料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「あんこうの和風スープ」

完成写真
10月26日 放送
(出演:リーガロイヤルホテル小倉 日本料理 料理長黒澤 新二さん)

あんこうの白身を油で揚げ、和風スープをかけて食べる一品。プリッとしたあんこうの身とさっぱりスープで体が温まる。今回ポイントとなるのは香り!揚げ油とスープで香りを出すプロの技とともに紹介する。

材料

(2人分)
あんこう(切り身)…50g×4枚、塩、こしょう、かたくり粉…各 適宜、かつおだし…320ml、薄口しょうゆ…20ml、みりん…20ml、セロリ、細ねぎ…各適宜、すだち…2コ、揚げ油(サラダ油7に対してごま油3の割合)

作り方

(1) あんこうの切り身に塩、こしょうで下味をつける

(2) (1)にかたくり粉をつけ、180℃の揚げ油できつね色になるまで揚げる
プロ技ポイント サラダ油とごま油を混ぜた揚げ油で揚げる
→あんこうに香ばしさが出る!
※揚げ油はサラダ油7に対してごま油3くらいの割合

(3) かつおだし、薄口しょうゆ、みりんを合わせ和風スープを作る
ひと煮立ちしたら、茎はたんざく切り・葉はみじん切りにしたセロリを加える
プロ技ポイント 和風スープにセロリで香りづけ!

(4) セロリに火が通ればスープの完成

(5) 揚げたてのあんこうを皿にのせ、和風スープを注ぎ細ねぎとスライスしたすだちを添える。
飾りのすだちとは別にすだちのしぼり汁をかけたら完成。

※魚はあんこうのほかにタラでも良い
※盛り付けるときにスープは、あんこうの上からかけるのではなく、横から注ぐ

▲ ページの先頭へ