料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「ぶりとかぶのおろし汁」

完成写真
1月4日 放送
(出演:リーガロイヤルホテル小倉 日本料理 料理長 黒澤 新二さん)

旬のぶりの切り身とかぶをかつおだしで煮た胃にやさしく体が温まるお吸い物。ポイントはかぶをすりおろして入れること。魚の生臭さが消え、甘みが加わる。お正月料理を食べ過ぎた方などがさっぱりといただける一品を紹介する。

材料

(2人分)
ぶり(切り身)…40g×2切れ、塩…適宜
かつおだし…360ml、かぶ(すりおろす)…小1コ、塩…ひとつまみ、薄口しょうゆ…小さじ1、水溶きかたくり粉…適宜
焼きもち…2コ、柚子(ゆず)の皮、かぶの葉…各 適宜

作り方

(1) ぶりに塩をふり、15分ほどおいて臭みを取る

(2) (1)のぶりをかつおだしで煮る
ぐらぐら沸かすとぶりの身が崩れてしまうので、火加減は弱火〜中火。ぶりに火が通ったら、盛り付け皿に取り出しておく。

(3) (2)の鍋にかぶを加え、おろし汁をつくる

(4) かぶはすりおろして加える
ポイント→かぶはすりおろして加える→魚の生臭さが消え、甘みが加わる
※すりおろしたかぶは耳たぶくらいの硬さまで絞って加える

(5) (4)に塩、薄口しょうゆを加え、水溶きかたくり粉でとろみをつける

(6) 皿に盛り付けたぶりに焼きもちをのせ、(5)のおろし汁をかける。柚子(ゆず)の皮、かぶの葉を添えたら完成。

▲ ページの先頭へ