料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「野菜スープのパイ包み焼き」

完成写真
11月10日 放送 (出演:西鉄グランドホテル 総料理長 磯山 俊二さん)

旬のさつまいも・キャベツ・にんじんなどの野菜スープの上にパイをかけて焼く。焼きあがったパイを崩して、中のスープと一緒にしていただく料理だ。野菜が煮崩れしない方法や、パイをふんわり焼きあげるプロの技を紹介する。

材料

(2人分)
たまねぎ…50g、さつまいも…40g、キャベツ…40g、にんじん…30g、ベーコン…20g、チキンスープの素…10g、水…500ml、パイ生地…2枚、バター…15g、卵…1個、塩・こしょう…適宜

作り方

(1) たまねぎ、キャベツ、にんじん、ベーコンを角切りにしておく。さつまいもはボイルしておく。

(2) 鍋にバターを溶かし、たまねぎとベーコンを入れていためる。たまねぎの表面に少しつやが出てきたら、キャベツ、にんじんを加え、更にいためて、塩・こしょうで味を調える。
ポイント→野菜は繊維の強いものからいためると、煮崩れしにくくなる。

(3) (2)に、湯で溶かしたチキンスープの素を加え、途中あくを取りながら、小さい泡の出る状態で、約30分間弱火にかける。

(4) 出来上がりにさつまいもを加え、味を調え一度冷ます。

(5) ココットに冷ましたスープを入れ、パイ生地の淵に卵を塗る。器に合わせてかぶせる。
ポイント→冷ましたスープを入れることで、蒸気が上がらず、生地に水分があたらず、焼きあがりがきれいに仕上がる。

(6) パイ生地をかぶせた器を、もう一度冷蔵庫で20〜30分間冷ます。
ポイント→生地を寝かせることで、焼きあがりがふんわり、サクッと仕上がる。

(7) つやを出すために、パイの表面に残りの卵を塗り、180℃のオーブンで約20分間焼く。

(8) パイを崩し、中のスープとともにいただく。

▲ ページの先頭へ