料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「鶏肉と秋の味覚の煮込み」

完成写真
9月28日 放送
(出演:ホテルオークラ福岡 中国料理 料理長 樋場 正人さん)

鶏のもも肉と、秋の味覚・栗を使った煮物。もも肉は下味をつけて、一度揚げてから煮こむ。味がしっかりつくので、煮こみ時間も短縮できておいしく仕上がる。水溶きかたくり粉でとろみをつけた中国風秋の煮物を紹介する。

材料

(2人分)
鶏もも肉…1枚、くり…6コ、生しいたけ…6枚、しめじ…1/2パック、チンゲンサイ…1株、ねぎ…1/2本、にんにく…1かけ、酒・サラダ油…各大さじ1、水溶きかたくり粉…大さじ3、*かたくり粉を同量の水で溶いたもの、ごま油… 少々
【鶏肉の下味】
塩・しょうゆ・酒・かたくり粉…各少々
【合わせ調味料】
水…カップ2、濃い口しょうゆ・砂糖…各大さじ3、顆粒チキンスープの素(中国風)、オイスターソース…各大さじ1、こしょう・ごま油…各少々

作り方

(1) 鶏肉は一口大に切り、鬼皮と渋皮をむいたくりはお湯で約20分間ゆでておく。(皮つきの場合は皮のまま約30分煮て皮をむく)生しいたけ、しめじは食べやすい大きさに切っておく。チンゲンサイはさっとゆでる。合わせ調味料を合わせておく。

(2) 鶏もも肉に下味をつける。塩・しょうゆ・酒をつけ、かたくり粉をまぶす。

(3) 下味をつけた鶏もも肉を180〜200℃の油できつね色になるまで揚げる。くりもさっと素揚げにして余分な水分を取る。
☆ポイント→煮込む前に揚げる!
(くりは水分がとび、味がしみ込みやすくなる。鶏肉はきれいに色づき、食感もよくなる。)

(4) なべに油を入れ、しいたけ、しめじを炒める。みじん切りにしたにんにくを加えてさらに炒め、酒を加える。合わせ調味料を入れ、鶏肉、くりを入れ弱火で2〜3分間煮込む。

(5) 火を止め、水溶きかたくり粉を少しずつ回し入れる。とろみがついたら再び火をつけ、ごま油で香りを付ける。

(6) 皿に盛り、ゆでておいたチンゲンサイを飾る。

▲ ページの先頭へ