料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「牛ロースステーキ 和風仕立て」

完成写真
4月27日 放送
 (出演:西鉄グランドホテル 総料理長 磯山 俊二さん)

今回はソースがなくてもにんにくやしょうがなどを使って味付けをする簡単ステーキが登場。弱火でじっくり焼き、焦げずにうまみを逃がさない方法をプロの技で紹介する。母の日を前に、ぜひお父さんに挑戦してもらいたい一品だ。

材料

(2人分)
牛ロース肉(150gのもの)…2枚、濃い口しょうゆ…40ml、酒…40ml、みりん…20ml、にんにく・しょうが…各少々、小麦粉…適宜、じゃがいも…1/2個、野菜…適宜、塩・こしょう…各少々

作り方

(1) 牛ロース肉に、塩・こしょうをして下味をつける。
(同時に肉のうまみを閉じ込める。)

(2) 鍋に、濃い口しょうゆ、酒、みりんを入れ、アルコール分を飛ばす。
(アルコールを飛ばす時に炎が出るので注意すること。)

(3) おろしたにんにく、しょうがを加えて、約5分間煮立てる。煮立ったら、薄いバットに入れ、冷ましておく。

(4) 下味をつけた肉を(3)に約20分間漬け込む。
(肉の厚さにより、様子を見ながら時間を調節する)

(5) 水けを少しきり、肉の表面に小麦粉をつける。
プロ技!→肉の表面に小麦粉をつけて、肉のうまみを閉じ込める。

(6) 肉の表面を弱火で焼く。
ポイント→小麦粉がついていると焦げやすい。弱火でじっくり焼き、うまみを閉じ込める。

(7) 肉の両面が色づいたら、皿に盛り付け、軽くボイルしたじゃがいもを添え、季節の野菜を彩りよく添える。

※肉に下味のたれをつけることで、ソースがなくても美味しくいただけます。また、小麦粉を付け、弱火で焼くことで焦げずに、肉のうまみを逃がさずに焼ける。

▲ ページの先頭へ