷凍パイシート1枚を天板にのせ、フォークで穴をあける。13cmの丸型で軽く印をつける。

(5) その内側にアーモンドクリームを絞りだし、陶器人形を埋め込む。

(6) クリームの周り2cmに薄く卵を塗る。もう一枚かぶせ、閉じる。

(7) クリームの入った部分をしっかり押さえる。

(8) いったん冷蔵庫で冷やす。
ポイント→パイ生地は溶けないように こまめに冷やす

(9) 18cm丸型(鍋の蓋でもいい)をあて、ナイフで一気に切る。余った調理用シートも切る。

(10) ふちを押さえながらナイフで斜めに切り込みを入れる。

(11) 卵を塗り、ナイフで表面に模様をつけ、中心に空気穴をあける。

(12) 200℃のオーブンで20分、180℃で25分、合計45分くらい焼く。

▲ ページの先頭へ