料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「マーボー豆腐」

完成写真
9月7日 放送
(出演:ホテルオークラ福岡 中国料理 料理長 樋場 正人さん)

中国料理の定番、「マーボー豆腐」。まだまだ厳しい暑さが続く毎日。こんな時こそ熱くて辛いものを食べて汗をかくことも必要。ピリ辛の合わせ調味料と牛肉を使って,定番の味を上品に仕上げる。

材料

(2人分)
絹ごし豆腐…1丁、牛ひき肉…60g、白ねぎ…1本、サラダ油…大さじ1、酒…小さじ1、豆板醤(トーバンジャン)…小さじ1/2、にんにく…1かけ、水溶きかたくり粉(かたくり粉を同量の水で溶いたもの)…大さじ3〜4、ごま油・ラーユ・粉ざんしょう…各適宜
【合わせ調味料】
湯…カップ1と1/2、濃い口しょうゆ…大さじ4、オイスターソース…大さじ2、砂糖…大さじ1と1/2、顆粒スープの素(中国風)…小さじ1、塩…少々

作り方

(1) 合わせ調味料の材料を混ぜておく。豆腐は2cm角のさいの目切り、にんにく・白ねぎはみじん切りにする。
★プロ技→豆腐は斜めに切る!
(味がよくしみ込み、型崩れしにくい)

(2) フライパンをよく温める。サラダ油を熱し、牛ひき肉と豆板醤を入れてよくいためる。

(3) 酒を加え、さらにいためて合わせ調味料を入れる。

(4) 煮立ったら豆腐を加え、1〜2分コトコト煮込む。

(5) 火を止め、水溶きかたくり粉を少しずつ入れる。
☆ポイント→水溶きかたくり粉は火を止めてから!(ダマをふせぐ)

(6) 水溶きかたくり粉がまんべんなく混ざったら再び火をつけ、ごま油とラーユをフライパンのふちから流し入れ、火を止める。
☆ポイント→辛さ調節はラーユで!
(豆板醤は塩分が強く、多く入れると塩辛くなる。辛さの調節はラーユで。)

(7) 豆腐を崩さないように皿に盛り、白ねぎと粉ざんしょうをのせる。

▲ ページの先頭へ