料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「なすそうめん」

完成写真
9月2日 放送 (出演:管理栄養士 伊勢木 紀三子さん)

旬のなすを使ったそうめんの具材の作り方を紹介する。なすを細切りにして片栗粉をまぶしてゆでることで、のど越しが良くなる。なすは果肉のほとんどが水分で、体を冷やす効果が高く、ほてった体の熱を冷ましてくれる。まだまだ暑い毎日におすすめの一品。

材料

(2人分)
なす…2コ、かたくり粉…大さじ2、豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)…100g、そうめん…3ワ(150g)、めんつゆ…適宜、薬味(ねぎ・すりごま・しょうが)…適宜

作り方

(1) ピーラーでなすの皮をむく。
※なすは切ると切り口がすぐに茶色に変色するので直前に切ること。

(2) 皮をむいたら、半分の長さに切り、細切りにする。

(3) 細切りにしたものに、かたくり粉をまぶす。
ポイント→かたくり粉をまぶしゆでることで、つるっとした食感が楽しめる。

(4) 沸かしたお湯に豚肉を入れて、はしでほぐす。再沸騰したらなすを加える。

(5) なすがしんなりするまで、1〜2分間ゆでる。

(6) ざるにあげて氷水で一気に冷やす。
※冷やすとなすの緑色が鮮やかに出る。

(7) ゆでたそうめんと一緒に盛り付ける。

(8) お好みで薬味を添えて、めんつゆと一緒にいただく。

【なすの皮をつかったきんぴら】
なすの皮を適当な大きさに切り、ごま油でいため、しょうゆ・みりん・かつお節で味付けする。

なすの栄養ポイント
※果肉のほとんどが水分(95%)→身体を冷やす効果が高い。
※カリウム→むくみ改善
※皮の紫はポリフェノール→コレステロール値改善、眼精疲労の回復

▲ ページの先頭へ