料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「山菜とあさりの春色パスタ」

完成写真
3月16日 放送 (出演:管理栄養士 渡辺 純子さん)

ふき・つくし・せりなどの山菜と旬を迎えるあさりをからめたパスタ料理を紹介。余分な調味料を使わず山菜・あさりの素材を生かした調理のポイントを、管理栄養士の渡辺純子さんに教えてもらう。

材料

(2人分)
ふき・つくし・せりなどの山菜…適宜、好みのパスタ…120g、塩…小さじ1、あさり…1/2パック、酒…大さじ1、オリーブ油…大さじ2、塩・こしょう・レモン汁…各少々、パルメザンチーズ…大さじ1

作り方

(1) せりは葉をみじん切り、茎は2〜3cmに切る。つくしは、はかまを取る。ふきは皮をむいて、食べやすい大きさに切っておく。
あさりは殻をこすり合わせてよく洗い、砂抜きをしておく。

(2) パスタは塩を加えた湯で表示通りにゆでる。

(3) パスタをゆでた汁で、つくし・ふきの順にゆでる。
エコポイント→ゆで汁を使うことにより、余分な水やエネルギーがいらない。また塩が加わっているので、下味もつく。

(4) フライパンにオリーブ油の半分(大さじ1)の量を熱し、(1)のせり、ゆでたパスタの順にいためて、皿に盛る。

(5) 残りのオリーブ油(大さじ1)を熱し、あさりと酒を入れてふたをする。

(6) あさりの殻が開いたら、食べやすく切ったつくし・ふきを加え、塩・こしょうで味を調える。
エコポイント→山菜の風味を生かすため、余分な調味料を使わなくて良い。

(7) パスタを盛った器に、(6)を上から盛り付け、好みでパルメザンチーズ、レモン汁をふる。

山菜のヘルシーポイント
→春の味覚の代表、山菜類は独特の香りと苦味が身上。これらの成分が、冬の寒さで弱りがちだった体の働きを助け、消化吸収をよくして健康増進に役立つといわれています。栄養面では、食物繊維、ビタミン、鉄分が多く含まれています。

▲ ページの先頭へ