料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「柏の葉で包んだ旬野菜の御飯」

完成写真
4月28日 放送
(出演:リーガロイヤルホテル小倉 日本料理 料理長 黒澤 新二さん)

端午の節句にお祝い料理を!今回は、柏の葉で包んだ旬野菜の御飯を紹介。端午の節句は、男の子の厄除けと健康祈願をするお祝い行事。柏の葉は、子孫繁栄の意味を持つ。冷めても美味しくお弁当などにも使える。薄れゆく日本の風物詩、行事を取り入れた料理を伝える。

材料

(2人分)
米…2合、もち米…1合、うすい豆…100g、昆布…5cm角、塩…適宜、水…540ml、酒…15ml、みりん…10ml、塩…小さじ1、かしわの葉…適宜

作り方

(1) うすい豆を塩でもみ、10分間置いておく。

(2) 水、酒、みりん、塩を混ぜ合わせたものを、火にかけ、塩が溶けるまで温める。

(3) 研いだ米ともち米、下味を付けたうすい豆、昆布を炊飯器に入れる。

(4) (2)の調味料を炊飯器の3合のメモリまで入れて炊く。

(5) 炊きあがった御飯を、かしわの葉で包む。

※うすい豆だけでなくそら豆、つくし、ぜんまい、とうもろこし、枝豆など、お好きな具で!
※葉は、熊笹、ほう葉などでも!
※完成後、蒸すとさらにかしわの葉の風味が増してよい。
※冷めてもおいしく、弁当にも使える。
※厄除けと健康祈願と端午の節句にちなんだ料理。

▲ ページの先頭へ