料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「夏さっぱり煮こごりそうめん」

完成写真
8月25日 放送
(出演:リーガロイヤルホテル小倉 日本料理 料理長 黒澤 新二さん)

冷たいそうめんに、ゼラチンでとろみを出した冷たいだし、エビやタコなどの海の幸を豪華にあしらった、涼しげな「煮こごりそうめん」を作る。そうめんをきれいにゆでるコツなどを紹介する。

材料

(2人分)
そうめん…40g、えび(ゆでたもの)…2尾、たこ(ゆでたもの)…適宜、うに…適宜、ジュンサイ…適宜、しょうが…適宜、ゆず…適宜
【調味料】(合わせだし)
かつおだし…375ml、薄口しょうゆ…75ml、みりん…90ml、ゼラチン…10g、水…適宜

作り方

(1) ゼラチン10gを水に漬けておく。

(2) かつおだし、薄口しょうゆ、みりん(合わせだし)を火にかける。
合わせだしを作るのが面倒という人は、市販のそうめんだし(540g)でもよい!!

(3) 沸いたら火を止めて、ふやかしたゼラチンの水気をとって、沸騰した合わせだしに入れ溶かす。
だしにゼラチンを入れゼリー状にすることで、見た目が涼やかで、味がからみやすくなります。

(4) ボールに移し、氷などで荒熱を取り、冷蔵庫で冷ませば、煮こごりだしの出来上がり。

(5) そうめんを20g測り、端を輪ゴムでくくり、ゆでる。
そうめんを輪ゴムでくくることで、きれいにまとまっためんをゆでることできる。見た目の一工夫。

(6) (そうめんに表示されたゆで加減で)そうめんをゆで、ゆであがったら氷水で洗う。

(7) 包丁でくくってある部分(そうめんごと)を切り落とし、そうめんをクルっと、器に盛り付け、えびやたこ、うに、ジュンサイなどお好みでトッピングする。
トッピングは普段そうめんを食べるときの具でよい!前日に残った焼き魚を乗せてもおいしい。

(8) 上から煮こごりだしをかけ、おろししょうがとゆず(皮)で香りづけをして出来上がり。

▲ ページの先頭へ