料理レシピ

番組名 ぐるっと8県九州沖縄「食のチカラ」

料理名 「ソフトキャラメル」

完成写真
3月9日 放送 (出演:お菓子教室主宰 荒木 真子さん)

人気が続くソフトキャラメルを紹介。常温だと溶けてしまうほど柔らかい。お菓子教室主宰の荒木真子さんにスタジオで、ポイントを踏まえて教えてもらう。

材料

【ソフトキャラメル】(1.5cm角 48個分)
(カラメル用)グラニュー糖…大さじ1、水…小さじ1
グラニュー糖…80g、生クリーム…130ml、牛乳…90ml、バター・水あめ・はちみつ…各15g、バニラビーンズ…1/6本

【チョコレート・ソフトキャラメル】(1.5cm角 48個分)
(カラメル用)グラニュー糖…大さじ1、水…小さじ1
グラニュー糖…80g、生クリーム…130ml、ビターチョコレート…40g、牛乳…90ml、バター・水あめ・はちみつ…各15g、バニラビーンズ…1/6本

作り方

【ソフトキャラメル】
(1) 牛乳パックを横に3センチ角・カードル状(四角い枠状)に切り、内側に調理用ペーパーをセットする。これを合計3セット用意する。

(2) 鍋にグラニュー糖と水を入れ、カラメル色になるまでゆする。
→ゴムヘラで混ぜないこと。混ぜると結晶化することがある。

(3) 常温にした生クリームを加え、他の材料を加えて、沸騰させる。

(4) わっと沸きあがってぶくぶくする間、強火にする。
→焦げないように耐熱べらで絶えず混ぜる。

(5) 105℃を超えたら火を弱めて慎重に。112〜3℃になったら、火からおろす。
※200℃温度計がない場合は、氷水を用意し、ぽとっと数滴おとしてみて固まり具合をみる。さわって柔らかく固まる状態が良い。

(6) (1)に3等分になるようにさっと流す。素早く 箸でビーンズを取り出す。箸で、流したキャラメルをくるくる混ぜる。
→全体の柔らかさが均一になるように。

(7)粗熱がとれたら冷凍庫に約10分間入れる。

(8)調理用ペーパーからはがし、サラダ油を塗ったナイフで好みの大きさに切る。
※縦横に4等分すれば、牛乳パック1枠分で16個、3枠で48個とれる。

(9) 調理用ペーパーにキャンディのように包む。

【チョコレート・ソフトキャラメル】
(1) 板チョコは手で割っておく。

(2) 牛乳パックを横に3センチ角・カードル状(四角い枠状)に切り、内側に調理用ペーパーをセットする。これを合計3セット用意する。

(3) 鍋にグラニュー糖と水を入れ、カラメル色になるまでゆする。
→ゴムヘラで混ぜないこと。混ぜると結晶化することがある。

(4) 常温にした生クリームを加え、他の材料を加えて、沸騰させる。

(5) わっと沸きあがってぶくぶくする間、強火にする。
ポイント→焦げないように耐熱べらで絶えず混ぜる。

(6) 105℃を超えたら火を弱めて慎重に。110〜2℃になったら、火からおろす。
※200℃温度計がない場合は、氷水を用意し、ぽとっと数滴おとしてみて固まり具合をみる。さわって柔らかく固まる状態が良い。

(7) (1)に3等分になるようにさっと流す。素早く箸でビーンズを取り出す。箸で、流したキャラメルをくるくる混ぜる。
→全体の柔らかさが均一になるように。

(8) 粗熱がとれたら冷凍庫に約10分間入れる。

(9) 調理用ペーパーからはがし、サラダ油を塗ったナイフで好みの大きさに切る。
※縦横に4等分すれば、牛乳パック1枠分で16個、3枠で48個とれる。

(10) 調理用ペーパーにキャンディのように包む。

▲ ページの先頭へ