2018年04月10日 (火)アビスパ 連勝目指すも引き分け


サッカーJ2のアビスパ福岡は、今月8日に横浜FCとアウェーで対戦しました。1点をリードされたものの、森本選手のゴールで同点に追いつきます。その後、石津選手の7試合ぶりのゴールが決まり、今シーズン初めて逆転します。しかし、終了間際に同点ゴールを許してしまい、結局2対2で引き分けました。アビスパは勝ち点1を積み上げましたが、9位のままです。
sueishi_02.pngのサムネイル画像
土壇場で追いつかれるという悔しい展開でしたが、攻撃面だけ見てみると、4試合連続でゴールをあげています。今シーズンは守備の人数を減らして攻撃に人数をかけるなど去年からの課題の得点力不足解消にむけて試行錯誤を続けています。その結果、チャンスを作る場面も増えてきていて、井原監督は「今シーズンの新たな取り組みもありますし、常に課題を意識しながら、いろんなバリエーションや選択肢を増やしてゴールに向かおうと続けていることがゲームの中で出てきているので、継続してやっていきたい」と攻撃については手応えを感じていました。

s_180410_01.jpg
▲順位表(8節終了)
ここまで連勝がなく勢いに乗れずに、9位に沈んでいますが、まだまだここからです!
 
s_180410_02.jpg
▲次の試合は好調のレノファ山口

投稿者:ロクいちスタッフ | 投稿時間:15時17分


ページの一番上へ▲